リターン~ある外科医の逆襲~【21話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『リターン~ある外科医の逆襲~』21話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

\他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
20 21話 22話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『リターン~ある外科医の逆襲~』21話のネタバレ

スポンサーリンク



勤勉な学生の見本

大学2年、最後の学期を終えた医大生たちは最後の休み期間を満喫していました。

そんななか、五十嵐はマインバイオのプロジェクトに追われ缶詰めになっていました。

しかし頑張った甲斐があり長期休みも終わりに近づいた頃、R-84プロジェクトに成果が出始めました。

「君がいなかったら今ごろうちの会社はどうなっていたことか…」

社長は五十嵐に対して感謝しきりでした。

わん

お金のためとはいえ、真面目に働いて成果を出し続ける五十嵐の存在は、本当にありがたいでしょうね!

社長自身の人柄も良くて、応援したい気持ちが湧きあがります!

今日も真面目に真摯にプロジェクトに取り組む五十嵐。

「そろそろ3年生だろう。これからのプロジェクトを任せても大丈夫か?」

社長の言葉に、はたと気付いた五十嵐は「3年になったら参加は難しいです」と告げました。

社長はそれを聞いてがっかりしました。

しかし五十嵐としても、一度は経験している講義であろうとも油断はできません。

「それまでに重要な部分は全て終わらせておきますので」

カレンダーを確認した五十嵐は「ギリギリ間に合いそうです」と親指を立てました。

医大生の本番

骨学の授業が始まります。

全部覚えるまで休ませない、と銘打たれた合宿を前に美穂は不安そうな顔を見せていました。

「そろそろ出発するぞ。全員いるか?」

二階堂は人数を確認すると「徹以外は全員いるな…」と呟きました。

五十嵐からは個人的な用事で参加できないという連絡が来ているそう。

にゃあ

マインバイオの研究は思ったより大変だったようです。

五十嵐のことですから、無茶はしていないとは思いますが心配ですね…。

美穂はそれを聞いて「あのバカ!」と怒り出します。

基礎中の基礎である骨学に出ないなんて、先のことを考えると大変なのです。

美穂は怒りのままに、その場で五十嵐に連絡をしました。

「仕事が終わるまで行けそうにないんだ。まぁ、必修じゃないし…」

「あんた正気?!」

「心配してくれてありがとな。こっちが終わったらすぐに行くからさ」

げっそりとした顔の五十嵐は、美穂の話の途中で電話を切りました。

美穂は切られた電話を見つめて呆気にとられます。

「こっちの気も知らないで!」

そんな美穂を、剛士と二階堂が宥めます。

こうして五十嵐抜きの骨学合宿が始まりました。

剛士の思惑

「行こうぜ美穂」

剛士は、合宿にこない五十嵐のことを内心でバカにしていました。

結局、二泊三日の合宿の最後まで五十嵐は現れませんでした。

「これ休んだらついていけないんじゃない?」

同期のヒソヒソ話に美穂はムッと顔を歪めます。

わん

大事な基礎授業をすっぽかした五十嵐のことが不安なんでしょうね…!

前世で外科医として働いているからこそ、きっとすでに乗り越えた課題ではありそうですが、そのことを知らない美穂はヤキモキしていそうです。

「五十嵐の奴…結局こなかったな」

剛士は、仲間とそのことをバカにしてニヤニヤと笑いました。

「おつかれ~どうだった?」

二階堂を見つけた剛士は声をかけます。

二階堂の態度は素っ気ないものの、剛士には関係ありません。

“こいつこそ俺のライバルにふさわしい男”

「絶対お前には負けないからな、頑張ろうぜ」

「お?おう…」

その頃の五十嵐

「結局行けなかったぁ…」

五十嵐はそのことを嘆きつつも、内容は全部わかっているうえ必修でもないことから特に心配してはいませんでした。

それよりも「これが終われば株が手に入る」ということで頭がいっぱいです。

にゃあ

やはり五十嵐からすれば、基礎の基礎であるからこそ、もう必要のない授業ではあったんですね!

美穂にもう少しちゃんと説明をしてあげたり、対応してあげて欲しいものです…。

「五十嵐くん、少し時間をもらえるかな」

社長に呼ばれた五十嵐がついていくと、社長は「実は君に提案があってな」と切り出しました。

「卒業後、マインバイオで働かないか?」

自社の説明を続ける社長に、五十嵐は一瞬呆然としたものの「悪くない提案だ」と感じました。

しかし…。

「自分は…」

スポンサーリンク



『リターン~ある外科医の逆襲~』21話の感想・考察

マインバイオの研究に明け暮れた五十嵐の回でした!

長期休みでもわき目を振らず、研究や仕事に明け暮れる五十嵐は本当に偉いですね。

過去の自分という比較対象があるからこそ、気合いも入るのだと思いますが、それでも毎日努力している姿は格好良いですね。

しかし、学生という身もあることから、授業を受け損ねた印象は少し悪く感じてしまう気がします。

実際美穂は五十嵐の態度にヤキモキしているわけですし、不安を覚えてしまいますよね。

次回以降は徐々に他の学生と合流していくと思うのですが、また浮いてしまったり目立たないか少し心配です。

五十嵐はちょっとうっかりしていますからね。次回も楽しみです!

\他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
20 21話 22話

スポンサーリンク