双子兄妹のニューライフ【54話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『双子兄妹のニューライフ』54話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
53話 54話 55話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『双子兄妹のニューライフ』54話のネタバレ

スポンサーリンク



暖かい腕

こんなふうに誰かの腕に抱かれたことなんてあったっけ?

皇帝の腕に抱かれながらアリエルは止めどなく涙を流します。

子供だから仕方がない。そんな言い訳をしているとアルヘンが皇帝の腕を振り払って、自分の足で地面に立ちます。

「皇宮がイヤならデロリナ城に」

あまりにも泣きじゃくる双子にそう言いますが、アリエルがイヤだと激しく抵抗します。

なんでもするからあそこだけは嫌だ。

そんな双子にとってデロリナ城がそんなにつらい場所だとは知らなかったと拳を握り締めた皇帝は気付かなくてすまないと素直な気持ちを吐き出します。

ですが、アルヘンは涙を流しながら今さら謝らないでくださいと吐き捨てます。

僕たちの傷なんかどうでもよかったんだろう。いまさら何を言うんだ。

ボロボロと涙を流すアルヘンをぎゅっとアリエルが抱きしめます。

大切な片割れ。大人しく見えるけど本当はすごく正直で、自分の鏡のような大切なアルヘン。

わん
やっと、やっと、本当にやっと親子としての姿に戻ってきましたね。ですが、まだ双子にはなにか心の中にわだかまりがあるようです。

ようやく叫べる本音

抱き合って泣きじゃくる双子を皇帝がまたぎゅっと抱きしめます。

その腕に安心したのか、双子は大きな声を上げます。

「僕たちがツラくて苦しんでたとき、一度も来てくれなかったくせに!」

「僕たちが生まれることさえ望まなかったんだろ!」

また捨てるなら優しくしないで

これまで辛い思いをしてきたからこそ、感じる幸せに恐怖を感じているのでしょう。

叫ぶ双子をもっと強く皇帝は抱きしめます。

「傷つけようとしたわけじゃない」

そう言う皇帝の言葉はどこか絞り出すようで、その腕は小さく震えています。

「すまない」

初めて聞いた心からの謝罪。

凍りついた心を溶かすのはいつもこんな小さな温かさだった。

「私のそばにいてくれ」

そんな皇帝の言葉に双子はこれ以上ないってくらいに涙と鼻水を流しながら泣いた後のことはよく覚えていない。

覚えているのは皇帝の腕の中で眠ったこと。

にゃあ
ついに、ついに、ようやくこれで本当の家族になりましたね。お互いの気持ちを知れた皇帝と双子。これからが楽しみですね。

終焉

穏やかに眠る双子を見ながらルラヘルの言葉を思い出します。

たしかに自分の子供だと、ベッドから少しだけ離れたところに立った皇帝が双子を前になにか考えている頃、ロスア公爵家に沙汰が下っていました。

「公爵は邸宅に終身軟禁。ロスア家の邸宅を除く全財産を没収する」

「ロスア公子には10年間の流刑を命ずる」

淡々と沙汰を告げるロイドはあまりにもあっさりとそれを受け入れたロスア公子に驚きます。

黒かった髪が真っ白になり、だらしなく口を開けたロスア公爵を見ても公子は昔から予想していたことですからと当たり前のように答える。

皇后陛下が逝去した時から、まともな判断が出来なくなった父の姿をよく見ていた公子はその時からなにか起きると覚悟していた。

その内、陛下に対する劣等感と執着心に駆られたロスア公爵は他人を傷つける力を持つ者をスラムから連れてきて、違法魔法書に巨額の金をつぎ込み、もうずっと前から公爵としての義務さえ果たしていなかった。

そんな父が皇族拉致、および殺害という恐ろしい計画を立て始めた時から、運命は決まっていたと公子は落ち着いた口調で話します。

名ばかりの公爵家になろうと生きて代を継いでいけるならそれでいいと判断した公子に納得したロイドはその周囲に跪く使用人たちに暇を出します。

焦って頷く使用人たちの中、罪の割に罰が軽いと公子の頭に浮かぶのはリオルの姿。

そうして、すべてのことが終わった頃、うとうととアリエルは皇帝のベッドの上で目覚めたことに驚きます。

なにやら話し込んでいる皇帝とロイドに気付かれないようにと寝たふりをしますが

「ううう~疲れたぁ~」

アルヘンが寝言を言ってしまいました。

わん
落ち着き払ったロスア公子。いくら覚悟していたからとはいえ、この落ち着きはすごいですよね。

スポンサーリンク



『双子兄妹のニューライフ』54話の感想・考察

ようやくすべてが終わった54話となりました。

皇帝と双子の絆がようやく本当のものになりましたが、泣き叫ぶ双子たちを抱きしめる皇帝の姿が描かれたシーンはようやく絆が結ばれた感動のシーンという感じで、胸が暖かくなるような、綺麗な光景でした。

それにしてもロスア公子はすごく落ち着いていましたね。皇后が亡くなってから予想していたという頭の良さ。

流刑から戻ってきた後の活躍が気になります。

さて、皇帝のベッドの上で目を覚ましたアリエル。ふいにアルヘンの寝言で起きていることに気付かれてしまいます。

皇帝とロイドは双子にどんな声を掛けるのでしょうか?55話も楽しみですね!

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
53話 54話 55話

スポンサーリンク