リターン~ある外科医の逆襲~【8話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『リターン~ある外科医の逆襲~』8話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
7話 8話 9話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『リターン~ある外科医の逆襲~』8話のネタバレ

スポンサーリンク



とんだ無駄足

「徹、帰ったか。何も問題なかったぞ」

父親の言葉に五十嵐は顔を青くします。

「胃に軽い炎症があっただけ」

それを聞いた五十嵐は俯いて、動揺を隠せません。

「どうした?顔色が悪いぞ」

五十嵐はなんでもない、と取り繕うと一人で店の外に出ました。

“異常なし”

その言葉が重くのしかかります。

2年後に末期がんになるはずの父が、今の段階で異常なしとは。

考えられるのは、「本当に異常がない」か「医者の見落とし」のどちらかです。

それを確認するまでは五十嵐は安心できませんでした。

わん

ここまで迫っておいて胃がんを見逃して父を亡くしてしまったら

悔やんでも悔やみきれませんよね。

この目で確かめたい

父が検査を受けた第一病院まで、五十嵐は足を運んでいました。

「診察なら向こうで先に受付をお願いします」

病院の女性が声をかけますが、五十嵐は「五十嵐光彦が受けた健康診断の検査結果を確認にきた」と伝えました。

それを聞いた女性は「息子が父の診断結果を聞きに来るなんて」、とその行動に可愛らしさを感じて和んだ様子を見せますが「先生からお父さんに結果を伝えているから大丈夫よ」と取り合ってくれません。

しかし五十嵐は「気になるところがあるんです」と譲りません。

五十嵐の頑なな態度をみた女性は、医師に確認の電話を入れてくれました。

しかし、電話の向こうの医師は「適当に断っといてくれ」と話を聞こうともしません。

女性は申し訳なさそうに五十嵐に断りを入れようとしましたが、五十嵐はそれでも食い下がってなんとか診察室まで通してもらうことが出来ました。

にゃあ

たしかに、父が心配でやってくる高校生の男の子なんて可愛らしいですよね。

しかし、五十嵐の想いはそんなに軽いものではありませんでした。

詳しい検査結果を

かなり長い時間を待たされたものの、五十嵐はついに担当した医師に会うことができました。

「キミのお父さんの検査結果は、軽度の炎症以外特に問題なかった」

医師は面倒くさそうに再度同じことを繰り返します。

「びらん性ですか、化生性ですか?前がん病変の疑いはありませんでしたか?」

五十嵐のほうから突っ込んだ質問をします。

それを聞いた医師は驚きますが、専門用語を並べ立てて応戦します。

しかし五十嵐にとってそれは聞きなれた言葉であり、理解するのになんの問題もありません。

わん

普通の人間なら何を言っているかわからないほどのワードが満載でしたが、五十嵐にはなんの問題もないでしょうね。

むしろヒートアップしてしまったように感じました。

「胃体部や後壁の方も確認したんですよね?」

医師はそれを聞いて一瞬言葉に詰まります。

そこに五十嵐は畳みかけるように考えられる初期症状の兆候を並べ立て、「胃カメラの画像を見せてください」と申し出ました。

医師はしつこい五十嵐に嫌気がさして断ろうとしますが、五十嵐は医療法の「患者家族の情報提供依頼に対して病院側は応じる義務がある」を主張しました。

医師は渋々画像を用意して五十嵐に見せました。

良く勉強していれば

「この赤いところが炎症部分だ」

医師の説明とともに、五十嵐は順に画像をチェックしていきます。

そして気になった画像を見つけ、それをよく見せてくれるように頼みました。

「これ…胃がんですよね」

五十嵐が震える手で指をさした部分には、確かにわずかながらも典型的なⅡC型の胃がんが見て取れました。

医師は顔を青くして言葉に詰まります。

五十嵐は胃カメラの画像を要求すると、別の病院で処置を頼むと宣言しました。

医師は「手を抜いたわけではなかったが、すまなかった」と謝ります。

五十嵐は謝罪は受けれたものの「もっと勉強したほうがいい」と怒りを隠せませんでした。

にゃあ

実際の現場でもこういった見落としはあるのでしょうか?

だからセカンドオピニオン、というような制度があるのでしょうね。

スポンサーリンク



『リターン~ある外科医の逆襲~』8話の感想・考察

父の検査結果は問題ない、から一変してやはり胃がんがあったようです。

ここで見逃がしていたらと思うととても恐ろしいですね。

リターンを読んでいると、自分も定期健診を受けにいくべきだなぁとひしひしと感じることがあります。

五十嵐は検査の重要性と、きちんと確認することの重要性を教えてくれましたね。

とはいえ、素人のほうからあまり検査について口出しなんてできないものですが…。

専門知識をもつ人生2回目の高校生でもなければここまで鮮やかに指摘はできなかったでしょう。

とっても格好良いシーンでした。

次回は改めて父の説得になるのでしょうか。

ここまで来たのだから、完治までスムーズに事が運ぶと良いですね。

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
7話 8話 9話

スポンサーリンク