リターン~ある外科医の逆襲~【52話】ネタバレと感想!




この記事では『リターン~ある外科医の逆襲~』52話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

\他の話数のネタバレは⬇から見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
51話 52話 53話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

黙っていてくれないか

無事に手術を終えた五十嵐は、執刀医が自分であったことを伏せてくれるようにと二階堂に頼み込みます。

「…なんでだ?」

訝しがる二階堂に対して、五十嵐は「これ以上妙な噂を立てたくない」と説明し、再度頼みました。

二階堂はその提案を一度断りますが、その後五十嵐の頼みを聞くことを了承します。

しかし、二階堂がその時に見せた冷たい表情と態度からは、なにかよからぬ雰囲気が漂っていました。

わん

自分の手柄を隠してくれ、なんて言われたら

ライバルにあたる立場から考えたら複雑ですよね。

二階堂は、順調に腕を上げていく五十嵐をみて何を思ったのでしょうか…。

その後は、暁教授の述語の容態も安定しているようで、五十嵐のループ前の記憶から考えても経過は順調であり、これ以上心配することはなさそうです。

こうして、五十嵐の外科での勤務期間は終わりを迎えました。

救急センターへ

「徹お疲れ!外科の勤務はどうだった?」

五十嵐を見つけた美穂が、笑顔で駆け寄ってきました。

「これからは救急センターかぁ…」とため息をつく美穂。

普段から忙しく、重症患者も多い救急センターでの勤務を心配する美穂に対して、

「ADI(緊急薬物中毒)みたいな重患も来るし…」と五十嵐は同意します。

その言い方に「やけに詳しいわね」と感想を述べる美穂。

ループ前の経験を匂わせてしまった五十嵐は「動画で勉強してたからそのせいかも」となんとか誤魔化し、「今回こそ絶対に事故を起こさないぞ!」と心中で決意をみなぎらせます。

にゃあ

救急センターでの勤務は想像するだけでも大変そうです。

ループで一度経験してるからと言って、油断は禁物ですね。

「君たちが今月の研修医だな」

ざわつく部屋の中で、吉川チーフが言いました。

「ウチは見てのとおりだ」

その言葉にかぶさるように、患者の怒号が、医者が宥めすかす声が、そこかしこから響きます。

「騒がしいうえに目が回るほど忙しい」

慣れた様子の吉川チーフは、騒ぎを気にすることもなく対応は他の医者たちに任せたまま、研修スケジュールについて話し出しました。

その様子に、顔を引きつらせる五十嵐、美穂をはじめとした研修医たち。

24時間働いて、24時間休む。その繰り返し。

それを聞いた美穂は、五十嵐との時間を増やすことが出来そうだと目を輝かせます。

「各自、勤務に入る前に業務内容を確認してくれ。えっと…君が五十嵐くんか?」

吉川チーフは、五十嵐の顔を確認すると「いや、なんでもない。よろしくな」と続けました。

わん

意味深な言葉に、違和感が…。

救急センターには初めてくるはずの五十嵐のことが、

すでになんらかの形で知れ渡っているということでしょうか?

その様子が引っ掛かるものの、五十嵐にはなにも心当たりはありません。

美穂と一緒にカフェで休憩することにした五十嵐は、「休憩時間が合う時はときどきお茶でもどう?」と照れながらもじもじと提案した美穂の誘いを了承しました。

顔を輝かせて喜ぶ美穂。

その時、五十嵐の携帯には明日香からのお誘いメールが届きます。

ループ前の元妻から送られてきたタイミングの良いメールに、五十嵐は顔色を悪くしました。

ミス・エイミーとの再会

美穂と別れた五十嵐が廊下で出会ったのはエイミーでした。

学生の時以来の出会いに驚く五十嵐。

親し気に話す二人に、エイミーの後ろにいたへインス社の面々は驚きます。

エイミーは彼らに五十嵐を紹介すると、「TC80プロジェクト」を企画したのは五十嵐だと伝え、

その言葉に彼らは驚きました。

TC80プロジェクトと言えば、マインパイオ社の株価を3倍に跳ね上げた画期的な新薬プロジェクトのことです。

「本当に素晴らしい人材ですよ!」

胸を張るエイミーに対し、五十嵐は顔を青くします。

にゃあ

エイミーは純粋に褒めてくれているために、対処に困ってしまいますね。

ループありきの功績には、説明がつかないために苦労させられます。

本来ならば、そんなに大きなプロジェクトは一介の研修医には到底成しえません。

エイミーが自慢すればするほど、事態は五十嵐にとって都合が悪くなってしまい、

五十嵐はその空気に耐えきれずに、手術があるからと振り切って逃げ出しました。

暗躍する影

「五十嵐徹…一体何者だ?」

その時、別の場所で五十嵐の名前を憎々しげに口に出す老人がいました。

彼は、二階堂春馬の父です。

春馬をなんとしてでも一番の医者にしたい父は、五十嵐の存在が邪魔で仕方ありませんでした。

わん

息子を想っての行動というわけでもないのが、腹立たしいところです。

下手なことをして、逆に息子の足を引っ張る事にならなければいいですが…。

秘書を使い、五十嵐に対して不利な状況を作ろうとするものの、

それを上手く対処され評判を上げられては元も子もありません。

考えた末に、五十嵐には「末期ガンの患者」を担当させるようにと、

秘書へ指示を出した老人は、ほくそ笑みました。




『リターン~ある外科医の逆襲~』52話の感想・考察

二階堂の様子、美穂の気持ち、エイミーの再登場、明日香からのメール、吉川チーフの反応、

それから二階堂父の暗躍と、気になるところが盛りだくさんな回でした!

次回から始まるであろう、救急センターでの勤務にも不安が残りますね。

また、末期がんの患者担当になるというのはどういうことなのか?

想像がつかないだけに、五十嵐のことが心配です…!

見逃せないところがたくさんな「リターン~ある外科医の逆襲~」、次回も要注目です!

\他の話数のネタバレは⬇から見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
51話 52話 53話