呪術廻戦【137話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では2021年2月1日発売の週刊少年ジャンプ9号に連載されている『呪術廻戦』137ネタバレ感想をお伝えしていきます。

 前話 次話 ⇨
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『呪術廻戦』137話のネタバレ

スポンサーリンク



放たれた呪霊・・・1000万

呪霊により東京23区はほぼ壊滅。安否が不明な政治家も多数いることで政治的空白が生まれてしまう。

放たれた呪霊の数は1000万・・・それに対し都民を最低でも500万人は避難させなければいけない状況。

都内全域を避難命令区域にする?

呪霊の存在を公表する?

官邸機能は大阪へ?

多くの術師は現在都内で避難民の警護にあたっていますが、この状況で全国各地に呪霊が大量発生してしまう可能性。

さらなるパニックを防ぐため、呪霊はあくまでも東京にのみ発生するものとして公表することに。

そうすることで、一般人の呪力の漏出を東京だけで抑え込み、呪霊の発生を都内に限定させる狙いがあるようです。

乙骨憂太、登場

誰もいないコンビニでひとり弁当を漁る子供・・・

その入り口から「おいで、おいで」と呼ぶ声がします。

「お母さんもお父さんもお姉ちゃんも弟も先生もいるよ」

怪しい声はその子に話かけました。

「私に弟はいない、先生は嫌い」そう告げると、怪しい声の主の様子がおかしくなってきました。

それを見たその子は怪しい声の主に近づこうとコンビニを出たところで・・・グァーーー!

大きな口を開けた呪霊に食べられそうに!しかし術師が来てくれて、間一髪のところで助けられました。

助けた術師は・・・乙骨憂太!

乙骨はその子にどこから来たの?など話しかけますが、その瞬間乙骨の後ろから襲ってくる呪霊が。

しかし次の瞬間、呪霊はいなくなっていました。

「駄目だよリカちゃん、やりすぎは」

虎杖悠仁の死刑が決定

場面は変わり、上層部と話す乙骨憂太。

この渋谷事変で、虎杖が狗巻棘の腕を落としたと乙骨は上層部に報告します。

「五条先生の教え子とか関係ない、虎杖悠仁は僕が殺します」

そして、呪術総監部より通達がおります。

一、夏油傑生存の事実を確認、同人に対し再度の死刑を宣告する

二、五条悟を渋谷事変共同正犯とし、呪術会から永久追放かつ封印の解除も禁止

三、夜蛾正道を五条悟と夏油傑をそそのかし渋谷事変を起こしたとして死罪を認定

四、虎杖悠仁の死刑執行猶予の取り消し、速やかな死刑執行を決定

五、虎杖悠仁の死刑執行役に特級術師乙骨憂太を任命する

どうなる虎杖!!

スポンサーリンク



『呪術廻戦』137話の感想・考察

乙骨憂太の登場にかなりテンションがあがった137話!

ですが今回は疑問点が結構あって、頭が???だらけになりました。

まずはリカちゃん。

0巻で登場していたリカちゃんは確か「里香ちゃん」と漢字で表記されていたはず・・・しかし137話ではカタカナになっていました。

あと確か解呪したはずなのに、なんでいるの?と。

そして狗巻棘の腕が落とされたという話。

いつ落とされたのか、なんで落とされたのか、色々疑問が出てきましたが、

恐らくというか、虎杖には狗巻先輩の腕を落とすほどの力はないはずだから、やったのは宿儺ではないかと。

宿儺の範囲の中に腕だけ入ってしまった・・・?腕だけなんてありえます?

かなり重たい展開になってきましたが、虎杖VSの乙骨では虎杖オワタ感ありますね。

 前話 次話 ⇨

スポンサーリンク