リターン~ある外科医の逆襲~【45話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『リターン~ある外科医の逆襲~』45話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

 前話 今回 次話 ⇨
44話 45話 46話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『リターン~ある外科医の逆襲~』45話のネタバレ

スポンサーリンク



原因解明に向けて

図書館で関連書籍をめくる五十嵐は、症例と照らし合わせて原因を探していました。

理由もなく尿が赤くなるわけはありません。

その時、五十嵐はひとつの可能性に気付いて思わず席から立ち上がります。

わん

必死の努力の甲斐あって、五十嵐はなにかに気付いたようです。

こんなに熱心な先生に担当してもらえたら嬉しいですね。

「先生!」

五十嵐はその足で平尾の元に向かいました。

平尾は面倒そうな表情を浮かべますが、五十嵐は構わず、

「森さんは横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう)ではありませんか?」と指摘をします。

それを聞いた平尾は、研修医のくせに出しゃばる五十嵐に対して反射的に怒鳴りかけました。

しかし同時に、森の容体にはその兆候が見られることに気付きます。

けれど、珍しい病であることを理由に「そんな病気になるはずない」と検査に同意しない平尾。

それどころか「勉強自慢は大学でやれ!」と怒鳴り散らします。

五十嵐は平尾の経験不足を呪い、森についてそのまま見過ごそうかと考えますが、目の前にいる患者が悪化していく現状を黙っているわけにもいきません。

患者家族の目

五十嵐は、その足で森の元へと向かいます。

そっと扉を開くと、そこには森に寄り添う女性の姿が。

「研修医の…、どうしました?」

女性の問いに、五十嵐は血液検査をするために来たと申し出ます。

「血液検査なら先ほどしましたよ」

担当医の平尾による指示ではないものの、ある病気の可能性を確かめるために血液検査が必要であることを伝えた五十嵐は、検査の同意が欲しいと遠慮がちに言いました。

研修医による判断なんて、信用されないだろう。

五十嵐は、ほとんど断られる気でいました。

しかし、その予想を裏切り、「同意します」と女性は答えたのです。

にゃあ

五十嵐の真摯ある態度が、女性の心に響いたのでしょうね。

藁にもすがる思いの女性にとって、五十嵐は救世主のようです!

五十嵐は採取した森の血液を持って、CPK検査の依頼をかけます。

休憩をとっていた平尾のもとで、検査手続きが行われたことを知らせるアラームが鳴り響きました。

覚えのない依頼に驚いた平尾。それが五十嵐の勝手な行動によるものだと瞬時に見抜きます。

怒り狂った平尾は、五十嵐の姿を見つけると勝手な行動に対して怒鳴り散らしました。

そこに一本の電話が入ります。

検査室からの電話に、平尾は検査自体のキャンセルを伝えますが、電話の向こうの担当者は驚きます。

検査の結果、とある数値に通常限界値をゆうに超えるほどの異常が確認されたからです。

その結果が指し示す可能性はただ一つ。

森は「横紋筋融解症」でした。

五十嵐のお手柄

原因が解明できたことによって、森の容体は好転しました。

「森さん回復したそうだな、誰の担当だ?」

古賀に問われた平尾は、口ごもりつつ「私の担当です…」と答えました。

横紋筋融解症を見抜いたことを褒める古賀に、平尾はしどろもどろになりながら、過程を報告しようとしますが、古賀にはお見通しでした。

「検査を申請したのが五十嵐くんだったことを私が知らないとでも?」

平尾は顔を真っ赤にして黙り込みます。

わん

五十嵐の手柄を積極的に横取りしない様子の平尾には少し感心しますが、

こんなことにならないように普段から努力をしてほしいものです。

古賀は、五十嵐に話しかけると「よく気付いたな」と褒めました。

五十嵐は「たまたまです」と答え、「投与された薬によるものだったのでは?」と付け加えます。

それを聞いた古賀は、稀なケースであるものの確かに可能性があった、と顔を明るくしました。

「相変わらず素晴らしいな君は!」

感謝の声

五十嵐の対応に感動したのは、患者家族も同じです。

深々と頭を下げてお礼を繰り返した女性は、それだけでは気持ちが収まらず、病院のホームページにお礼の手紙を投稿しました。

その喜びの声は病院のベスト投稿に選ばれ、五十嵐の評判がどんどんと回りに知れ渡ります。

にゃあ

絶望的にみえていた状況を変えてくれた五十嵐には、感謝してもしきれないでしょうね。

五十嵐にとって有難迷惑であっても、女性の行動は自然なものに思えます。

その投稿を目にした一人の男が、「目障りだな…」と眼光を鋭くして呟きました。

スポンサーリンク



『リターン~ある外科医の逆襲~』45話の感想・考察

五十嵐のおかげで解決したも同然の今回。

いくら「たまたま」と取り繕ったところで、すごいものはすごいですし、感謝してもしきれないですよね!

研修医だからとバカにしていなければ、平尾にも十分挽回のチャンスはあったように思いますが、

「勝手な行動」の点だけ怒鳴りつけて、可能性すらちゃんと確認できない対応には閉口してしまいます。

さて、目論見とは裏腹にどんどんと評価を集めてしまう五十嵐。

とうとう院内ベスト投稿としてその評判が知れ渡ってしまいます。

それを「目障りだ」と言い放つ何者かの姿が気になります。

次回からもこの人物の謎に注目ですね!

 前話 今回 次話 ⇨
44話 45話 46話

スポンサーリンク