ニドメの共犯【20話 】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『ニドメの共犯』20話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
19話 20話 21話

\最新話はこちらから読めます!/

マンガMeeをダウンロード

☆ダウンロードは無料です☆

ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『ニドメの共犯』20話のネタバレ

スポンサーリンク



どうか探さないでください

神谷はコンビニでご飯を買いホテルに戻ってきましまた。
「紫妃さん 俺です 神谷だけど」
「…?」

扉の向こうから何も反応が無いことに違和感を覚えた神谷はドアノブを回します。

“もしかしてアイツが来て…!? うそやろ何でカギ開いて”

「紫妃さん!?」と叫び中に入ると誰もいませんでした。

“居らん!?何処に”そう思った神谷は紫妃の携帯に電話をかけますが…いくら着信がなっても応答しません。

「チッ」
神谷はとりあえず藤岡さんに連絡をしようと思うと紫妃からのメモを見つけました。

そこには
“何も言わずに出て行ってごめんね。
元の生活に戻ります。
どうか探さないでください。
ありがとう。篝”
と書いてあり、その横にはホテルの鍵がありました。

わん
神谷の性格から自分のせいで…と思ってしまいそうです。
きっと探すのかなと考えてしまいますね。

今すぐ行かなきゃ

「……」神谷はそれを見つめていると
「紫妃ちゃんいる!?」と藤岡がドアを思いっきり開け入ってきました。

「……帰った」

神谷の返事に対して「どうりで!!さっき運転中に紫妃ちゃん見たのよ 大変だわ どこに行ったのかしら…」と藤岡は言うと

「…え 帰った…?」と藤岡は疑問に思い神谷に聞きます。

「元の生活に戻るって」
「コンビニから帰ったら 居らんくなってて手紙が置いてあったんよ…」

そう言いながら神谷はホテルを出る前に紫妃に言われたことを思い出します。

“紫妃さん あの時何か言葉を飲み込んだ顔しとった それなのに何で俺は”
「藤岡さん」

“俺が一人になんてしたけん”神谷はものすごい形相で「紫妃さんの家ってどこ」と聞きます。

「……っ」その表情に思わずゾクッとしてしまう藤岡。

にゃあ
いつもと違う神谷の表情に藤岡は驚いていましたね。
しかし藤岡も紫妃の家の場所まではわからないのではと思ってしまいます…。

「今すぐ行かなきゃ 紫妃さんか危ない…」

旦那を殺す隙

翌日、雨が振る中朝6時の目覚ましがなります。
パッと起きて目覚ましを止める紫妃。

「……」紫妃は隣に寝ている薫を見て“今なら 殺せる…?”そう思いますが

“でも 用心深い旦那(この人)の事だし 狸寝入りの可能性もある… きっとチャンスは一度きり 慎重にいかなきゃ”とこの日はそのままいつもの朝支度を始めるのでした。

エプロンをつける紫妃ですが、その足元には足枷が…

“朝6時 戦いがはじまる 1秒でも 1℃でも 1cmでも 間違えてはいけないこの世界で私は”

“旦那(この人)を殺す隙を狙っている”

「飯は」薫が起きて紫妃に聞きます。

「おはよう 丁度できましたよ」ニコッと笑って言う紫妃に「おう やっぱり紫妃の飯があるといいなぁ」と顔は言いました。

二人は向かい合って食事をします。

わん
1話と全くシチュエーションが同じですが、足枷がつけられてしまいました…。
後は、殺そうと言う気持ちが紫妃の中で芽生えるようになりましたね。
“ただ どうやって殺そう…?”
足枷をつけられている紫妃は朝食を食べながら考えるのでした。

スポンサーリンク



『ニドメの共犯』20話の感想・考察

前回紫妃がナイフを持って帰った時はそのまま薫を刺してしまうのかと思いましたがそうではなかったですね。

もしかしたら見つかってしまい、足枷をつけられることになったのでしょうか…。あの器具がつけられていると殺そうにも殺せないですよね…。

一方神谷はホテルに戻りましたが、紫妃がおらず家に帰った事を知りました。
紫妃の事を見かけたという藤岡に自宅の場所を聞きますが…一体居場所は分かるのでしょうか。

これからどの様に話が進んでいくのかなかなか分かりませんね。怖さもありながらドキドキしてしまいます。

\最新話はこちらから読めます!/

マンガMeeをダウンロード

☆ダウンロードは無料です☆

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
19話 20話 21話

スポンサーリンク