リターン~ある外科医の逆襲~【66話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『リターン~ある外科医の逆襲~』66話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
65話 66話 67話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『リターン~ある外科医の逆襲~』66話のネタバレ

スポンサーリンク



あの後

「お気をつけて」

徹は提携しているアメリカの教授に交換教授としていくことになった暁教授を見送りに空港にやってきていました。

名目上は交換と歌ってはいるが、本当は手術後の療養のようなものです。

それを自覚しているのか1年くらいアメリカで休んでくると快活に笑うとゲートの向こうに消えて行きました。

そうして徹は再び、大日病院の外科医になりました。

よくよく考えれば高校時代の友人はみんな大日病院の外科医になっています。例外的に1人警官がいますが。

そしてそのうちの一人から告白をされて、徹が好きなんだろと聞かれた途端に噴火するほど赤くなった美穂は内科医となりました。

一見順風満帆に見える友人たちとの大日病院の日々の仲、徹は一つ気がかりがあります。

「徹、これから頑張ろうな」

なにか隠しているように笑う二階堂のことです。

わん

二階堂って学生時代から徹のことを目の敵にしていましたよね。一体何を企んでいるのでしょうか?

外科医の生活

「地獄の百日当直」

死ぬほど忙しい日々に疲労困憊になりながらも徹は外科医としての充実した日々に走り回っていました。

時には形成外科医になっていればと考えてしまいますが、今更後悔しては遅いとまた仕事に戻る日々。

そんな生活を送っていると瞬く間にひと月が過ぎ、チーム交代の時期がやってきました。

「今回担当になる本居教授か」

医局に集まる医師たちの中に今回担当となる教授を見つけた徹はこっそり溜息を吐きました。

前世であまりいい印象のない巨樹ですが、誰が担当になろうとちゃんと仕事さえすればいいやと考えている徹にある男が声を掛けました。

「今月お前と一緒に働く、チーフの村上だ」

気難しそうにむすっとする村上は挨拶を簡単に済ませると絶対にスタンドプレーをしないことを徹に約束させます。

徹としてもその約束はありがたい限りです。

全部村上に丸投げにしてしまえば、徹が目立つこともないでしょう。

にゃあ
ついに徹の外科医生活が始まりました!忙しそうですが、充実してるみたいなので外科医でよかったですね!

本居教授

常に行動を共にする村上は不思議な男でした。

徹底した原則主義で、当たり前の消毒方法や食事の仕方までを指導してくる過保護なタイプ。

仕事を押し付けてくるチーフよりもはるかにましですが、なんだか別の意味で疲れながらも徹は村上と共に患者の処置を担当しました。

「どうしてこの薬を使ったんだ?」

その中で村上が気になったのは交通事故で運ばれてきた男性。

肺炎の症状が出ている男性に徹は急性肺損傷の可能性が高いと考えて、カルテの薬を投与しました。

ですが、村上は静かに肺炎の抗生剤から処方すべき一般的な処置を施せと怒ります。

「現場と本は違うんだ!わかったか?」

怒られながらも徹は男性の症状が肺炎の症状とは違ったんだけどなとこっそり考えていました。

思い過ごしならよいのですが、

そう話をしていると回診にやってきた本居教授がやってきました。

「福井さんの容態はどうだね?」

いきなりの質問に徹が戸惑っているとすぐに村上がフォローに入りますが、本居教授はそれを許しません。

「白血球の数値は?」

「13,400です」

「貧血は?」

「9.8です」

次々に投げかけられる質問に徹はカルテを見ながら正確にそれも素早く答えます。

なんとJPドレーン、手術後に体内に溜まっている分泌物を取り除くための廃液管からの排出量まで答えるのです。

”少しでもアラが見つかればな”

淡々と答える徹に本居教授は理事長から言われたことを思い出しながら徹を睨みつけます。

「上手くやってくれると信じているよ」

徹を追い出せば外科科長の椅子がすぐそこまで近付いてきます。

なんとしても追い出してやろう。そう心に決めた本居教授は歯を食いしばり、覚悟を決めました。

わん

順調にスタートしたように見える徹ですが、今度の敵は理事長のようですね。不安が募ります。

スポンサーリンク



『リターン~ある外科医の逆襲~』66話の感想・考察

徹がついに外科医としての第一歩を踏み出した66話となりました!

元々外科医として活躍していた徹ですからそんなに心配事はないはずですよね。

ですが、本居教授の後ろで徹を追い出せと命じた理事長の姿が頭から離れません。

そして、なにか意味ありげに笑う五十嵐の姿もまるで背筋に嫌な汗が伝うほど恐ろしい笑顔でした。

前回の人生と同じくまた外科医の道を歩き始めた徹。一体どんな困難が待ち受けているのでしょうか?

あと、気になるのは徹と美穂の恋路ですよね!

噴火するほど赤くなった美穂は徹とうまくいくのでしょうか?

新たな一章がスタートした66話でした!67話からも目が離せません!

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
65話 66話 67話

スポンサーリンク