ケンガンオメガ【5話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『ケンガンオメガ』5話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

 前話 次話 ⇨
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

VS.黒狼

拳願仕合の出場権を奪うべく、黒狼の元を訪れた光我。

観客も誰もいない路地裏で静かに戦いは始まるのでした。

「考える前に殴れ」

それがモットーだと語る黒狼は天地の構え。

対して光我はオーソドックスなスタイルで上下にタイミングを取ります。

先に仕掛けたのは光我、伝統空手のような左の刻み突きを放ちます。

右手で払いのけすかさず連打で突き放す黒狼。

光我の顏からは鼻血が噴き出し、距離を取るも黒狼の細かい連打は止まりません。

”当てる打撃”は速さこそあれ威力はなく、

しっかりガードしながら光我は事前に調べたデータを思い返していました。

打吹 黒狼は地元では有名なスポーツ一家。

そんな彼が様々な競技の中で最も得意としたのが「防具空手」。

文字通り試合において防具を着用するわけですが、その道の名門である「月輪会(がちりんかい)」の

全国大会を五年連続制覇しています。

わん
防具空手と聞くと安全そうに聞こえるものの、ケンカで使われれば危険は必至。
漫画の世界とは分かっていてもこんな現場に遭遇するのは絶対に避けたいものです!

ガードしているとはいえ体格差もあって徐々に追い込まれる光我。

よろけたところへ黒狼の大振りの右フック、しかしこれを冷静にスウェーで外した光我。

スタイルを大幅に変えタックルで懐へ。

これに反応しようとする黒狼でしたが、すぐさま切り替えて放った右回し蹴りはまともにヒット。

『なるほど、コイツも、色々かじったクチか!』

意表をつかれつつも有効打とまではいかず、畳みかける光我の攻撃にガードを固める黒狼。

にゃあ
タックルのフェイントからの蹴り技に光我の格闘センスを感じますね。
”コイツも”と様々な競技を経験してきた黒狼ならではのリアクションです。

反撃

”おい、見てるかよ。俺は、三年前とは違うぜ。”

黒狼との戦いのさなかでも光我の頭の中によぎる王馬の姿。

その執念こそが彼を動かす原動力であり、戦いへと突き動かす起因なのでしょうか。

そうこうしている間に光我の左フックがヒット。

すかさず距離をとる黒狼に対し、来るであろう蹴りの予感に備える光我。

しかし次の瞬間、光我の目に光のようなものが飛び込み、何かが直撃。

右肩にはまるで槍にでも突かれたような跡だけが残り、訳が分からず混乱する光我。

これを機と見た黒狼は猛然とラッシュで畳みかけます。

意地でも倒されるかとばかりに左を打ち返して距離をとる光我。

気合いを入れて構えを直しますが、その右肩は力なくぶらさがったままです。

わん
目の前で受けたにもかかわらず見えないなんてどんなスピードなんでしょうか。
しかもアイスピックで刺されたと言われれば納得するレベルの傷跡です。
これで素手って卑怯・・・

止まらないイラつき

“物心ついた時にはグレていた”

光我には両親がいませんでした。

親代わりの祖父とも反りが合わず、厄介払いかのように押し込まれた空手道場。

ただ毎日をイラついて過ごしていた彼にとって、そこは居心地がよく感じられました。

祖父はあくまで「道徳」を身につけることを期待したようですが、その期待が彼に届くことはありませんでした。

空手が彼に気づかせたものは、

「無力だった自分への失望」と「圧倒的な暴力への憧れ」だったのです。

次第に力を手に入れていく光我の中に、かつてのようなイラつきは無くなっていきます。

わん
武道=礼節のイメージですが、こうして受け取り手次第で暴力にもなる。
仕方ないとは思いつつも人間とは難しいものだと感じさせられますね。
忘れていたイラつきを呼び起こした存在、それが王馬だったようです。
”あの野郎をブチのめすまで、俺のイラつきは止まらねえんたッッ!!”
「コッ」
過去を思い返しながら順調に攻めていたように見えた光我の額に何かが当たる気配。
強烈な打撃音とともに弾き飛ばされる光我。
にゃあ
もはや圧倒的な能力差。
主人公ながら良いやられっぷりだと感じてしまいました。
どのくらいの時間が経ったのでしょうか。
光我のスマホを拝借し匿名で救急車の手配をする黒狼。
タバコに火をつけ戦いを振り返ります。
『・・・「スティンガー」をかわされるとは思わなかったぜ。一発で決めるはずだったんだがな。』
闘技者相手でも見切られたことのなかった「スティンガー」が見えていたのではないか?
その素質と凶器になりえるものがそこら中にある環境の中で、あくまで素手で向かってきた光我を、
呆れた馬鹿野郎
と評しつつもどうやら彼のことが気に入った様子。
『お前の無念は、勝手に貰っとくぜ。明日も、勝つのは俺だ。』
気を失って倒れている光我を背に立ち去る黒狼の顏には、不敵な笑みが浮かんでいるのでした。

スポンサーリンク



『ケンガンオメガ』無料で読む方法はあるか調べてみた

漫画を無料で読む方法は

電子書籍系の月額サービスに

無料おためし登録をすることで可能

無料で読む流れは以下の通りです。

  1. 無料おためし登録をする
  2. 貰ったポイントと読みたい漫画を交換する
  3. 他のサービスも無料なので使ってみる
  4. 無料期間中に解約する

あと問題になるのが、読みたい作品が配信されているのかどうかです。

配信状況を確認しましたので、以下の表をご確認ください。

配信サービス 配信状況

31日間無料トライアルあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる!

雑誌や動画にも強いオールジャンルOK!

月額1,990円(税抜)

2週間無料おためしあり!漫画約1冊~2冊無料!最大900円分のポイントがもらえる

月額888円(税抜)

30日間無料おためしあり!

漫画約1冊無料!600円分のポイントがもらえる

音楽も聴き放題

月額1,958円(税込)

コミック.jp
30日間無料お試しあり!
漫画約2冊無料!1,000円分のポイントがもらえる!月額500円,1000円,2000円(税抜)

 

ここまで紹介したサービスをご利用になったことがある!という方は再度無料おためし登録は各社できない仕組みとなっています。

そんな方は月額料金のかからない電子書籍サービスの利用をおすすめします。

半額クーポンを発行しているサービスがほとんどですし、月額の料金がかかるわけでもないので安心してご利用いただけるはずです。

 

配信サービス 配信状況
会員登録無料
最大50%ポイント還元あり!無料まんが3000作品以上

会員登録無料最大12冊半額で購入できる!

無料まんが9000作品以上

 

『ケンガンオメガ』5話の感想・考察

山下から闘技者の新人王と評される黒狼でしたが、まさにその情報に偽りなしといったところでしょうか。

光我を仕留めた「スティンガー」はあまりの速さに技の実体が不明。

完全に光我の敗北となってしまいました。

龍鬼との対決では明かされるのでしょうか。

また、龍鬼はどのように切り返すのか、楽しみですね。

この作品の主人公である光我ですが、まだ序盤とはいえやられてる印象が強いですよね。

しかも武道を学んで「圧倒的な暴力」に憧れるとは、ちょっとヒール感が強いようにも見えます。

基本見た目も考え方もいわゆる不良と言って間違いないと思いますが、このまま物語は進んでいくのか。

はたまたヒーローに変わっていくのか。

その辺りも面白い要素になりそうです。

続きが気になりますね!

 前話 次話 ⇨

スポンサーリンク