リターン~ある外科医の逆襲~【23話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『リターン~ある外科医の逆襲~』23話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

\他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
22話 23話 24話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『リターン~ある外科医の逆襲~』23話のネタバレ

スポンサーリンク



恐ろしい手際

五十嵐は、何も言わずに解剖を進めていきます。

その冷静な手さばきを見た美穂と剛士は驚きました。

「これが棘上筋だな。んでこっちが棘下筋だ」

五十嵐は該当する筋肉を指し示すと、美穂に教えました。

その様子にハッとなった剛士は「そのくらいでいい気になるなよ!」と憤慨し、自分にもできると強がります。

「だったらやってみるか?」

五十嵐は剛士が交代してくれるなら楽ができると喜びました。

どうしてもメスを持つとそわそわする、そんなことを考えながら剛士に場所を譲った五十嵐は後ろに回ります。

そして剛士の行っている解剖をみてギョッとしました。

「何してんだ!?」

「見たら分かるだろ?解剖してんだよ」

五十嵐は剛士の切り開いた箇所をみて顔を青くします。

神経束と血管を切って平然としている剛士にドン引きしたのです。

「でたらめに切ってどうすんだよ!」

五十嵐が叱ると、剛士も反発して声を上げます。

わん

好き勝手切り刻んで平然としている剛士は恐ろしいです…。

せめて失敗してしまったことを反省してほしいですよね。

その時、教授が様子を見にやってきました。

「今、自分が解剖中です」

格好付けた剛士は粋がりますが、その手元を見た教授は顔を真っ赤にして叱りました。

「なんてことしてくれたんだ!」

剛士は驚いて身を竦めます。

本当に初めてか?

「試験にも使うんだぞ!」

大事な検体をむやみに傷付けた剛士に、教授の怒りは収まりません。

五十嵐はそこに割って入ると、「自分がなんとかしますので」と代わることを申し出ました。

五十嵐の手さばきをみた教授は態度を一転させます。

「解剖したことがあるのか?」

「いいえ」

教授は興味津々で五十嵐の解剖を覗き込みます。

「それにしては慣れているようだが…」

にゃあ
いきなりの解剖でサクサクとこなしていく五十嵐も、ある意味恐ろしいですね。
丁寧な手つきだろうとは思うのですが、ちょっと怖いです(笑)

他の学生も五十嵐の評判に気付くと、見学しにきました。

「おい徹!終わったらこっちも手伝ってくれ!」

「俺んとこもだ!」

五十嵐は、他のグループに呼ばれて助っ人に出ます。

それが面白くないのは剛士。

拳を握ると、試験では絶対に負けないと怒りに震えました。

1位は誰だ?

実習が終わると、次に待ち受けているのは試験です。

学生たちはその忙しさにげっそりと落ち込むと愚痴をこぼしました。

そんな愚痴を鼻で笑っていたのは剛士でした。

先輩に家庭教師を頼んで対策していた剛士は、今回の試験には自信がありました。

「1位は俺がいただくぜ」

剛士は五十嵐の方を見てニヤつくと「せいぜい頑張るんだな貧乏人」と蔑みました。

「徹、試験終わったら何するの?」

美穂が五十嵐に声をかけます。

「勉強だな」と素っ気ない五十嵐の態度に、美穂は「1日くらい休まないの?」と提案して「終わったら遊ぼうよ」と誘いました。

五十嵐はその誘いを受けると、「どこに行くかはお前に任せるわ。二階堂には俺が伝えとくから」と言いました。

「お兄ちゃんは今回抜き」

美穂はそう言うと「徹と二人っきりでゆったり時間を過ごしたい」とおどけました。

一部始終を目撃していた剛士は、羨ましさと怒りに打ち震えます。

わん

剛士の望むものすべてを手に入れているように見える五十嵐は、確かに目の上のたんこぶ的な存在かもしれませんね。

とはいえ、逆恨みでしかないようにも思いますが。

そして試験が終わり、結果が知らされました。

剛士の成績は2位。

剛士はその成績に多少不満を覚えながらも、きっと1位は二階堂だと当たりをつけます。

タバコ休憩中の二階堂に声をかけに行った剛士は「次は負けないぜ」と宣言しました。

二階堂は剛士に呆れながらも「1位は俺じゃないぞ」と告げます。

点数を聞いてみれば剛士と同じ78点でした。

「お願いです。そこをなんとか…」

剛士は事務員に食い下がりなんとか全体成績を見せてもらえるように頼みました。

「ご存じかと思いますが、父はここの教授なんですよねぇ…」

剛士の卑怯な手によって、事務員は内緒で成績を見せました。

それを見た剛士は、驚き眉間に皺を寄せました。

スポンサーリンク



『リターン~ある外科医の逆襲~』23話の感想・考察

解剖実習を終え、試験へと進んでいった今回でした!

剛士、やっかいですね。

体裁ばかりを気にして、実力が伴っていないところが実に滑稽です。

五十嵐から何かしなくても、勝手に挑んで勝手に負けているさまは面白くもあるのですが、こういうキャラクターは絶対になにか余計なことをしでかしますよね…。

今回で引っ張ってはいるものの、1位はほぼ間違いなく我らが主人公でしょうし、剛士はなにか厄介なことを企みそうです。

次回がちょっぴり不安ですね。

\他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
22話 23話 24話

スポンサーリンク