リターン~ある外科医の逆襲~【36話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『リターン~ある外科医の逆襲~』36話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

\他の話数のネタバレは⬇から見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
35話 36話 37話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『リターン~ある外科医の逆襲~』36話のネタバレ

スポンサーリンク



続く体調不良

風邪をひき始めてからもう10日は経ちますが、五十嵐の体調は一向によくなりませんでした。

肺炎や妙な感染症を疑いつつも、病院に行くことはしていない五十嵐。

わん

なにやら心配ですね。

医者の不養生とはこのことでしょうか…。

ずっと顔色の優れない五十嵐をみて、同期はからかいます。

「さすがのお前でもこのまま手術室に入れなきゃお手上げだろ?」

術衣を着て、少しの役割を担っただけの同期たちは初めて手術室に入ったことに浮かれています。

五十嵐はその様子に呆れつつも「とにかく俺は外科医を目指す訳じゃないし、手術室に入らなくてもいいだろう」と焦ることすらありませんでした。

二階堂教授とカフェ

薬局でめぼしい薬をあさる五十嵐のところへ、たまたま姿を見せたのは二階堂教授でした。

「久しぶりだね、どうしたんだい?顔色が悪いみたいだけど…」

教授は朗らかに声をかけると、一度しっかり話がしてみたかったと言い、五十嵐へ一緒にカフェへ行こうと提案します。

断ることの出来る立場ではない五十嵐は、内心では困りつつも「喜んで」と答えました。

「実は以前から五十嵐くんに感謝していてね」

話し出した教授は、五十嵐と美穂が仲良くしていることを指摘して笑顔を見せます。

教授は「美穂は事あるごとに君の話をしていてね」と言いました。

「五十嵐君は美穂のことをどう思っているのかな?」

五十嵐はその問いに迷う事なく「良い友達です」と答えます。

「それは結構。これからも美穂の奴をよろしく頼むよ」

教授はまた笑顔を見せると、会議のために失礼する、と声をかけて席を立ちました。

一人残った五十嵐は、美穂が家族の中で唯一慕っている二階堂教授について考えます。

にゃあ

二階堂教授と美穂。

となると気になってくるのが二階堂春馬の存在ですね。

この辺りは、過去の話を振り返っても気になる点が多いです。

「この野郎!五十嵐お前!」

そこに姿を見せたのは南でした。

南は、ここ最近の五十嵐が体調不良を理由に実習を欠席していた癖に、実際にはカフェで優雅に休憩していた事実を指摘して怒ります。

五十嵐は誤解を解こうと口を開きますが、南は聞き入れず「罰としてこれから一週間救急当直だ!」と決めてしまいます。

心音が響く

救急当直とは、夜間に待機して救急患者に対し処置を施す役割のことです。

深夜、ひとりソファに座る五十嵐はため息をつきます。

この雰囲気には前世で慣れっこになっているものの、誤解をされたことには納得がいきません。

ため息をつき天井を見上げる五十嵐。

そこにさっそく呼び出しの電話が入りました。

「急性胆嚢炎の患者が運ばれてきた。すぐに手術に入るから7番に走ってこい」

南の指示に、五十嵐は部屋を出ました。

途端に、心臓が破裂しそうな音を立てます。

五十嵐は、以前の記憶を引き起こすこの音を聞きたくなかったために、今まで手術から逃げていた自分を自覚します。

わん

外科での手術は、確かにすごく神経を使うでしょうし、あまり良い思い出があるとは思えませんよね。

そもそも良い思い出がないから、整形外科を目指すことにした五十嵐には苦痛の時間が待っているのは想像に難くないです。

「来たか。患者は麻酔中だ。手を洗ってこい」

南は、初めて手術に入る五十嵐に手の洗い方や術衣の着方を教えます。

気を抜いていた五十嵐は、南の指示よりも先に特殊なガウンを完璧に着てみせました。

それを見た南は「さては初めてじゃないな?」と睨みを利かせますが、今世の五十嵐には初めての手術です。

五十嵐は「はじめてです」と小声で言うと、自分の無意識の行動を恨みました。

スポンサーリンク



『リターン~ある外科医の逆襲~』36話の感想・考察

五十嵐の体調不良は続きます。

外科実習が嫌だという気持ちが、体調にも異変を起こしているのでしょうか?

二階堂教授の登場に、どうしても脳裏によぎるのは春馬の存在ですね。

あの意味深な質問以降、まだ登場してきていない春馬。

一体なにをしているのでしょうか?

それから二階堂教授の「これからも美穂の奴をよろしく頼むよ」も少し勘繰ってしまうところがあります。

何もないと良いのですが…。

そして、サボりを疑われてしまった五十嵐は救急当直に当たってしまいます。

その場での対応が要求されることの多いであろう救急は、普通の外科実習よりも大変そうですよね。

対応出来すぎてしまうのも考え物。

五十嵐はこのピンチをどう切り抜けていくのでしょうか?次回も注目です!

\他の話数のネタバレは⬇から見れます/
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
35話 36話 37話

スポンサーリンク