双子兄妹のニューライフ【18話】ネタバレと感想!




この記事では『双子兄妹のニューライフ』18話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
17話 18話 19話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

皇帝の私室

見渡すと、そこには厳粛な色調、高貴さと豪華さを兼ね備えた全てが最高級な黄金の家具がある。

 

今から数時間前のこと。

 

二人は何者かによって荒らされた部屋から、皇帝の部屋へと連れてこられたのでした。

 

どうすべきか、そして何が起こってるのかが分からない二人は棒立ちのまま固まることしかできません。

 

すると、頭の中で「イシナなら分かるだろうけど…」とイシナの存在が過ぎります。

 

その瞬間、言い様もない寂しさがアリエンを襲いました。

 

確かに、イシナは二人の不出来さに呆れることはありましたが、軽蔑していじめてくることはありませんでした。

 

それなりに長く顔を見てきたこともあって、それなりに親しんだ相手だったイシナ。

 

また、自分たちの意志とは無関係に状況が変わってしまいました。

わん

個人的には、貴族の子どもよりはマシだったとはいえ、イシナも相当酷かった気がしますが…。

 

アルヘンのストレス症状

すると、皇帝が部屋に戻ってきました。

 

「楽に座れ」と言う皇帝に、アリエンは「これからどうするんですか?」と再び尋ねます。

 

しかし、皇帝は先程と同じように「ここで暮らす」と言い切りました。

 

本当だったんだ…と受け入れがたい現実に引き戻される二人。

 

すると、その時、アルヘンがその場に蹲って嘔吐してしまいました!

 

アリエンはすぐに、アルヘンの傍へと駆け寄ります。

 

そして、この嘔吐が、極度のストレスを感じた時に出る症状であることに気づきました…。

 

アルヘンを落ち着かせようと、その体をキツく抱きしめるアリエン。

 

すると、皇帝はすぐに、沐浴をさせて落ち着かせるよう侍女に命じます。

 

しかし、侍女が近づいて催促しても、アルヘンはアリエンに縋り付いたまま動こうとしません。

 

頑ななアルヘンに困った侍女は、アリエンに助けを求めます。

 

そして、アリエンが説得すると、アルヘンはようやく重い腰をあげて沐浴に向かいました…。

にゃあ

中身は成人ずみの大人とはいえ、まだ5歳の子どもがストレス症状で苦しむ姿を見るのは、やはり心苦しい気持ちになりました…。

皇帝との会話

アルヘンが連れて行かれ、アリエンは皇帝と二人きりになってしまいました。

 

気まずい思いをするアリエン。

 

すると、突然、アリエン・ベアトリス・ユリアナと名前を呼ばれました!

 

驚きでひくっと喉を震わせながらも、何とか返事をします。

 

ところが、皇帝はその返事に眉を顰めると「陛下と呼ぶな」と言いました。

 

そして、他の皇子もそう呼ばないと付け足しました。

 

しかし、そうは言われても、何と呼べばいいのか分からないアリエン。

 

皇帝はそんなアリエンを一見すると、「いいから座れ」と命じました。

 

命じられるがまま、アリエンは何とか大きなソファによじ登って座ります。

 

すると、そんなアリエンの姿に、皇帝は「いつ大きくなる?」と聞いてきました。

 

「たくさん食べればすぐに大きくなると聞いていたが」と言いながら、メニューを変えるべきかと悩む皇帝。

 

それに、アリエンは「小さい時にあまり食べられなかったからかもしれないです」と言います。

 

そして、今はたくさん食べられるので大丈夫だと伝えました。

わん

皇帝が言うような「すぐ」は、皇族特有の発現のこともあって、認識のズレがありそうですね…。 

にゃあ
二人とも、話していることは世間話くらいの軽いものなのに、表情も口調もかなり固かったです…。

落ち着いた二人

うとうと、と身を寄せ合う二人。

 

皇帝が居ないおかげで、先程よりはリラックスしています。

 

あの後、アルヘンが沐浴から出てくると、今度はアリエンが沐浴することになりました。

 

もちろん、そこは皇帝専用の浴室でしたが、皇帝の名に恥じない豪華で広い浴室になっています。

 

そして、アリエンが出てきた後に皇帝が沐浴へと向かう、ということになったのです。

 

色々なことがあって疲れきった二人。

 

しかし、そこで聞こえてきた足音に一気に現実に戻ってきます。

 

それは、皇帝が沐浴から出てきた音でした…。

わん
アリエンは思う存分リラックスしているように見えましたが、アルヘンの方はまだ先程の辛さが残っているように見えました…。




『双子兄妹のニューライフ』18話の感想・考察

噛み合わない親子にもどかしい気持ちになるばかりでしたね…。

 

確かに、皇帝という立場上、ベラベラと話すのはあまりよろしくないというのは分かります。

 

しかし、それでも言わないと分からないことはあるんだよと言ってあげたい気持ちになってしまいました…。

 

アリエンもそうです。

 

陛下は止めろと言った所では、つい「父上って呼んでほしいんだよ!」とテロップを出してあげたい気持ちになりました…。

 

それに、アルヘンがあんなにストレスを抱えてしまうほど皇帝を嫌ってるのは少し可哀想でした…。

 

この先、こんな状態の二人がどれほど警戒を解いてくれるのか…とても気になるところです!

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
17話 18話 19話