盗掘王【154話】最新話のネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『盗掘王』154話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

 前話 次話 ⇨
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

乱暴な交渉を始めよう

遼賀にナイフを突きつけられた尊は目の前にいる誠の部下たちに「何とかしろ!」と涙ながらに叫びます。

さすがの部下たちも尊を傷付けるわけにいかず、二の足を踏むのを見た遼賀はにやりと笑ってある要求を突きつけました。

「大河原会長の遺物倉庫の位置を詳細に教えろ」

「周辺にある障害になるようなものをすべて片付けろ」

「そして大河原会長が持つTKBM株の持ち分を全て俺に渡せ」

先ほど荒縄に持たせた誠宛の契約書と同じ内容です。

まさか目の前にいる誠の部下たちがそのトップである大河原会長の株までも動かせると思っているのでしょうか?

もちろん遼賀の要求に部下たちは慌てますが、目の前で捕まっている尊の命は遼賀の手に掛かっています。

「俺の持ち分だけでも渡せ!」

慌てる部下たちにより一層近付いて来たナイフに悲鳴を上げる尊。

さすがの部下たちも条件を飲み、目的地に到着次第措置を取ると伝えます。

ですが、そんな呑気なことでは遼賀は許しません。飛行機の中で出来るわけがないと騒ぐ部下たちを見て、にやりと笑った遼賀は声を上げます。

「誠!盗聴遺物で聞いてるだろ?」

そう、最初から目の前の部下たちではなく、どこかで盗聴遺物を使ってこの会話を聞いているはずの誠に向けて話していたのです。

エコノミークラスで怒りのままに遺物を放り投げた誠は何で尊がここにいるんだと騒ぎますが、残された時間はあと5分。

迷っている暇はありません。

まずは遼賀の一勝

勝手に着いてきただけでなく、人質になってしまった誠。

このまま見捨てるわけにいきません。誠は契約書を取り出し、サインをしました。

そして隣にいるヤン・チェンに言い、荒縄を解放させると契約書を持って行けと命令しますが、荒縄は騒ぎます。

「配達代くれ!」

もちろんヤンはお前の主人にもらえと怒りますが、そこは一手遼賀のほうが上。

「主様がおまえらからもらえって!」

こう言われては仕方がありません。誠は持っている現金のすべて20万円を差し出します。

大河原会長の息子である誠にとってこのくらいは大した金額ではありません。とっとと金を持たせて荒縄を追い払おうとしますが、ここも遼賀の方が一歩先を言っていました。

「クレカ可!クレカ可!」

もう現金はないと言う誠とヤンの前に荒縄が取り出したのはカード決済の機械。

そしてどこからか盗み取った誠のカードをスキャンした荒縄はなんと30億円も決済をして、契約書をしっかりと持つと遼賀の元へ飛んで行ってしまいました。

宙を飛ぶ荒縄の後を追っても追いつけるわけがありません。諦めて座席に戻った誠とヤンにある男が声を掛けます。

「無事にフランスに入国できるのか?」

顔にいくつもの傷があるガタイの良い男。

ヤンが言うには今回雇った海外発掘団のリーダーだといいます。

最近ヨーロッパが他国の発掘団の出入りを規制し始めたので、TKBMの人員だけで結成した発掘団はあまりにも目立ってしまいます。

そのカモフラージュ用に雇った外国人、一種の傭兵でもある男は語気を荒く2人に詰め寄ります。

「あんたらの部下がファーストクラスで騒ぎを起こしているんだろう」

遼賀たちの騒ぎはエコノミークラスまで届いています。このままでは誠やヤンを始め、彼の発掘団も捕まるリスクがあります。もちろん誠は騒ぎが大きくならないうちに措置を取るつもりですが、男は納得しません。

男の目的は金だけではなく、なによりヨーロッパに楽に渡ること。

ここで騒ぎを起こして、捕まるわけにはいかないのです。

もちろん誠は男たちを含め、上手くやるつもりですが、どうやって?具体的に話して見ろと挑発してくる男にもう眉間の血管は限界です。

「あちこちで問題を起こした奴らなのでこのことに関しては敏感なようです」

なんて奴を雇ったんだと隣にいるヤンに噛みつきますが、そんなことは言っていられません。

ただでさえ遼賀の件でイラついているというのに、目の前にいる傭兵団のリーダーだという男。

誠はなんとか事を収めようと興奮する男に少し落ち着くように伝えました。

危機一髪

その頃、尊にナイフを突きつけている遼賀の元に契約書を持った荒縄が戻ります。

それを見た部下たちは尊を開放するように要求しますが、もちろん答えはNO。

飛行機から降りる時まで自分と一緒にいて、契約の履行が確認でき次第の解放だと伝えます。

それならここに残ると言う部下たちにそれを許可し、荒れた座席たちを前に片付けなければ座る場所もないがなと笑った遼賀は自分の席に戻ります。

ぶつぶつと誠の部下たちが通路や座席を片付けている中、遼賀はこの後のことを考えます。

飛行機の中にいる間は平和ですが、問題は降りてからです。

さっきは大分派手に暴れました。すでに噂が広まっているはずです。もしかしたらもう空港に機動隊などが配備されている可能性もあります。

どうやってやり過ごすか

そう考えていると先ほど誠と言い争っていた発掘団の男がファーストクラスへとやってきます。

「乗客に紛れて大人しくしていろと言っただろう!」

通路などを片付けていた部下の男は発掘団の男に叫びます。

ですが、どうやら事情が変わった様子。

機長に言って進路を変えさせるつもりらしい発掘団の男の言葉に部下の男は誠や尊が乗っているのにそんなことが許されると思うのかと食って掛かりますが、発掘団の男はそれを鼻で笑い飛ばします。

「お前ら、行くぞ!」

発掘団の男は実力行使に出ました。

発掘団と誠の部下たちの争いがファーストクラスの至る所で発生します。

どうやら何か仲違いが起きたようだとすぐに察知した遼賀は雪や柳たちを連れて、エコノミークラスに移動します。

みんなを避難させてその間にファーストクラスのことをどうにかすればいい。

そんな遼賀は先を歩かせていた柳と雪が固まっていることに首を傾げます。

大騒ぎになっているのはファーストクラスだけではありませんでした。

飛行機中で発掘団とTKBMの男たちが争い、巻き込まれた乗客たちが悲鳴を上げて逃げ惑う。

まるで地獄絵図のようなその光景に遼賀はにやりと笑います。

「この飛行機にもう望みはない」

驚く雪や柳。

一体遼賀が思いついた作戦とは?

スポンサーリンク



『盗掘王』無料で読む方法はあるか調べてみた

漫画を無料で読む方法は

電子書籍系の月額サービスに

無料おためし登録をすることで可能

無料で読む流れは以下の通りです。

  1. 無料おためし登録をする
  2. 貰ったポイントと読みたい漫画を交換する
  3. 他のサービスも無料なので使ってみる
  4. 無料期間中に解約する

あと問題になるのが、読みたい作品が配信されているのかどうかです。

配信状況を確認しましたので、以下の表をご確認ください。

配信サービス 配信状況

31日間無料トライアルあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる!

雑誌や動画にも強いオールジャンルOK!

月額1,990円(税抜)

2週間無料おためしあり!漫画約1冊~2冊無料!最大900円分のポイントがもらえる

月額888円(税抜)

30日間無料おためしあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる

音楽も聴き放題

月額1,958円(税込)

コミック.jp
30日間無料お試しあり!
漫画約2冊無料!1,000円分のポイントがもらえる!月額500円,1000円,2000円(税抜)

 

ここまで紹介したサービスをご利用になったことがある!という方は再度無料おためし登録は各社できない仕組みとなっています。

そんな方は月額料金のかからない電子書籍サービスの利用をおすすめします。

半額クーポンを発行しているサービスがほとんどですし、月額の料金がかかるわけでもないので安心してご利用いただけるはずです。

 

配信サービス 配信状況
会員登録無料
最大50%ポイント還元あり!無料まんが3000作品以上

会員登録無料最大12冊半額で購入できる!

無料まんが9000作品以上

『盗掘王』154話の感想・考察

相変わらず敵の一手二手先を行く遼賀のスタイルがよく出た154話となりました。

部下たちに話しながらもそれを誠が遺物で盗聴していると見抜く辺りはさすがですよね。

そして、荒縄がカード決済用の機械を取り出した時はくすりと笑ってしまいました。

あの機械は遼賀が持たせたものなのでしょうか?それとも荒縄が自ら持ってきたのでしょうか?

どちらにしろ、誠から30億円もせしめたのはさすがとしか言いようがありません。

そのお金を一体なにに使うのか、さらに気になるのはこの荒れ狂う飛行機の中から雪や柳たちを連れてどうやって脱出するつもりなのか。

遼賀の頭の回転の速さがものを言う展開となってきました!155話も見逃せませんね!

スポンサーリンク



 前話 次話 ⇨