離縁は致しかねます【16話】最新話のネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では離縁は致しかねます!16話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
15話 16話 17話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

離縁した方がいいです!

巽の姿を見つけ、驚いたものの彼を家の中へあげた所から16話がスタートします。

 

巽と千春の間で気まずい雰囲気が流れる中、振られたのにすぐに会いにきた事を謝る彼。

 

気まずいよね?と聞かれ、否定しつつも困惑した様子が千春から伝わってきます。

 

お茶を出した梅は、2人の様子を心配しながら家にあげて良かったのかしら?と考えます。

にゃあ
梅が部屋の外で、心配そうに見守る姿がなんか面白かったです!

話しておかなくちゃいけない事があるから、会いにきたと巽が伝えました。

本当は瀬田さんにも同席してもらいたかったが・・・と言いながら、彼女に彼と離縁した方がいいと言います。

わん
離縁と言われた後の彼女の表情が!!
何言われたのー!ってなりました。
これはいい話じゃないよね・・・って感じました。

そう言われた千春は、その後知らなかった事実を明かされるのです。

夫の帰りを待つ千春!

寛志は家に帰ると、梅だけの出迎えにあれ?となります。

 

彼女は休んでいるのか?と梅に聞くと、起きて待っている事実だけ伝えられました。

 

不思議に感じながらも、彼女のいる部屋へと向かい、どうした?と聞くと彼女の隣に座ります。

 

出迎えの言葉もなく、本当にお仕事だったのですか?とだけ聞く千春。

またかよ、と感じながら、仕事だってと答える彼に・・・人を騙すことが?と聞き返します。

にゃあ
一つ一つ確認しながら聞く千春に、信じたくない受け入れたくないのだろうと感じました!

明らかに驚いた表情をしながら、「・・・あ?」と言うと、巽さんから聞いたと伝えます。

わん
千春の言葉に明らかに驚いた表情をした時は、
もうこれはダメだ・・・って感じました。
彼の表情が言葉よりも先に肯定していましたね。

あなたにとっては仕事だったのですか?父を騙したことも・・・と泣きそうな表情で言う千春は、巽に言われことを思い出すのでした。

巽から聞かされた事実とは

突然家を訪ねてきた巽に、離縁するよう言われて自分は夫と離縁するつもりはない・・・とはっきりと言う千春でした。

 

しかし、その後に驚きの知らなかった事実を聞かされます。

 

巽は彼女が彼に騙されている、と伝えるのでした!

きちんとした証拠はないが・・・以前、官僚をしていた本間って男が詐欺まがいの事をしているってと話し始めます。

 

「本間」という言葉に、父が造船の話を勧めてきた人だ・・・と思い出します。

巽はさらに話を続けて、最後にその一通りに彼女の夫・瀬田寛志も関わっているらしい、と言いました。

 

すると、千春は父にはこの話は?と聞くと、これから伝えに行こうとおもっている、と話す彼に「やめて下さい」と伝えます。

彼女の言葉に驚いた様子の巽に、まだそうだと決まったわけじゃない・・・本人から聞くまで信じたくありません、と彼に話します。

わん
父が彼に騙された?そんなはずない・・・
と言う気持ちが伝わってきます。
にゃあ
彼を信じたい!と巽にこれ以上誰にも言わないように言う千春はカッコいいですね!

夫から告げられた事実

千春は巽から聞いた話を夫に伝え、否定してくれる事を心の中で願いながら返事を待ちます。

 

しかし彼女の期待は裏切られ、彼は「そうだよ」と答えました。

にゃあ
最後の最後まで、彼の言葉を信じようと・・・
違うと言って欲しいと願う千春の姿があまりにも辛そうでしたね。

一体いつから?自分に会ってからですか?と聞く彼女に、その前から・・・君に会った時にはもう本間が吉川の土地に目を付けていた事実を話します。

 

君の家には負債は出てない・・・と彼が話していると、私の家族を騙したことに変わりはない!と言いながら涙を溢して、感謝していたのに、本当の夫婦に、なんてどうして言えたのか、と口にします。

 

溢れる涙が止まらないまま出て行こうとする千春に、出て行くなら次はもう探さない、迎えにも行かない、と言う寛志。

これに、そうして下さい・・・もうここに戻ることはありませんから、と千春が答えました。

わん
寛志の言葉に、なんでーーー!となりました。
なんで、引き留めないの?本当にいいの?と感じずにはいられません。

スポンサーリンク



『離縁は致しかねます!』16話の感想・考察

巽がなんできた?と思っていましたが、まさかの事実を聞かされて・・・千春が懸命に答える姿に胸が痛くなりました。

 

信じたくない事実ではあるが、父から聞かされていた話と一致する事が多くて不安でしかない様子でしたね。

それでも最後まで夫を信じた千春に待ち受けていた事実が・・・辛すぎる。

 

彼への想いや一緒に居られることを幸せと感じていただけに、真面目で素直な彼女が受け入れるには時間がありませんでしたね。

そして寛志も、なんでもっと正直に自分の気持ちを伝えないの!となりました。

 

正直じゃないだけでなく、最後の冷たい一言は・・・なんで?と感じずにはいられません。

止めなくていいの?って聞きたいです!

 

今後、千春はどこへ行くのでしょう?

 

きっと彼女の事だから、実家にはいけないと思います。

すると前回と同じお座敷に一旦避難する可能性が高いのでは?と考えます。

 

色々なことが絡み出して、今後の展開がどうなるのかと気になります!

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
15話 16話 17話

スポンサーリンク