最強の王様、二度目の人生は何をする?【95話】最新話のネタバレと感想!

この記事では『最強の王様、二度目の人生は何をする?』95話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
94話へ 95話 96話へ
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

決着と反省会

ガイスト教授とのデモンストレーションが終わり、授業終了のブザーがなりました。

アーサーの勝利に生徒たちが拍手を送っていると、キャサリンが席を立ち教室を出て行こうとしています。

それを追いかけるように教室を出て、キャサリンを呼び止めようとすると、

後ろからフェイリスがアーサーに話しかけました。

デモンストレーションでのアーサーの戦いを称賛し、アーサーもフェイリスを労います。

アーサーはガイスト教授と最初に戦ったフェイリスに対し、相手がどのような呪文を使うか

わからない状態だったから負けたのは仕方ないと励ましました。

すると、その会話を聞いていたキャサリンが横から自分の評価を聞いてきたので、

アーサーは正直に最後の攻撃を優先して防御を怠ったことを指摘すると、何も言わずに頷き去って行ってしまいました。

 

2人と分かれ、次の講義に向かうアーサー。

アーサーが悲しそうにしていると、シルビーがなぜ悲しんでいるのか聞いてきました。

ガイスト教授との戦いで、苦手な風の属性のみを使用したせいですぐに勝てなかったことを

悔しく思い、さらに修練する必要があると反省していたのです。

わん
確かに最後に戦ったアーサーはガイスト教授の技を知っていたので有利だったかもしれませんね。
キャサリンは教授の技を知っていたはずなのに負けてしまったのが悔しいんでしょうか…。

新たな出会い

楽しみにしていた次の講義「装備品づくりの基礎」の教室に着きました。

そこは科学室のように実験器具などが置いてあります。

アーサーが空いている席に座っていると、淡い緑色の髪が特徴的なメガネをかけた女生徒に

隣の席に座っていいか聞かれ、快く承諾しました。

エミリー・ワッツケンという名前の子で、あがり症のようで自己紹介もあたふたしています。

アーサーは気にせず自己紹介をして握手を求めると、笑顔いっぱいで握手を返してきました。

すると、エミリーがハッと思い出したように手を引っ込めると、手がガサガサで悩んでいることを打ち明けました。

それをフォローするようにアーサーも手にタコがあることを教えると、

エミリーは自分が装備品作りが大好きでいじっていたから手がガサガサなのだと告白します。

装備品作りはいろいろなものを創造することができ、戦いとは全く違うすばらしいものだと伝えると、

エミリーは投射型ディスプレイを作った時のことを思い出しながらその言葉を噛み締めました。

今12歳なのに何歳の時に作ったのかと驚き、エミリーに対し敬意を表すると、

アーサーと比べると大したことではないと反論します。

つい先ほどガイスト教授を負かしたことが既に噂となって広まっているようです。

にゃあ
新キャラ登場ですね!
装備品作りの天才が同級生にいるなんて、今後も付き合っていきそうです。

突然の提案

エミリーと話していると、教授が教室に入ってきました。
元気な挨拶をしながら入ってきたのは、アーサーが航海の方法を教えたギデオンでした。
ギデオンはアーサーを見つけると、わざとらしくなぜここにいるのかと驚いたふりをします。
その後講義が始まりましたが、装備品作りの講義ではなく自分が発明したものについてのもはや自慢話のような内容でした。
呆れていると、窓の外から緑色の鳥が教室に入ってきてアーサーの肩にとまります。
理事長の使いで、アーサーを呼びに来たのでした。
ガイスト教授とのことについて怒られるのかと思いながら理事長室に向かっていると、
キャサリンが理事長室から出てきたので呼びかけようとしますが、スタスタと去って行ってしまいました。
嫌な予感がしながら理事長室に入ると、機嫌が悪そうな理事長が座って待っています。
ガイスト教授とのことを言い訳しようとすると、理事長はその件についての呼び出しではないと話を止めました。
少しの沈黙の後、「実践的なマナ操作」のクラスを代理教授として教えないか提案されたのです。
わん
ギデオンは意外とユーモアのある人ですね笑
まさかガイスト教授の講義をアーサーが受け持つことになるかもしれないなんてびっくりです!

『最強の王様、二度目の人生は何をする?』95話の感想・考察

ちょっと長かったガイスト教授との模擬戦も終わり、ようやく次の講義に進みました。

新キャラのエミリーは装備品オタクっぽいけど、いい子そうで何よりです。

今後アーサーの装備品を作ってくれたり作り方を教えてくれたりしそうなので、ギデオンの存在価値が危ぶまれてきました笑

 

早くもアカデミー中に教授を倒したことが広まりつつあって、アーサーはさらに目立つ存在になりそうですね。

まさか1年生が教授の代理で講義を受け持つかもしれないなんて、また敵を増やしそうな予感がビンビンします…。

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
94話へ 95話 96話へ