リターン~ある外科医の逆襲~【57話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『リターン~ある外科医の逆襲~』57話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

 前話 次話 ⇨
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『リターン~ある外科医の逆襲~』57話のネタバレ

スポンサーリンク



懐かしい居酒屋

明日香お気にいりの居酒屋へと連れてこられた五十嵐は、楽しそうな明日香の姿を見て、

自分がもっと気にかけていれば前世でも離婚にならなかったのかもしれない、と考えを巡らせます。

わん

言い出したらキリがないですが、自分の至らなさを自覚している五十嵐は

こういう場面で思い出しては辛くなってしまうのでしょうね…。

こちらの明日香が明るく元気なだけに、落差が大きそうです。

生中2つとお好み焼きを頼んだ五十嵐に、「私お好み焼きも大好物なんです!」と明日香は目を輝かせました。

美穂の涙

一方、五十嵐との約束がなくなった美穂は、同期の飲み会に合流していました。

暗い顔でいきなり強いお酒を開ける美穂。

約束を破った五十嵐のせいでヤケ酒です。

「あれ?徹じゃね?」

同僚のその言葉に、美穂は思わず口に含んでいたお酒を吹き出しました。

にゃあ

泣きっ面に蜂とはまさにこのことです…。

好いている相手といえど、今この場で一番見たくない顔ではないでしょうか…?

見ると、確かにそれは五十嵐で、しかも隣には女性の姿も。

声をかけにいこうとする同僚を、美穂は「邪魔しちゃダメよ!」とすごい剣幕で押しとどめます。

「あの人…外科病棟の看護師よ!仕事してるうちに仲良くなったんじゃない?」

美穂はその言葉を聞いて顔を青くします。

楽しそうな五十嵐の顔、明日香の顔、自分との約束を破ったこと。

美穂は無言で席を立つとお手洗いに行き、鏡の前で気を取り直そうと必死で努力します。

しかし、お手洗いを出てすぐに鉢合わせたのは、他でもない五十嵐でした。

不意のことに、美穂はまた涙を溢れさせます。

慰めようとする五十嵐の手を振り切って、美穂はその場を立ち去りました。

わん

五十嵐のことを、少しも責めようとしない美穂の姿が健気です…。

ちょっとくらい文句を言ったほうが、美穂のためになるような気すらします。

その翌日、いつもと変わらない表情で挨拶をする美穂に、五十嵐は驚きます。

「昨日はごめんね」

先手を打って謝る美穂は、最近のストレスからつい飲みすぎてしまったと笑いながら話します。

五十嵐は約束を忘れてしまったことを再度謝り、美穂はそれに対しても笑顔で「大丈夫!」と答えました。

五十嵐を潰せ

何かを殴りつける音が廊下まで響きます。

殴られているのは春馬、殴りつけているのは父親です。

「この出来損ないが!」

理事長である自分の顔に泥を塗ったこと、お前のせいで恥をかいたこと。

それもこれも、五十嵐と、その五十嵐に負けている春馬のせいだと父親は顔を真っ赤にして怒り狂います。

「まだ五十嵐の正体は掴めんのか!?」

続く秘書も、望む結果を用意できない不手際を責めたてられます。

「申し訳ありません…今少し…お時間を…」

冷や汗をかき、唇をかみしめる秘書に対し

「黙れッ!ゴチャゴチャ言うヒマがあったらさっさと調べてこい!」と怒鳴り散らす理事長。

「お前もいつまでそこにいるつもりだ?」

父親をまっすぐに見つめる春馬は何も言いません。

にゃあ

このおじいさんには困ったものですね。

普段描かれている医者たちが良い人ばかりなのに、どうしてこの人は…。

高飛車だった秘書が、途端に可哀想で同情してしまいます。

「五十嵐徹…何がなんでも奴を引きずりおろせ!」

スポンサーリンク



『リターン~ある外科医の逆襲~』57話の感想・考察

まさかの美穂との鉢合わせに、美穂が可哀想でたまらない回でした。

美穂の優しさに甘えず、五十嵐にはもう少しすっかりしてほしいものです。

医師として働いているときには、あんなに頼りがいがあるのに…。

そして怒り狂う理事長が、またしても春馬と秘書をけしかける不穏な終わり方をした最後です。

春馬だって懸命に努力しているだろうに、酷い父親ですよね。

次回、二階堂春馬はどんな行動に出るのでしょうか?

あまり辛い方向に行かないといいなぁ。頑張っている人には、幸せになってほしいものです。

 前話 次話 ⇨

スポンサーリンク