ケンガンオメガ【8話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『ケンガンオメガ』8話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

 前話 今回 次話 ⇨
7話 8話 9話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

困惑

両手をだらんとぶらさげて前かがみの体勢を取る龍鬼。

”なんだあの構えは!?あの態体勢でどう戦うつもりだ?”

龍鬼の極端な脱力、さらに目線まで下を向く姿勢に困惑する黒狼。

低い体勢からのタックル、蹴り技を取ってのカウンター、あるいはその両方か。

重心を低く構えて蹴り技を使わないことで備えます。

観客からはブーイングにも似た声が上がる中、光我も龍鬼の構えの真意に理解が追いつきません。

わん
トリッキーな選手が見せるノーガードのような構え。
危険も伴いますが戦う方としては動きが予測しづらいように感じます。

ゆっくりと間を詰めたところから黒狼のステップジャブ一閃。

そこから細かい連打を打ち込みますが龍鬼には当たりません。

”なんだあの動きは!!?あんなトロい動作で攻撃を完璧に避けてる。”

しかし次の瞬間躱す方向を読んだ黒狼の右フックがわずかに龍鬼の頬をかすめます。

”見切ったぜ。動きのパターン。”

それは龍鬼の膝がさらに落ちたところへ、ここぞとばかりに渾身の左の打ち下ろしで勝負を終わらせにかかる黒狼。

”獲ったッッッ!!!”

おそらくその場にいる誰もが黒狼の拳が当たると思ったことでしょう。

強烈な龍鬼の右アッパーがカウンターとなって黒狼の顔面を貫きました。

臥王流 「地伏龍」
にゃあ
カウンターの流れからして直前の頬をかすめた攻撃は龍鬼に誘われたものと思われます。
黒狼の渾身の一撃はそのまま自分に返ってきたのです。
素手でこんなのもらったら死んでもおかしくなさそう・・・

試験合格

地面に叩きつけられた黒狼、直後レフェリーによって勝者 臥王 龍鬼の名前が会場に響き渡りました。
一気に沸く会場。
一部始終を見ていた光我は目を言葉にならない衝撃を受けていました。
”見たぜ臥王ッ テメエの技をこの目で・・・!「あんなもん」、誰が初見で防げるよ・・・”
勝機を見つけたというよりそれは、あまりの強さに愕然とした様子の光我。
一方、不気味なオーラをまとったままの龍鬼は倒れる黒狼の元へ歩み寄ります。
「龍鬼君!お疲れ様でした!」
山下の声で我に返る龍鬼。
”危ね~・・・いつもの癖で「やっちゃう」とこだった・・・”
わん
龍鬼は普段はマイペースな性格ですが、格闘に集中すると表情が一変しています。
まるで多重人格のようにも見えますね。
スティンガー受けてなお無傷でいられた理由を問う山下。
臥王流には全身の筋肉を硬化させる防御法、「纏鎧」があるとのこと。
山下の読み通り、それはかつて王馬が使用した「不壊」と同じでした。
それでもスティンガーは速すぎて見えなかったらしく、タイミング次第では己が負ける可能性も感じたという。
「おめでとうございますっ!貴方は今日から正式に闘技者の仲間入りです!!」
試験のことなど忘れていた龍鬼の顏はいつもの表情に戻っていました。
振り返る龍鬼の背中に視線を送りながら山下は思います。
”危なかった・・・声をかけるのが遅れたら、龍鬼君は黒狼を殺していた・・・”
にゃあ
山下は気づいていながらあえて自然な会話に努めていたんですね。
果たしてこのことに気づいていた人間は他にいたのでしょうか。
いずれにしろ惨事にならなくて良かったものです。

これからの世代

龍鬼の強さと同時に欠けているものを感じた山下は、大変であろうこれから先を思案しているのでした。

一方、光我は龍鬼の強さ、そして自分の弱さを改めて認めて下を向いています。

その後方に二人の何者かの影。

「今日は随分闘技者が多いな。」

本日の仕合、観客に交じって闘技者も観戦していたようです。

二人は自分たちのことを「旧世代」と呼び、新しい世代の仕合を見に来た様子。

今夜、他にも仕合が開催されていた中、龍鬼を見れたことは彼らにとって正解だったようです。

「それはともかく、__危ないですね、彼。」

『__ああ。王馬と似てるのはツラだけ・・・』

二人はともに闘技者。

”氷帝”氷室 涼  ”大物食い”金田 末吉

「__もし、”連中”の仲間なら、俺が潰す。」

スポンサーリンク



『ケンガンオメガ』8話の感想・考察

二人の対決は龍鬼に軍配が上がる結果となりました。

ハイレベルな攻防に見えましたが、終わってみれば龍鬼にまともに当たった有効打はスティンガーのみ。

それも臥王流の技で防ぎダウンすらとれておらず、龍鬼の完勝といったところでしょうか。

とくに後半の動きに関しては独特なもので、さまざまな格闘技を経験してきたであろう黒狼は、

なおさら捕らえることに苦労していたように感じられます。

また、山下によって瓜二つな王馬も同じような技を使っていたことが明かされています。

本当にただの他人の空似なのでしょうか?

今のところ黒狼に敗れている光我にはこの仕合は果てしなく高い壁と感じられたことでしょう。

徐々に登場してきた他の闘技者たちとの今後の戦いにも注目です。

続きが気になりますね!

 前話 今回 次話 ⇨
7話 8話 9話

スポンサーリンク



『ケンガンオメガ』無料で読む方法はあるか調べてみた

漫画を無料で読む方法は

電子書籍系の月額サービスに

無料おためし登録をすることで可能

無料で読む流れは以下の通りです。

  1. 無料おためし登録をする
  2. 貰ったポイントと読みたい漫画を交換する
  3. 他のサービスも無料なので使ってみる
  4. 無料期間中に解約する

あと問題になるのが、読みたい作品が配信されているのかどうかです。

配信状況を確認しましたので、以下の表をご確認ください。

配信サービス 配信状況

31日間無料トライアルあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる!

雑誌や動画にも強いオールジャンルOK!

月額1,990円(税抜)

2週間無料おためしあり!漫画約1冊~2冊無料!最大900円分のポイントがもらえる

月額888円(税抜)

30日間無料おためしあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる

音楽も聴き放題

月額1,958円(税込)

コミック.jp
30日間無料お試しあり!
漫画約2冊無料!1,000円分のポイントがもらえる!月額500円,1000円,2000円(税抜)

 

ここまで紹介したサービスをご利用になったことがある!という方は再度無料おためし登録は各社できない仕組みとなっています。

そんな方は月額料金のかからない電子書籍サービスの利用をおすすめします。

半額クーポンを発行しているサービスがほとんどですし、月額の料金がかかるわけでもないので安心してご利用いただけるはずです。

 

配信サービス 配信状況
会員登録無料
最大50%ポイント還元あり!無料まんが3000作品以上

会員登録無料最大12冊半額で購入できる!

無料まんが9000作品以上