レディービースト【77話】ネタバレと感想!




この記事では『レディービースト』77話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
76話 77話 78話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

誤解から空回りするジンジャー・・・

エリサが誤解を受けた会食が終わり、スタスタスタと自室に向かう彼女をジンジャーが追いかけている所から77話がスタートします!

 

彼女の名前を呼びながら、引き止めようとする彼に無言の反応しか見せないエリサ。

「本当に何もなかった」

と伝えるジンジャーに、先に戻るとだけ言って自室に戻ろうとするエリサに、君以外の女は目に入らない!と力強く言う彼でした。

にゃあ
彼の言葉に、ピタッと動きが止まった様子から嬉しかったのだろうと感じました。
エリサ、可愛い!と思ってしまいました。

ジンジャーの言葉に、どうしてですか?と聞くエリサに、答えることができずにいると・・・

もう行くからついて来ないように!と言われると、それ以上引き止めることができなくなったジンジャー!

わん
なんで黙るのー!ジンジャーと言ってしまいました!
言いたいのに、言えない感じが・・・モヤモヤしちゃいます。

彼女の後ろ姿を見ながら、どうしたらいいんだ・・・と困った表情をして見送るのでした。

4公爵家夫人会合当日!

トラノイ邸にて、4公爵家夫人会合が行われます。

エリサを歓迎した様子で迎え入れるトラノイ公爵夫人に、エリサも笑顔で挨拶を交わします。

 

トリガー公爵夫人も現れて挨拶すると、実際にすれ違ったことはあるが、会うのは初めてと思い返すエリサ!

 

しかし、トリガー公爵夫人の様子だと・・・夫であるジンジャーと入れ替わった時に会っているようで緊張するな、と感じるのです。

トリガー公爵夫人は、そういえば・・・と話し始めながら、ランドルで人気のあるデザートをエリサのために用意していました。

にゃあ
ジンジャーと入れ替わった時の記憶がないのは、今後のやりとりとかでも大変そう!と思いました。
だけど、エリサはうまく対応していきそうとも感じます!

パラゴンのマカロン!

好きなデザートを用意され、表情がパァァ!と明るくなるエリサ。

わん
エリサが嬉しそうにデザートに反応する様子が可愛いかったですね!

すると、トラノイ公爵夫人が有名店でなかなか入手することが困難なデザートであると反応します。

エリサも有名なパティシェですよね?と、嬉しそうな様子を見せるのでした!

 

トリガー公爵夫人は、夫が想像を越えるお願いをエリサの夫・ジンジャーにしたと聞いた時は気絶するかと思ったと思い返します。

だからこそ、エリサとどんな顔をして会えばいいのか悩んだ・・・彼女に頬でも叩かれる覚悟でいたけど、噂通りの大らかな人だった!と感じます。

 

このデザートで少しでもエリサが機嫌を直してくれたら・・・と願いながら、マカロンを食べる彼女を微笑みながら見つめるのでした。

 

エリサは、マカロンを口にすると美味しい!と感想を述べながら頂いて、

トリガー公爵夫人にお礼を伝えるのです!

 

その後も満足ゆくまでデザートを食べていると、トラノイ公爵夫人がお手洗いへと向かい、エリサはトリガー公爵夫人と2人になります。

トリガー公爵夫人からの謝罪

トリガー公爵夫人と2人きりなり・・・沈黙になる空気に、何を話したらいいのだろうか、と考えるエリサ。

 

その沈黙を破ったのは、トリガー公爵夫人でした!

緊張した様子のトリガー公爵夫人は、重い口を開いて自身の夫の無礼について謝罪するのです。

 

えっ?と何のことを謝られているのか分からない様子のエリサは、トリガー公爵夫人の話をじっと聞きます。

 

そして、トリガー公爵家の夫人がここまで謝っているのに、受け流すわけにはいかないと感じたエリサは、こう答えるのでした。

 

トリガー卿の姫君・ギリアンからも謝罪を受けた、と伝えつつ彼女にも伝えたが、謝罪は当事者がすべきことだと思います。

だから夫人が頭を下げることはありません・・・ですから、善意として受け止めます!と答えるのです。

 

わん
エリサが自分の記憶がないところで何が起こったのか、と感じつつも
それとは関係なくに関わりを持ちましょう!と言うエリサは本当に素敵ですね!

トリガー公爵夫人は、エリサが立派な人であると感じると共に、自分とはあくでも個人として接すると言われたと受け止めるのでした。

にゃあ
トリガー公爵夫人もエリサの人柄に、惹かれて魅力を感じましたね!
これを機にエリサのファンが増えそう・・・と思っちゃいました。

エリサへの尊敬が深まる!!

エリサの相応を超える対応、自分を1人の人として考えて接してくれたことに喜びを感じるトリガー公爵夫人。

 

彼女は優しい笑顔で、エリサの両手に手を触れて、改めてお礼を伝えるのでした。

 

 

ここでちょうど良く戻ってきたトラノイ公爵夫人は、初めてみるトリガー公爵夫人の柔らかい表情にエリサの凄さを改めて感じます!

さすがだわ!と感じる彼女はエリサを尊敬する気持ちがさらに深まるのです。

わん
エリサの魅力にうっとりする感じのトラノイ公爵夫人ですね!
にゃあ
トラノイ公爵夫人のエリサに対する反応がどれも可愛い!と感じずにはいられませんでした。




『レディービースト』77話の感想・考察

ジンジャーの妻・エリサへの想いが周りにもただ漏れなのに・・・エリサにはハッキリとしたことが言えない感じが、もどかしい!ですね。

 

そして、彼女も彼からの言葉を待っているのが伝わってくるので、もっともっと伝えて欲しい!の思わずにはいられませんでした。

だけど、やきもちを焼く彼女が可愛いなぁ、ジンジャーの慌てる姿も可愛くて・・・これからの2人のやりとりも楽しみですね!

 

エリサの人柄で周りの人達の心が動かされるのが、トリガー公爵夫人とのやりとりからも分かります!

きっとこれからも彼女の人を想って関わる気持ちが、いい影響を広げていくのだろうと思うと展開が楽しみです!

 

そして確実に周りの公爵夫人たちの心を鷲掴みしてるエリサ。

 

そこから広がる合流や情報が増えるのでは?と考えます。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
76話 77話 78話