ケンガンオメガ【9話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『ケンガンオメガ』9話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

 前話 今回 次話 ⇨
8話 9話 10話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

勉強会

龍鬼と黒狼の仕合から一夜明け、場所は山下商事。
「本日は拳願仕合のシステムについて説明します。」
秋山がホワイトボードの前で講師役、光我は明らかに興味なさげな表情。
小学校5年以来まともに学校に行ってないことを理由に乗り気ではないようです。
そして乗り気ではない理由がもう一つ・・・
龍鬼は光我とは打って変わって積極的に授業を受ける準備万端。
わん
相変わらずの凸凹コンビですね。
なんだかんだ相性良さそうに見えてきます。
龍鬼と黒狼の仕合を見てからというもの、二人との力の差を痛感した光我は焦っていました。
そもそもこの勉強会を指示したのは山下であると説明する秋山。
「”本気で闘技者を目指すなら、拳願会について知っておいて損はない”と仰っていました。」
ブツブツ愚痴りながら席に着く光我。
「そういえば社長は?俺が起きたらもう出掛けてたんで会社に来てるもんだと・・・」
急な出張で何日か会社を空けること、行先は秋山自体にも知らされていないことを説明されます。
さてその山下ですが、場面は変わりとあるヘリポート。
降りてきたのは拳願会会長 乃木、秘書の君島、そして山下の3人でした。
3人がヘリでやってきたのは裏格闘技団体「煉獄」代表の豊田 出光の邸宅です。
来週開かれる会議前の招集に不安な胸中の君島。

山下商事とは・・・

再び山下商事。秋山は二人に質問します。
「山下商事は、どのような仕事を行っていると思いますか?」
しばらく考えた後に「・・・メガネ販売?」と光我。
『違います。』と突っ込む秋山に違うことに意外な反応の龍鬼。
わん
二人とも格闘技以外からっきしですね・・・
ちゃんと考えてしっかり間違うところがウケます(笑)
秋山から説明された山下商事の概要は次の通り。
山下商事は闘技者の紹介窓口を行っているとのこと。
元々、闘技者はそれぞれの企業によって直接雇用されることが一般的でした。
ところが二年前に新たな拳願会会長が就任した際にある新ルールが追加されたことにより、システムに変化が生じます。
その新ルールとは「闘技者を死なせた企業には、最長一年間の拳願仕合禁止」。
これにより企業側は闘技者に無理な連戦を強いることが難しくなりました。
そこで拳願会は、単発~短期契約が可能な闘技者派遣部門、山下商事を設立。
その為、大半の企業が常駐競技者を1~2名となっており、現在山下商事に登録するフリー闘技者は500名余となっています。
また、企業が新たに闘技者を直接雇用することは禁じられており、雇用には必ず山下商事を通すことになります。
「雇いたい奴がいたら、一旦、山下商事に登録しないといけねえってことか。何でそんな面倒なことを・・・?」
光我が質問しますが、秋山にも登録制の経緯までは説明されていないようです。
聞いているのか聞いていないのか、のけ反ったまま何やら思案する龍鬼。
”「死なせたら」罰則・・・かあ・・・何かひっかかるなあ。”
にゃあ
以前山下が簡単に説明した「人材派遣会社」とは、拳願仕合の闘技者派遣のことだったのですね。
仲介に入ることによって契約金がらみの不正防止にも繋がっているようです。

訪問客

ドアが開き、男が二名入ってきます。

秋山に挨拶を交わすその男たちは、前話で龍鬼と黒狼の仕合を見ていた氷室と金田でした。

氷室は21勝全勝、金田は12戦の経験と二人とも拳願仕合のベテラン、その二人に闘技者の心構えを教えてもらうために呼んだのだと秋山。

龍鬼に目をやり早速話し始める氷室。

『デビュー戦で黒狼に完勝・・・大したもんだよ。』

「・・・ケッ。上からモノ言いやがって。」

龍鬼を褒める発言に何やら面白くない様子の光我。

しかし次の瞬間氷室の右裏拳が炸裂、吹っ飛ぶ光我。

『黙ってろ。俺は、臥王と話してんだ。』

わん
確かに光我の態度はよくありませんが、それにしても容赦ない対応。
先輩の威厳バリバリですね。
これに座っていた机、椅子を蹴り上げて代わりに氷室に反撃する龍鬼。
蹴り上げた机は囮で黒狼を倒した「地伏龍」をいきなり放ちます。
しかし放たれた右拳は氷室の左手一本に止められ、右の手刀が龍鬼の首に寸止めで掛けられています。
『無駄だ。臥王流は拳願仕合では通用しねえ。』
にゃあ
黒狼を倒した「地伏龍」がこんなにも簡単に防がれるとは。
21戦全勝は伊達ではないようですね。
そして続けざまに氷室は昨日の仕合についてある質問を投げかけます。
『決着後に黒狼を殺そうとしたのは何故だ?』
この質問に驚きを隠せない秋山と光我。
『答えは慎重に選べよ。この距離でも、俺は”殺れるぜ”。』
龍鬼の首に掛けられた手刀に力が入ります。

スポンサーリンク



『ケンガンオメガ』9話の感想・考察

今回は山下商事の知られざる組織概要が語られる回となりました。

以前、拳願会会長の乃木と山下の会話で、山下のまるで上司に対するような態度がこれで納得いきます。

山下商事を作ったは乃木だったのです。

有名企業も参加する拳願仕合には莫大なお金が動いていることは容易に想像がつきます。

であるならば不正や事故などが横行する可能性も自然と高くなるはず。

そこで山下商事のような仲介組織が拳願仕合を安全に取り仕切る防波堤となっているのですね。

そうすると闘技者でもない山下が仲介組織の責任者に抜擢された理由も気になってくるところです。

そして、後半登場した氷室が龍鬼の地伏龍を捌くところも非常に衝撃的でしたよね。

こんなにどんどん強者が出てくる状況では光我は焦る一方でしょう。

続きが気になりますね!

 前話 今回 次話 ⇨
8話 9話 10話

スポンサーリンク



『ケンガンオメガ』無料で読む方法はあるか調べてみた

漫画を無料で読む方法は

電子書籍系の月額サービスに

無料おためし登録をすることで可能

無料で読む流れは以下の通りです。

  1. 無料おためし登録をする
  2. 貰ったポイントと読みたい漫画を交換する
  3. 他のサービスも無料なので使ってみる
  4. 無料期間中に解約する

あと問題になるのが、読みたい作品が配信されているのかどうかです。

配信状況を確認しましたので、以下の表をご確認ください。

配信サービス 配信状況

31日間無料トライアルあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる!

雑誌や動画にも強いオールジャンルOK!

月額1,990円(税抜)

2週間無料おためしあり!漫画約1冊~2冊無料!最大900円分のポイントがもらえる

月額888円(税抜)

30日間無料おためしあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる

音楽も聴き放題

月額1,958円(税込)

コミック.jp
30日間無料お試しあり!
漫画約2冊無料!1,000円分のポイントがもらえる!月額500円,1000円,2000円(税抜)

 

ここまで紹介したサービスをご利用になったことがある!という方は再度無料おためし登録は各社できない仕組みとなっています。

そんな方は月額料金のかからない電子書籍サービスの利用をおすすめします。

半額クーポンを発行しているサービスがほとんどですし、月額の料金がかかるわけでもないので安心してご利用いただけるはずです。

 

配信サービス 配信状況
会員登録無料
最大50%ポイント還元あり!無料まんが3000作品以上

会員登録無料最大12冊半額で購入できる!

無料まんが9000作品以上