レディービースト【72話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『レディービースト』72話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
71話 72 73話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

目覚めたエリサ

鳥のさえずりが聞こえる中、目覚めたエリサがベッドにいるところから72話がスタートします。

 

エリサは、自分の体に戻った事となぜ戻れたのか、と変な気分になりながらも安堵しています。

まだ自分自身の体に戻れたことを実感できていないけど・・・と自身の手を見つめながらぎゅっと握りしめるました。

 

すると、コンコンっと部屋を叩く音にエリサが「どうぞ!」と答えると、そこに朝食を持ったジンジャーが現れたのです。

「体調はどうだ?」と彼女の様子を心配しながら、朝食を摂ってないことを気にしている様子のジンジャー。

 

エリサが、ぐっすり寝て起きたので楽になった・・・食事ももう少ししたら食べようと思っていたと伝えるのです。

 

しかし、どうやらジンジャーはエリサの食事を食べさせるつもりでいる様子!

彼に自分で食べられる・・・と伝えるものの「俺がしたくてしている、黙って食ってくれてもいいじゃない?」と言い張るジンジャーに、分かりました、と答え受け入れるエリサ。

わん
まさかのジンジャーの登場だけでなく、食事を食べさせられるの?と驚くエリサが可愛かったです!
そして、有無を言わせないジンジャー・・・心配なんだよね!って言いたくなります。

最後の一口まで食べさせられて、恥ずかしくて死にそうな気持ちだけど・・・いやじゃなかった、とエリサが感じます。

にゃあ
可愛い!とにかくエリサが素直すぎて・・・可愛いです!

ジンジャーからの謝罪・・・

エリサの食事が終わると、何かありましたら、お呼びください・・・とメイドが食器を持って下がりました。

 

すると、ジンジャーがエリサに話があると言って話しかけます。

彼は、本当は目覚めてすぐにでも言おうとしたのだが・・・「君に心配かけるようなことは、これからはない。全部片付けてきた」と謝りたかった気持ちを伝えました。

 

さらに、もうひとつ・・・と言ってから、君の気持ちを知らないふりして、すまなかったとも謝ります。

 

からかうつもりじゃなくて、自分は・・・と彼が言葉に詰まると、エリサは彼の手に触れながら優しく「あなた」と呼びます。

にゃあ
ジンジャーが、自分の思いをどう伝えたらいいのか、と悩んでるのが伝わってきました。
わん
謝ってきた彼に、そして言葉に詰まっている彼の手にそっと触れるエリサ。
本当に彼への想いが伝わってきました!

そして、私はそのことよりも、あなたに告白すれできないことが悲しかったの・・・と伝えました。

エリサの真っ直ぐな告白!

ジンジャーに謝罪され、自分が怒っていたことよりも悲しい気持ちだったことを伝えたエリサ。

 

そして、彼女は深呼吸をすると、彼の方をジッと見つめて「あなた、私はあなたが好きです」と改めて、ジンジャーに告白をするのです。

 

エリサからの告白にドキッとしながらも、言葉に詰まるジンジャー。

なぜ彼女は、いつもそんな風に・・・澄んだ青い瞳で真っ直ぐに俺を見つめるのだろうか、と感じます。

わん
真っ直ぐな瞳で、ストレートに自分の気持ちを伝えるエリサに、心動かされているジンジャー!
だけど・・・どう答えたらいいのか、とまだ悩んでいるのがわかります。

エリサに見つめられると、今まで自分が生きてきた人生を否定したくなる、人の本心など信じない!と大勢の人間の心を踏み潰してきた俺が・・・彼女を傷つけないことは出来るのか?とジンジャーは考えます。

 

そんな彼に、彼女は以前にした、自分の望みを聞いてくるという約束を覚えていますか?と聞きます。

「ああ」と彼が答えると、今言ってもいいですか?と笑顔で確認してから、「あなたのことを好きでいさせてください」と伝えるのでした。

にゃあ
お願いが可愛いすぎる!と感じずにはいられませんでした。
そして、きっと彼女には彼の存在がとてもつなく大きくなっているのだろうと感じました。

今後の2人のために・・・

彼女の望みを静かに聞くジンジャーの手を両手で握りしめて、話を続けるエリサ。

 

そして彼女は、自分は今まで人生で何かを望んだことがなかった・・・耐えて自分を取り巻く不幸がなくなるのを祈るのに必死だったと話します。

 

だけど、ジンジャーとの出会いで初めて欲を出したと伝えるのです。

「どうゆう意味だ?」と聞く彼に、これからもあなたに迷惑をかける・・・という話です。

 

でも、ジンジャーにも自分と同じ気持ちになってもらえるよう、努力するつもりだと伝えるエリサ。

ジンジーは、彼女はどこから告白する勇気を出しているのだろう・・・と感じながら、俺をどうさせるのか期待しているぞ、と答えるのでした。

わん
ただ好きでいるだけなく、努力すると言うエリサの前向きなところが素敵だなと思います。
そして彼も彼女の言葉に救われているのを感じました!

そして、君の勇気に遠慮なく期待しながら、俺にもう少し時間をくれ・・・ちゃんと告白できる時まで、と心の中で呟きながら彼女にキスをします。

にゃあ
ジンジャー、頑張れー!って応援したくなります!
彼も自分の気持ちを認めてるけど、伝えることができてないってことだよね?
今後彼の態度がどう変化するのか、気になります。

スポンサーリンク



『レディービースト』72話の感想・考察

ジンジャーがエリサに食事をあげるところは、照れる彼女が可愛かったですね!

 

そして彼に謝れると、彼女は自分の素直な気持ちを伝えることができましたね!

優しい笑顔で頬を赤らめながらも伝えるエリサに、応えたい気持ちとまだ準備ができていない様子のジンジャーでした。

 

彼も確実に彼女への感情が感じているが・・・今までの過去を振り返ると彼女を幸せにできるのか?と感じているように思います。

 

エリサも彼に答えを求めるのではなく、この気持ちをずっと大切にしたい・・・という言葉が、彼の心により届いたのではないでしょうか。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
71話 72話 73話

スポンサーリンク