にぶんのいち夫婦【50話 】最新話のネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『にぶんのいち夫婦』50話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

冴えない顔色

“和真と別居して3日か いろいろあったから長く感じるな”

文は朝風呂に入りそう考えていました。
髪を乾かしていると

「あれ?仕事はどうしたの?」
と文の母が聞きます。

今日は休みで夕方からは友達の家で食事会と答えました。

文の母は「あんまり遅くならないようにね」と言い家を出ていきました。

文は自分の顔色を見て“冴えない顔色”と思います。
そして今日のメイクはファンデーション濃いめで口紅はベージュにしようかなと考えメイクをし始めました。

わん
色んな事があって文は辛いですよね…。
今回の食事会は純粋に友達と楽しんで欲しいと思ってしまいます。

友達との食事会

文は優香の家に来ます。

「文ちゃんいらっしゃい」

「お邪魔します」
「優香 体は大丈夫?」と文は聞きます。

「安定期に入ったしつわりもないから どっちかと言えば体重増加が怖いかな」
と笑顔で答える優香。

ケーキを買ってちゃったと言う文に優香は少しは美味しいもの食べないとね、と笑って言います。

その様子を見て“優香 随分明るくなったな”と感じました。
「佳樹さんは?」

「実家に帰ってもらってる 家にいても邪魔だもん 今日は気兼ねしなくていいよ」と答える優香に

“それに強くなった 子供が産まれたら佳樹さんを尻に敷くかも”と文は思いました。

にゃあ
強くなった優香がとても生き生きとしていましたね。
夫を尻に敷く優香を見るのか楽しみです。

文がリビングに入ると子供たちの走っている音、叫び声が聞こえてきます。

「あんたたち!いい加減にしなさい!」と言う菜摘。

ごめん遅くなってと言う文に香住は、私たちもさっき来たんだよと言います。
多恵は文にこれ運んでと料理を渡しました。

子供たちはテレビに夢中で大人同士で食事をしていると
「で あいつらはどうなったの?」
と菜摘は聞きました。

「樋口くんの知り合いから被害届け出されて さやかと健くんは留置所に勾留されたまま」
続けて起訴されるかもしれないと文は答えました。

すると多恵が保釈金を払えば在宅での取り調べになるんでしょと言います。

二人とも親は当てにならないから保釈金払えるのかなと心配する香住。
さやかの実家はシングルマザーで健の家は両親がいなくて祖母に育てられていました。

「…二人とも苦労して来たんだね」と言う優香に対して菜摘はだからって同情は出来ないけどねと言いました。

「でも さやかちゃんどうなるのかな」

「示談が難しければ起訴になるだろうね」
と多恵は言い、

「起訴されたら有罪だけど執行猶予はつくかもね」と香澄も言いました。

前科がつくかもしれないのねと優香は暗い顔をします。

多恵はそれだけの事をしたのよ、仕方ないわと言いました。

文は終始暗い顔をして俯いていました。

子供達はまだテレビに夢中です。

わん
子供と大人達の温度差が凄いなと感じてしまいました。
この話は文にとっては辛いですよね。

それぞれの目指すべき未来

「文、香住 悪いけどあとお願いね」
「優香お邪魔しました!」
子供がいる菜摘と多恵は、後片付けをお願いして先に帰りました。

「またね 旦那さんにもよろしく」と優香は手を振ります。

子供達も「バイバーイ」と手を振り帰って行きました。

「文 ごめんね」
香住は文と二人で洗い物をしながら謝ります。

「健くんのこと?香住が謝ることじゃ…」

「それもだけど…前の飲み会の時に 気になることがあるって言ったでしょう?」

「…ああ」
文はその時の事を思い出します。

「健と和真さんってさ仲良かったっけ?」

「えっ?」
「健くんの話を和真から聞いたことはないけど」

「……そうだよね ごめん変なこと聞いて」

この会話を思い出し、やっぱり香住はあの時何かに気づいてたんだ、という事を知りました。

香住は、健が浮気相手の女の所から帰ってきた時に荷物を整理してたら高そうな時計や財布が入っていた事を不思議に思い健とスマホを探りました。

すると色んな画像が出てきてその中に和真とさやかの写真も出てきます。

その画像を自分のスマホに転送はしたけれど、二人のやっている事を知ったら二人の関係性や未来も自分の手で終わらせないといけなくなるから怖くてずっと聞けなかったと文に言いました。

そして涙を流して言いました。
「文から電話をもらって二人のやったことを聞くまでは 知らんぷりしようかと……」

「私も共犯だよね……本当にごめんなさい」

「……もういいよ 香住が辛かったのは分かってる」
文はそう言い現在の健との関係性を聞きました。

「……別れたよ 留置所を出ても会わない さやかとも絶縁する」
「大丈夫 私には文も菜摘も多恵も優香もいるし」
それに最近気になる人がいると香住は言いました。

「えっ そうなの!?」
文は驚きます。

「いい人代表みたいなやつでただの同僚と思ってたんだけど…」

「相談してるうちに頼りになるって思えてきて…そしたら付き合って欲しいって言われてグラついてるんだ」
恥ずかしそうに香住は言いました。

にゃあ
香住はこれからに向かって前に進み始めているのかなと感じました。
同僚と言う事でよく知っている人なのでとても良いですね。

「いいじゃん 付き合っちゃいなよ」

「香住ちゃんは昔っから彼氏の世話ばかり焼いてきたんだもの」
「今度は甘えられる人と付き合った方がいいよ」
優香が二人の話に飛び込んできました。

そして同じ会社の人なら人柄も分かってるし収入も問題ないから絶対良いよと薦めます。

文も信頼できる人になら自然に甘えられるよと香住に言います。

「優香と文が薦めるなら考えなくもないけど」

優香は笑顔で「今度紹介してね!」と言いました。

香住は気が早いなと思いながらも「本当に付き合ったらね」と言い、文にも聞きます。
「で 文は?」

「え?」

「まだ和真さんのところに帰らないの?」

心配そうに二人が見つめる中、文はもう少し考えたいからと言います。

「考えるって何を?」

「……」
“私が欲しい答え…私が目指すべきなのはどんな未来なんだろう 考えれば考えるほど分からなくなる”

文が黙り込むと香住と優香は言いました。

「和真さんは隠しごとをしたし嘘もついたけど それは文を守りたかったからでしょ?」

「和真さんは文ちゃんが大好きなんだよ ずっとうやらましいって思ってたもん!」

その言葉に「……ありがとう」と文は言います。

“彼を好きな気持ちは変わらないし前みたいに楽しく暮らしたい”
“でも 割り切れない何かがブレーキをかける”

“そのブレーキの外し方がわからない……”
文は目をつぶって考えるのでした。

スポンサーリンク



『にぶんのいち夫婦』50話の感想・考察

今回は文サイドのお話ですね。

文たちは優香の家で食事会をしました。
文、優香、香住、菜摘、多恵のいつものメンバーでこの日は子供たちもいますがさやかはいません。

子供たちが遊んでいて大人だけで食事になった時に二人の話になりました。
やはり文に対してした事がかなり酷いので事もかなり大きくなっていますね…。

文の表情が俯いているのが気になりました。

食事会が終わり、片付けの時に話していましたが香住は以前から違和感に気付いていたのですね。

確かに自分が言う一言でその人のこれからが決まってしまうかもしれないとなったら躊躇してしまう気持ちも分かります。

しかし香住にも新たに気になる人が出来て良かったなと思いました。

最後、文の気持ちにまだ和真がいることに良かったと思うと同時に、これからどの様に今引っかかっているブレーキを外していくのかがとても気になります。

何が文にとって大きなきっかけとなるか楽しみですね。

スポンサーリンク



『にぶんのいち夫婦』無料で読む方法はあるか調べてみた

漫画を無料で読む方法は

電子書籍系の月額サービスに

無料おためし登録をすることで可能

無料で読む流れは以下の通りです。

  1. 無料おためし登録をする
  2. 貰ったポイントと読みたい漫画を交換する
  3. 他のサービスも無料なので使ってみる
  4. 無料期間中に解約する

あと問題になるのが、読みたい作品が配信されているのかどうかです。

配信状況を確認しましたので、以下の表をご確認ください。

配信サービス 配信状況

31日間無料トライアルあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる!

雑誌や動画にも強いオールジャンルOK!

月額2,189円(税抜)

2週間無料おためしあり!漫画約1冊~2冊無料!最大900円分のポイントがもらえる

月額976円(税込)

30日間無料おためしあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる

音楽も聴き放題

月額1,958円(税込)

コミック.jp
30日間無料お試しあり!
漫画約2冊無料!1,000円分のポイントがもらえる!月額550円,1100円,2200円(税込)

 

ここまで紹介したサービスをご利用になったことがある!という方は再度無料おためし登録は各社できない仕組みとなっています。

そんな方は月額料金のかからない電子書籍サービスの利用をおすすめします。

半額クーポンを発行しているサービスがほとんどですし、月額の料金がかかるわけでもないので安心してご利用いただけるはずです。

 

配信サービス 配信状況
会員登録無料
最大50%ポイント還元あり!無料まんが3000作品以上

会員登録無料最大12冊半額で購入できる!

無料まんが9000作品以上