エボニー【66話】最新話のネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『エボニー』66話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
65話 66話 67話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

大公様に誘惑された?されたい?

エボニーが自分の部屋のバルコニーに、大公様・シュナイダーが訪れた所から66話がスタートします!

 

レディの部屋にしょっちゅう寄るのはダメですよ・・・マーシャには内緒にしてあげますから入って下さい、と言うエボニー。

通りかかっただけさ・・・これで失礼!と言ってカーテンを閉めるも、バルコニーの外に立ったままの大公様にエボニーがくすっと笑みが溢れました。

 

カーテンを開けて彼に入るよう伝えるも、入らずに窓の縁の所に座ったままの大公様。

 

バルコニーやテラスは、大公様の部屋にもあるのでは?なぜ私の部屋に?と問う彼女に、ここが気に入っている!と大公様は答えます。

 

特にどこが気に入っているのですか?

と聞くと、「部屋の主が鈍感なところ・・・」と言うのでした。

 

自分をからかっているのですね、と言いながら話を続けるエボニーを見て、彼女の美しさに魅了されている自分に参ったなぁ、と感じます。

彼女の美しさに見入っていると、聞いてます?と言う彼女の言葉にハッとします!

わん
心の中で、彼女の美しさに見惚れてしまう彼が自分の感じている
気持ちに戸惑っているのが感じられます。

なんて言った?と聞き返すと、ラルソンの話を再びするエボニー。

 

彼が想像した人と違って、知れば知れるほど優しい男性であると感じている・・・と言うと、ラルソンを男性と言うのをやめろ!奴と言うのはどうだ?と提案します。

 

これに、まさか嫉妬ですか?嘘でしょう?

あのシュナイダー大公様が?違いますよね?と確認するように聞きます。

にゃあ
彼が無意識に反応して、ヤキモチを焼いている様子が面白いですね!

彼女の質問に答えることなく、傷のあるエボニーの手を見ながら退散するか・・・と考えながら、エボニーに手を貸せと言って彼女の手に触れます。

 

手を掴まれ触れられ、急に何ですか?

私を誘惑でもするおつもり・・・と話していると、大公様は彼女の指先にそっとキスをします。

 

そして、誘惑・・・されたか?と聞くのでした。

大公様の言葉に、彼から離れてタタタッと部屋の中へとエボニーが入っていきます。

にゃあ
何も言わず、だけど頬を赤めながら部屋の中へと入っているエボニー。
彼女が大公様に対して、思いを抱いている?と感じずにはいられませんでした。

孤児院のヒーロー参上!!

ラルソンが孤児院に行くと、ジリアンはそうです!

まさにこの方ですよ!とエボニーに伝えながら、ラルソンの存在に本当心強いと感じるの話します。

 

ラルソンは、孤児院に来た子どもたちに声をかけながら、パンを持っていくように伝えると・・・彼の存在に「わぁ・・・」と言いながら、興味津々で質問し始める子どもたちでした。

 

どこから来たのか?ここの先生なの?

目に絵が描いてある!どうやって描いたの?と、ラルソンへの質問でその場がワイワイと賑わいます!

 

子ども達の反応に嬉しさから、大きな声で笑いながら自己紹介をするラルソン。

彼の自己紹介でさらに、質問が増えて賑やかになる雰囲気に、ジリアンもエボニーも嬉しそうな表情を見せるのでした。

わん
ラルソンの単純な性格がいい!
子ども達の反応に素直に答えるからこそ、子ども達も自然と関われることができるのでしょうね。

 

ジリアンがエボニーにどこから連れてきたのですか?聞くと、大公様のお客様であると伝えます。

そしてエボニーはここで、ジリアンに大切なことを彼女の耳元で囁きます。

 

「ラルソンは褒め言葉に弱い・・・特に男前とか、カッコイイとか」という言葉は特に!

にゃあ
エボニー・・・ジリアンに彼のどんな情報を与えているの?と思わず
突っ込みたくなりました!でも、確かにラルソンは褒め言葉に弱い!!

ラルソンの子ども達への教え!

ドンドンドン!と力強くドアを叩き、院長に出てくるよう呼ぶ商店街の人たち。

 

ドアを開けると、物乞いの子が増えている・・・店のゴミ箱をあさられた!被害がないようにするって言ったのに、どうゆうことだ!と苦情を言いにきたのです。

 

起きた出来事への謝罪をしながらも、訪れる子ども達止めることは自分たちにもできない・・・どうかご理解ください、と頭を下げてお願いするのでした。

 

すると、何事かな?とラルソンが現れます!

 

 

大きい彼の登場に驚いていると、ラルソンが子ども達に向けて「よく聞け」と言いながら、商店街の人たちに向けて言葉を発します。

子ども達に伝えながら、商店街の人達がやっている行いを非難!

 

遠回しの非難に気づくと、彼らがその場を離れていこうとすると・・・ラルソンは大きな声で笑い出し、それに子ども達も反応して楽しそうに笑い出すのでした。

わん
ラルソン、うまい!!
商店街の人達への対応がすごくいい!と感じずにはいられませんでした。

エボニーは、彼に公用語が上手になりましたね、と褒めます!

 

すると、練習したかな、と答えながらもっと褒めろ!と求めるラルソン。

これにすかさず、ジリアンが褒めていくと嬉しそうに、さらに大きな声で笑い出すラルソンでした!

にゃあ
自分から褒めろ!というラルソンに思わず、笑っちゃいました!
もはや、要求しいてるし!ってなりました。

フィン男爵の企み。

今日も誰からのおかげで危機を乗り越えた・・・

と喜びながらも、商店街の人達の偏見はどうすれば消えるのだろうか、彼の不満もあるが、これからどうすればいいのか?と感じ考えるエボニー。

 

商店街の人達は、自分たちの力だけでは・・・とラルソンの存在で感じてチャンドラー伯爵に知らせた方が良いのでは?と話し合います。

 

きっと彼もこの状況に、納得していないはず!と話していると、後ろから伯爵もあまり頼りにならいなのでは?という声がします。

 

声がする方を見ると、フィン男爵がいました。

フィン男爵は、物乞いたちのたまり場の所有者が誰か・・・と聞くと、誰だ?と聞き返されます。

これにシュナイダー大公さ、と答えます。

 

シュナイダーという名前に、貴族でもダメだと感じ始めるじゃないか・・・と話しているとフィン男爵が「見てなさい」と一言!

自分が必ずあの者たちを、この通りから追い出してみせる、と言うのでした。

にゃあ
フィン男爵・・・怖い!が1番最初の感じですね・・・。
そして、なぜ色々と情報を持っているのかと気になります!

 

わん
このフィン男爵は、誰と繋がっているの?
と1番最初に考えて気になってしかたないです!

スポンサーリンク



『エボニー』66話の感想・考察

エボニーと大公様の関係に変化が起きる?

どうなるの?と気になるところです!

 

2人とも自分の感じている気持ちに戸惑っている様子、認めたくないような反応もあるので、これからの展開も気になります!

 

エボニーとしては、自分の責任者である彼に恋するというのは考えられない、考えちゃいけない気持ちを持ってしまっていそうですね。

 

孤児院のヒーローになった、ラルソン!

大公様の予想通り、彼は子どもたちにも大人気で警備をするにもピッタリ!でしたね。

 

ラルソンが直接的でなく、商店街の人たちに遠回しに自分たちの行動の悪さを伝えた所は、見ていて気持ちがよかったです!

 

ラルソンは今後も子ども達に、いい影響を与えそうだなぁとも感じます。

これからの展開も楽しみですね!

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
65話 66話 67話

スポンサーリンク