双子兄妹のニューライフ【15話】ネタバレと感想!




この記事では『双子兄妹のニューライフ』15話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
14話 15話 16話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

いざ、第三皇子の城へ

第三皇子は、名をエイジ・ナオルベア・ユリアナと言い、緑の鷹を象徴としている。

 

しかも、家族と側近数名を除いて、その性格は好戦的で獰猛…。

 

別名である「皇帝の狂犬」が、それを存分に物語っている。

 

そして…二人は今、そんな危険な第三皇子の城の門の前に立っていた。

 

立ち尽くす二人。

 

しかし、そんな二人を他所に、付き添いで来た侍女たちは「我々はこれで」と言ってサササと帰ってしまいました…。

 

二人っきりで残されてしまいましたが、このままずっとここで棒立ちという訳にはいきません。

 

「まあ、行こう」と乗り気ではないものの、中へと入ろうとするアルヘン。

 

すると、それに頷いたかと思うと、アリエンが広場で遊んでいる子どもたちを見つけました。

わん

第三皇子のまた変わった悪評がどこまで伝わってるのかがよく分かりました…。

にゃあ
普段なら侍女もかなりの数付いて来るのに、こういう時は二人しか居なかったのがいい証拠でしたね…。

貴族の子どもからの挑発

金髪ではないので、恐らく皇族ではなく貴族の子どもだろうと予想をつける二人。

 

しかし、周りには侍従たちが居ません。

 

二人で話していると、今度は向こうがこちらに気づいたらしく、バチッと目が合いました。

 

そして、貴族の子どもたちはこそこそと話し合いをしてこちらへと歩いてきました。

 

やけに堂々とした偉そうな態度で、二人の前に立ちはだかってきます。

 

ニヤニヤとした嫌味な顔に、アリエンは何となく嫌な予感がしました。

 

そして、それは嫌なことに的中します。

 

「私生児が皇族だなんて、国の恥だ」と散々使い古されたような罵声を浴びせてきました!

 

二人の瞳から光が消えます。

 

「考えるまでもなく、大人の真似をして虚勢を張っているだけのただの子どもなんだ」と頭の中では理解できています。

 

しかし、だからといって傷つかないわけではありません。

 

相手をしたくない一心で、無視をする二人。

 

そんな二人に、子どもたちはさらに酷い言葉を浴びせようとしました…。

 

が、その言葉は口から出ず、代わりに鈍い音と悲鳴があがりました。

わん
カエルの子はカエルといった感じでしょうか?
とはいえ、まだ7、8歳の子どもがあんな言い草をするなんて、理解はできてもかなりショックでしたね…。

飛び出してきた第三皇子

その音と声に思わず振り返る二人。

 

すると、そこには、子どもの一人が見事に踏みつけられている姿がありました。

 

踏みつけているその人は「誰に向かって口利いてるんだ?」と言っています。

 

黄金に輝く金髪に、二人はこの人が第三皇子だと確信しました。

 

息を呑む二人。

 

すると、襟を掴んで乱暴に子どもを持ち上げるエイジのその瞳が二人を捉えました。

 

そして、今度は頬を薄く染めて「ちっちゃい…」と呟きました。

 

高低差の激しすぎるその顔に、二人は思わず絶句してしまいます…。

にゃあ

もっと厳つい姿を想像していたんですが、他の皇子と比べても童顔で可愛らしい顔立ちをしていました!

ギャップ萌えをしちゃう人には、是非見てみてほしいお姿です…。

優しさと苛烈さ

すると、子どもたちの侍従たちが「いかがなさいましたか!?」と慌てながらやって来ました。

手にはお菓子が載ったおぼんがあり、アリエンは子どもたちの言いつけで居なかったのかと合点します。

そして、第三皇子を見つけて悲鳴をあげながら土下座をしました…。

しかし、「アルヘンとアリエンは見えないのか!」と二人を無視したことが許せなくて糾弾します。

こんなに自然に自分の名前を呼ばれた、そのことにアリエンとアルヘンはあんぐりと口を開けました。

すると、侍従たちは焦りながらもようやく二人にも挨拶をしました。

それを見届けると、「今度二人の前に現れたらぶっ潰す」と言って、侍従たちに子どもを投げつけます。

いそいそと逃げ帰る子どもたちと侍従。

それを愉快そうに眺めるエイジに、アリエンは更に警戒を強めました。

しかし、エイジは「君たちの名前を呼ぶ練習してたのに、さっきうっかり呼んじゃった」とニカッとした笑顔を見せます。

向けられる笑顔を信じるのか、噂を信じるのか、と二人は戸惑いました…。

わん

確かに苛烈さはありますが、二人に見せてくるのは柔らかい表情と態度ばかりなのが印象的ですね。




『双子兄妹のニューライフ』15話の感想・考察

最後の皇族、第三皇子が出てきました!

 

事前情報と同じような部分もあれば、アリエンとアルヘンに向ける視線がやたらと柔らかかったり、と色々食い違いがありましたね。

 

二人も、それに戸惑っているのがよく分かりました。

 

また、抜けている部分もあり、「子どもは良いものだけを見て育てって言うからな」とドヤ顔で言うシーンもあります。

 

アリエン自身も、投げつけてるその子も子どもですけど…?と思ってしまうなど、割と突っ込み所がある皇子でした…。

 

それに、皇族は揃いも揃って、コミュニケーションが割と上手く取れません。

 

好意こそあるものの、そういう部分で二人がどうなるか…まだまだハラハラとさせる要素がたくさんで見逃せませんね!

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
14話 15話 16話