空母いぶきグレートゲーム【35話】最新話のネタバレと感想!

この記事では『空母いぶきグレートゲーム』35ネタバレ感想をお伝えしていきます。

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
34話へ 35話 36話へ
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。
空母いぶきGREAT GAME」が1冊無料で読めます!
☆31日以内の解約は無料です☆

闇夜の日本海

40発のミサイルを迎撃されたロシア艦隊の次の手は、「まや」と「くまの」に対してECM(電波妨害)を展開します。

敵の位置を把握するレーダの機能は大幅にダウン。

CICの大画面はホワイトアウトに陥ります。

ロシアに対してECMをやりかえす「まや」。

これで両軍とも電子の視界を奪われた格好になりました。

ここからは目視による監視員、ウオッチが勝負になると判断した海老名艦長は、甲板での目視を命令。

闇夜の向こうにはロシア艦隊が接近。

しかも4対2という不利な展開で、「まや」と「くまの」は対峙します。

わん

ECMとは“Electronic Counter Measures”の略で、電子装置を妨害する手段。

まさに「目には目を」という戦いです。

責任の所在

第5護衛隊群の旗艦:空母「いぶき」では、この情報をモニターで観戦。

しかし敵のECMにより、先行する2艦とは連絡が取れず。

最大の武器ともいえる情報共有が取れなくなったのです。

こここら先は、ロシア艦とのスペックと乗員の技量勝負。

前線ではロシアウラジオ艦隊の1、2番艦の主砲が「くまの」の方角に向いています。

「くまの」の運動性に自信を持つ大竹艦長は、マニュアルで射撃では「くまの」に命中できないと確信。

ウラジオ艦隊の先頭艦を抑えようと動きます。

わん
ロシアは日露戦争で日本の連合艦隊が勝利した「丁字戦法」の布陣を取ろうとします。
にゃあ

なるほど!

「くまの」はウラジオ1番艦の頭を押さえて

ロシアを「丁」の文字の横棒にさせないよう防ぐつもりですね。

砲撃許可を求める海老名艦長。

しかし蕪木艦長は迷うなと命令。

砲撃の全責任は、作戦立案者の自分にあると断言して、「くまの」を守れと指示を下すのでした。

これはリアルな戦闘である

ウラジオ1番艦に主砲を放つ「まや」。

その2発目が敵の主砲付近に着弾して爆発が起き上がります。

海老名艦長の腕前に感心する大竹艦長。

今度は敵2番艦が「くまの」に接近をしてきます。

その2番艦主砲を攻撃目標として砲戦に入る「くまの」。

初弾は敵艦前方30m手前に着水してハズレ。

2発目は見事に命中。

しかしながら、その着弾地点は敵の主砲にではありませんでした。

ブリッジである艦橋に直撃してしまったのです。

敵に相当な人的損耗が出ていることは容易に想像できますが、相手も「くまの」を沈めようと撃ってきました。

これは戦闘だと気持ちを切り替える大竹艦長。

感傷に浸る間もなく、今度は敵の3番艦が後方に接近してくるのでした。

にゃあ

望まぬ戦闘に、望まぬ着弾位置。

予想外の敵の被害に大竹艦長も少々狼狽えている感じです。

『空母いぶきGREAT GAME』35話の感想・考察

これまでのロシアとの戦いは、無人戦闘機にドローンなど、いわゆる人の顔が見えない攻撃が多々ありました。

今回はレーダーで目が奪われた状況下で、オートでない人の手による砲撃戦が描かれました。

技能勝負となれば主砲を命中させた第5護衛隊群の勝ちということですが、ことは単純にはいきません。

まさかのブリッジ命中と想定外の事態。

訓練された隊員ですら、漆黒の闇の中を動くターゲットに対してピンポイントで当てることは、相当に困難なようです。

さすがに神妙な面持ちとなった大竹艦長。

少々ヤンチャな面がありますが、それを姉御役の海老名艦長がフォローする、

そんなコンビのような活躍ぶりでした。

そして蕪木艦長。

全責任は自分にあると、島耕作ばりの上司ぶり。

部下にとっては頼もしい限りでしょう。

戦局としては2艦の攻撃を奪った第5護衛隊群ですが、ロシアはカムチャッカから出港分も含めて全8艦を出撃させています。

従って数的優位は変わらないことから、まだまだロシアの攻撃は続きそうです。

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
34話へ 35話 36話へ

空母いぶきGREAT GAME』無料で読む方法はあるか調べてみた

漫画を無料で読む方法は

電子書籍系の月額サービスに

無料おためし登録をすることで可能

無料で読む流れは以下の通りです。

  1. 無料おためし登録をする
  2. 貰ったポイントと読みたい漫画を交換する
  3. 他のサービスも無料なので使ってみる
  4. 無料期間中に解約する

あと問題になるのが、読みたい作品が配信されているのかどうかです。

配信状況を確認しましたので、以下の表をご確認ください。

配信サービス 配信状況

31日間無料トライアルあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる!

雑誌や動画にも強いオールジャンルOK!

月額2,189円(税込)

2週間無料おためしあり!

漫画約1冊~2冊無料!

最大900円分のポイントがもらえる!

月額976円(税込)

30日間無料おためしあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる

音楽も聴き放題

月額1,958円(税込)

コミック.jp

30日間無料おためしあり!

漫画約2冊無料!1000円分のポイントがもらえる

月額550円,1100円,2200円(税込)

 

ここまで紹介したサービスをご利用になったことがある!という方は再度無料おためし登録は各社できない仕組みとなっています。

そんな方は月額料金のかからない電子書籍サービスの利用をおすすめします。

半額クーポンを発行しているサービスがほとんどですし、月額の料金がかかるわけでもないので安心してご利用いただけるはずです。

 

配信サービス 配信状況

会員登録無料

最大50%ポイント還元あり!

無料マンガ3000作品以上!

会員登録無料

最大12冊半額で購入できる!

無料マンガ9000作品以上!