夫婦の隙間【19話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『夫婦のスキマ』19話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

 前話 今回 次話 ⇨
18話 19話 20話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『夫婦のスキマ』19話のネタバレ

スポンサーリンク



チャラにする条件

「今すぐここで、仲直りのキスしてください♡」

目をつぶり、修哉の動きを姫宮は待ちます。

「・・・いや、さすがにそれは・・・」

顔を真っ青にし、戸惑いを隠せない修哉ですが

”ここでキスをすれば・・・同じ部屋に泊まったこと、チャラにできる・・・

そしたらもう、悩まされることもなくなる・・・”

そう思い姫宮の肩に手を伸ばしかけます。

でも、はっ!っと透佳の顔を思い出し、「いやいや無理だよ!!俺にはこんなこと・・・っ」と姫宮に一喝します。

驚いた様子も見せず、「柏木さんったら・・・本当に奥手なんだからと」ため息交じりに呟く姫宮。

「こんな奥手な男性相手にしてあげられるの、私くらいですよ?

まあいいです。柏木さんのペースに合わせます。私だって柏木さんを困らせたくありませんから」

姫宮の言葉を静かに聞く修哉。

その一部始終を植木に隠されていたスマホは見ていました。

「・・・チャラにする条件、変更しましょっか」

わん
修哉の優しさにつけこみまくりですね。
しかも修哉は姫宮を自分が襲ってしまったと思っているので、あまり強くも言えず、、、、。
とんでもない人に好かれてしまいましたね、、、、。

合鍵

「忘年会の買い出しの付き合いなんて、こんなことでいいの?」

「はい!私1人で任されちゃって困ってたんです」

チャラにする条件で、二人でデパートに忘年会の買い出しに来たのでした。

ホッと一息つく修哉。

そこでふと疑問に思っていたことを姫宮に投げかけます。

「そうだあのさ、俺の家どうやって入ったの?鍵かかってたはずなんだけど・・・」

少し間を置き「鍵・・・開いてましたよ?」と答える姫宮に「え、本当!?」と驚く修哉。

「ピンポン鳴らしても出ないから、心配になってお邪魔したんですよー」

「私が合鍵作って入ったとでも思ってません?」

そう冗談交じりに笑いながら話す姫宮に「いや・・・」と動揺する修哉。

「そんなわけないじゃないですかー!」と姫宮に言われ、”鍵・・・閉め忘れてたのか・・・”と普段からおっちょこちょいな部分を透佳に注意されていたのを思い出します。

”姫宮さんが合鍵作るなんて・・・考えすぎか・・・”と一人納得する修哉ですが、姫宮はそれを横目に、コートのポケットに入っている鍵を握りしめるのでした。

にゃあ
合鍵を勝手に作る、、、。姫宮さんならあり得そうで怖いです。笑
あれ、閉め忘れか。って!!
天然を炸裂させてる修哉はかわいいですが、ポケットに入っている鍵が本当に合鍵だったらと考えると、ゾッとしますね。

これで終わりかとおもいきや

「ロボット掃除機にー、ケトルにー、コーヒーセット、残念賞のお菓子、なんとか揃いましたね」

無事に買い出しも終え、雑貨店に寄り道する二人。

”よかった・・・これでもう出張の件はチャラにしてもらえる・・・ようやく透佳に全部言えるんだ・・・”

修哉は安心したようにホッと笑みをこぼします。

そんなことを考えていたら、気づいたら姫宮の姿がなく、ラインをしようと携帯を出したところで

「柏木さーん!!こっち!!こっち!!」と姫宮に声をかけられます。

声がした方に振り向くと、「どうですか?私、かわいいですか?」と、なんとウエディングドレスを着た姫宮が立っていました。

驚き立ち尽くす修哉に「お嫁さんの予行練習しちゃいました♡」と。

スポンサーリンク



『夫婦のスキマ』19話の感想・考察

本当にとんでもない女性に好かれましたね!

デパートでウエディングドレスまで着たとなると、店員さんには婚約者と来てると嘘をついてるということでしょうか。

そして、あわよくばツーショットの写真を撮らされてしまうのでは、、

鍵も本当に合鍵を勝手に作ったとなると、正直怖いですね。

姫宮の行動力には驚かされます。

修哉の優しさにつけこみ、だいぶ手の込んだことを仕掛けてきているので、今後は会社も巻き込んだ事態になるやもしれませんね。

修哉と透佳は本当に引き裂かれてしまうのか、次に姫宮は何をしてくるのか、予想もつかない展開にハラハラドキドキです。

次回も見逃さずにチェックです!!

 前話 今回 次話 ⇨
18話 19話 20話

スポンサーリンク