ニドメの共犯【8話 】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『ニドメの共犯』8話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
7話 8話 9話

\最新話はこちらから読めます!/

マンガMeeをダウンロード

☆ダウンロードは無料です☆

ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

心配してくれる理由

“もう あの家には帰りたくない”

「もう ずっとここにいればいいのに……」

神谷と紫妃の顔が近づいていきますが
“…流石にこれはダメや”
“するところだった…”

何やってるんだろうと二人はバッと離れました。

わん
キスしそうでしたが寸前でこれはダメと思い離れました。
まだ紫妃は離婚していないので良かったかなと思ってしまいます。

「……」
「隣で…見とった訳やないけど」

「さっき言っとったやろ?」
「なんで自分の事みたいに心配してくれるのって」

神谷は冷蔵庫を開け、ご飯の準備をしながら紫妃の事を心配する理由について話しはじめました。

「俺の 親も紫妃さんと同じやったんよ」

“え…”
紫妃は驚きます。

「びっくりした?」
「やけん はじめて見た時から ほっとけんかった」

「母さんの事は 助けられなかったけん」
神谷は背を向けて紫妃に言いました。

「神谷くんのお母さんは…」
紫妃はもしかしたらと思い、聞きますが

「……また 追々話しますね」
自分から話したのにすみませんと答えました。

にゃあ
確かにこの事は時間が経っても忘れられないですよね。
自分の母親を助けられなかったからこそほっとけないのはとても分かります。

「うん 待ってるね」
踏み込み過ぎちゃったかもと紫妃は申し訳ない気持ちになります。

確実に変わりはじめてる

神谷は手を叩いてその話から切り替えるようにして言いました。
「はいっ この話おわりっ 軽いけどご飯食べましょ」

紫妃はそんなにお腹空いてないと言いますが、神谷に勧められ食べ始めます。
「!」
「本当だ 落ち着くね」

「やろー?」

紫妃は、神谷の事を全部は言ってくれなかったけど、きっと私よりも辛い思いをしてきたんだろうな

“でも そんな過去を持ってたからこそあの時も 私をすくいあげようとしてくれたんだ”
と感じました。

「ありがとう…神谷くん」
紫妃は神谷に感謝の気持ちを伝えます。

「特に俺は何もしとらんけどね」

“神谷くんに出会って 私の人生は 確実に変わりはじめてる”
そう思う紫妃でした。

わん
さらっと人の為に助けてくれたり何か出来る人ってかっこいいですよね。
紫妃の人生が良い方向に変わって欲しいです。

すぐに見つけてあげるからな

神谷は紫妃にベッドを使っていいよと案内しました。

本当に良いの?と戸惑う紫妃ですが、いいよ、俺は何処でも寝れるから気にしないでと言う神谷。
「明日も学校やけん 7時には出るけど 部屋好きに使っていいけん」

紫妃はありがとうと言います。

お互いまた明日と言い就寝につきました。

“はじめて 早く明日が来ればいいのにって思った”
紫妃は寝ながらこの様に思いました。

にゃあ
いつもは時間に追われて完璧に家事などもしないといけなかったりとかなり窮屈な生活を送っていたのだなと感じてしまいます。

「オイ……っ」
目覚ましが鳴って、薫は隣に紫妃がいると思い起こそうとしますがいません。

「……ふ」
突然薫は豹変して笑い始めました。

「逃げた… は?俺から?」
ふらふらと玄関に向かって歩きながら

“逃げられると思うなよ”
「すぐに見つけてあげるからな 紫妃……!!」
置いていった紫妃の指輪を自分の薬指にはめながら言うのでした。

スポンサーリンク



『ニドメの共犯』8話の感想・考察

今回は神谷の過去が明らかになりましたね。
神谷の母親も父親から同じ様に暴力を受けていて助けることが出来ませんでした。

詳しくは話していないですが、これから進むと細かいこともわかってくるのかなと思います。

しかし、ご飯をパッと作ってくれたりベッドを貸してくれたりと、神谷はとても優しくて親切だなと感じました。

だからこそ紫妃が早く明日が来て欲しいと思っていたのかなと想像してしまいます。

場面は変わって薫は朝起きて紫妃が出ていったことに気づきましたね。
豹変する様子がとても怖かったです。

目覚ましを止めてオイって言ってる様子からいつも紫妃に命令しっぱなしだったのかなと感じてしまいました。

次は、薫がきっと紫妃を探しに行くと思いますが、薫ならGPSなどをつけていそうですぐ見つかってしまうのでは…と心配になってしまいます。

\最新話はこちらから読めます!/

マンガMeeをダウンロード

☆ダウンロードは無料です☆

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
7話 8話 9話

スポンサーリンク