ケンガンオメガ【95話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『ケンガンオメガ』95話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

 前話 次話 ⇨
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『ケンガンオメガ』95話のネタバレ

スポンサーリンク



始まりの呉

95話の冒頭は、推定5000年前の中国大陸から始まります。

突然地のそこから湧き上がってきたかのように、「それ」は突然現れました。

人も獣も鬼も神もすべてを殺し、「それ」は殺戮の限りを尽くしました。

おびただしい返り血を浴びて「それ」の目はいつしか黒く染まっていたといいます。

「それ」の名は呉黒。始まりの呉でした。

わん

殺戮の限りを尽くす始まりの呉…恐ろしいです。

呉氏や呉一族の目が黒いのは、こういう由来があったのですね。

リングの上で対峙する雷庵とアラン。

「俺の下を離れて1300年。親の顔を忘れちまったみてえだなァ。」

アランの言葉に雷庵はわけがわからないという反応です。

読唇でその会話を読んでいた王馬が、内容を皆に伝えました。

1300年は何かのたとえなのか、名前や見た目からして二人には何か関係があるのか。

雷庵を心配する山下に、王馬は心配ないと言います。

体が治ってからの1年、王馬と雷庵は毎日のように戦い、勝ち越しているのは雷庵でした。

数字だけみればあいつは俺より強い、と王馬は保証します。

しかしそこに護衛者の二階堂蓮が現れ、「呉氏を甘く見るな」と釘を刺します。

片原滅堂の命によってやってきた二階堂は、呉氏の秘密について語り始めました。

呉の秘術「回生」

片原滅堂たちも、その話秘密を呉星によって知らされていました。

およそ1300年前、一族は3つにわかれました。

中国に留まった「呉氏」、日本へ流れた「呉一族」、西洋へ進出した「征西派」です。

まだ一族が分かれる前から、宗家にのみ伝えられてきたある技法がありました。

その名を「回生」、日本語で「生き返り」を意味する言葉です。

一族が3つに分かれたとき、呉氏と呉一族はその術を封印しました。

今も術を引き継ぐのは、エドワード率いる征西派のみだそうです。

回生とは、語り部はとそれを受ける「繋ぎ手」の二人が必要な術でした。

語り部は繋ぎ手に自分の半生を語ることを、死亡するまで数十年かけて継続します。

その結果、死亡したときに語り部の魂が繋ぎ手に宿るという術だそうです。

そしてアラン・呉に宿っているのは5000年前の呉黒、最初の呉だというのでした。

にゃあ

やはり呉氏と呉一族、征西派は元々一つの一族でした。

呉黒がアランに宿っていたとは驚きです!

それで1300年前に俺のもとを離れた…というセリフが出るのですね。

 

真の鬼魂

アランの体には血管が浮き上がり、筋肉は異常なほど膨張していました。

呉星は、「呂天でさえ還元な鬼魂を習得できなかったが、これが真の鬼魂」だと語ります。

寒冷地方に移っていった征西派は、より大きな体に進化を遂げていました。

雷庵は呉一族の中では大柄ですが、それでも呉氏の平均を下回っています。

レフェリーが開始を宣言するよりも早く、アランは雷庵に飛び掛かりました。

すさまじい勢いに雷庵は後方へ飛ばされますが、体制を立て直します。

鬼魂により身体能力を解放されたアランは、大きな体とは思えない俊敏な動きでした。

レフェリーの制止も気にせずに戦い始める二人。

アランは「どうした?お前も『外せ』よ。」と雷庵を煽ります。

雷庵は(いいじゃねえか。中々いい玩具だ。)と口元に笑みを浮かべていました。

しかし次の瞬間、雷庵に異変が起こります。

気が抜けたような表情で動きを止め、誰の言葉も耳に届いていない様子の雷庵。

「雷庵君!?しっかりするんだ雷庵君!!?」

大きく映し出された雷庵の瞳には、二人の人影がありました。

わん

呂天の鬼魂もすさまじかったですが、アランはその上を行きますね。

それにしても雷庵はどうしてしまったのでしょうか?

最後の二人は一体…?

 

スポンサーリンク



『ケンガンオメガ』無料で読む方法はあるか調べてみた

漫画を無料で読む方法は

電子書籍系の月額サービスに

無料おためし登録をすることで可能

無料で読む流れは以下の通りです。

  1. 無料おためし登録をする
  2. 貰ったポイントと読みたい漫画を交換する
  3. 他のサービスも無料なので使ってみる
  4. 無料期間中に解約する

あと問題になるのが、読みたい作品が配信されているのかどうかです。

配信状況を確認しましたので、以下の表をご確認ください。

配信サービス 配信状況

31日間無料トライアルあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる!

雑誌や動画にも強いオールジャンルOK!

月額1,990円(税抜)

2週間無料おためしあり!漫画約1冊~2冊無料!最大900円分のポイントがもらえる

月額888円(税抜)

30日間無料おためしあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる

音楽も聴き放題

月額1,958円(税込)

コミック.jp
30日間無料お試しあり!
漫画約2冊無料!1,000円分のポイントがもらえる!月額500円,1000円,2000円(税抜)

 

ここまで紹介したサービスをご利用になったことがある!という方は再度無料おためし登録は各社できない仕組みとなっています。

そんな方は月額料金のかからない電子書籍サービスの利用をおすすめします。

半額クーポンを発行しているサービスがほとんどですし、月額の料金がかかるわけでもないので安心してご利用いただけるはずです。

配信サービス 配信状況
会員登録無料
最大50%ポイント還元あり!無料まんが3000作品以上

会員登録無料最大12冊半額で購入できる!

無料まんが9000作品以上

『ケンガンオメガ』95話の感想・考察

呉一族の成り立ちと歴史がわかる、興味深い回でした。

5000年前の始まりの呉、冒頭からホラー感満載で引き込まれます。

それにしても鬼魂といい回生といい、呉一族はとことん人外ですね…。

普通だったらそんな呉一族の雷庵が負けることは想像しにくいのですが、相手も同じ呉。

どんな展開になるのかわくわくがとまりません。

その中で、「鬼魂」と「外し」の戦いが始まるだろうという予想を外して、雷庵に起こった異変。

同じ呉の魂に共鳴してしまったとか、それとも何かの術の影響なのでしょうか!?

二人の人影に釘付けになってしまったようにも見えますが…。

次回も楽しみです!

 前話 次話 ⇨

スポンサーリンク