夫婦の隙間(スキマ)【14話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『夫婦のスキマ』14話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
13話 14話 15話

\最新話はこちらから読めます!/

マンガMeeをダウンロード

☆ダウンロードは無料です☆

ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『夫婦のスキマ』14話のネタバレ

スポンサーリンク



不妊に悩む夫婦

「安心してください、今夜は2人きり」

「誰も見てませんよ・・・」

 

修哉と姫宮がホテルの部屋で二人きりになっている頃、お風呂から出た透佳は修哉からのラインに気づきました。

 

”修哉からラインきてた・・・今日はたくさん送ってくるなぁ”

”姫宮さんと2人きりの出張だし・・・私を不安にさせないためなんだろうな・・・”

 

修哉の気遣いに喜びをかみしめる透佳。

ラインで、”おやすみ。寂しいから早く帰ってきてほし”と、途中まで入力しましたが、恥ずかしくなり結局”おやすみなさい”とだけ入力し返信しました。

 

送信直後、透佳の携帯に電話がなります。

「お姉ちゃ~ん!!乳首切れて痛いよ~っ!!もう最悪~っ!!」

出ると、それは妹からの電話でした。

 

出産し授乳がうまくいかないのか、姉に泣きついてきました。

「何回おっぱいあげても泣くし、母乳出てないのかな!?」

 

「知らないけど。出産したんだってね、おめでとう」と返す透佳。

「相変わらずそっけないなぁ。もっと喜んでよ!!」

透佳の態度にもーっ!と不満げな様子で話す妹。

 

そんな透佳も妹の変わらない態度に「あんたも変わらないねその性格、子供産んで落ち着くかと思ったのに」と話します。

 

すると「でもね産んでみて、自分がどれだけ幸運なのか気づけたよ」と言われます。

突然の話に「?」となり「何よ、急に」と問いました。

「だって世間には多いって言うじゃん」

 

「不妊に悩む夫婦がさ・・・」

 

その話に、電話口で言葉に詰まる透佳。

 

妹は話続けます。

「ホラ、私の友達の優ちゃん!」

透佳は「あー、確か3年前に結婚したよね」とその友達を知っている様子でした。

 

「あんなに仲良さそうだったのに、不妊症だってわかった途端離婚だよ」

「旦那がどうしても子供欲しかったみたいでさ」

結婚式に参列した妹は、その友達がどれだけ幸せかを目の当たりにしています。

 

「旦那の親も親で、離婚前からもう見合い相手探し始めちゃって・・・ひどいよね」

「”子供が産めない自分には生きてる価値ないのかな”って、優ちゃん寂しそうに笑ってた」

友達の表情を思い出しながら妹は語ります。

 

「そんなことないって言ったけど・・・」

「妊娠中の私が他に何て言えば・・・」

 

透佳からの反応がないので不思議に思ったのか「お姉ちゃん?」と呼びかけます。

 

すると透佳から今の状況の話を打ち明けられます。

「こんな時に言うのもなんだけど・・・その・・・私もできづらいんだよね・・・」

わん
妹さんは透佳とは反対の性格っぽい感じですね。明るくていい子なのでしょう。
それにしても、不妊症だから離婚となる夫婦もいるんですね。
永遠の愛とはなんなのだろうと問いたくなりました・・。

妹からの言葉

姉から、子供ができづらいと聞き「・・・えっ!?」と驚きます。

 

「お母さんには言わないでね、私から言うから」と言われ「そうだったんだ・・・」と言葉に詰まりました。

「修哉さんはなんて?」

 

一番大事な人に報告したかどうかを問われた透佳。

「・・・まだ言ってない」

「ちょっと色々事情があってさ!」と空元気に話す透佳に妹は言いました。

 

「・・・そっか、じゃあ」「今日言いなよ」

 

いきなりの話で「えっ」とたじろぐ透佳に「こんなのグズグズしたって何の意味もないし!!」と今日話そうと言い出した妹。

「いやでもこっちにも事情が・・・」と遠回しに今日は無理だということを伝えます。

 

「お姉ちゃんらしくないなぁっ!!」

「2人の将来のことでしょ!?他に大事な事情ってある!?」

 

妹のその言葉にはっとし、何も言い返せなくなりました。

透佳が無言のまま考えていると、電話の奥から赤ちゃんの泣き声がします。

「ウンチしちゃった!!ごめん切るね!!」

 

「わーっ!!もれてるーっ!!お母さんおしりふきとってー!!」と電話口から聞こえ、ガチャっと切れました。

さわがしいな・・・と呆れた様子で電話を見つめる透佳ですが、妹からの言葉を思い出します。

 

”2人の将来のことでしょ!!他に大事な事情ってある!?”

 

まさか妹に正論で返される日が来るとはね・・・とフッと笑いながら思いました。

 

妹の友達が言っていた、”子供が産めない自分には生きてる価値ないのかな”

その言葉は透佳の胸にも刺さっていました。

 

”本当は私も一瞬でもそんなふうに浮かぶことがあった”

”産めないかもしれないという不安と、周りへの劣等感を抱えながら”

”そこに壁があるような気がしてた”

 

妊娠や子育てをしている人と自分を比べ、透佳は一人の自分を想像していました。

ですがそこに光をもたらしてくれたのが修哉の存在。

 

”修哉が私に価値をくれるから”

”修哉と生きて行きたいって思ってるから、今・・・してもいいかな”

 

”2人の大事な話・・・”

妹に後押しをされ、透佳は決意を新たにします。

わん
不妊についての話は2人の将来に大事な話!良いこと言いますね妹さん。
さすが透佳の妹といったところでしょうか。
一緒に悩んで一緒に解決できるのが、素敵な夫婦なのかなと感じました。

起きたらそこには・・・

不妊のことを告白する決意を新たにした透佳。

”修哉寝ちゃったし、朝電話してみよう”

 

そして翌日、修哉に電話をします。

携帯のバイブ音で目が覚める修哉。

「もしもし透佳?おはよ」と寝起きの声で電話に出ます。

 

「ちょうどよかったよ、今起きようとしてたとこ・・・」

ベッドに腰かけ、部屋を見渡すため後ろを振り返ると、なんと同じベッドに姫宮の姿がありました。

 

「うわっ!!」と大きな声で驚く修哉。

 

その声に透佳も「・・・えっ!?」と驚きます。

姫宮の姿に言葉を失う修哉。それもそのはず、姫宮は服を着ていませんでした。

 

「修哉どうしたの!?大丈夫!?」

「修哉!!修哉!!」

 

透佳の呼びかけにも反応できず、ただ立ち尽くす修哉だったのです。

わん
女性の武器使ってきましたね。
どこまでこの二人をぐちゃぐちゃにすれば気が済むんだろう・・。

スポンサーリンク



『夫婦のスキマ』14話の感想・考察

不妊は、男性の影響もありますが、女性の方が責任感じてしまう場合のが多いですよね。

人と比べてしまっても仕方ないかもしれませんが、相手のことを考えると、どうしても透佳や妹の友達のように、価値のない人間って考えちゃいますよね。

でも今回は妹と話すことで、大事なことに気づけたみたいなので、次こそはしっかり報告できるはずです!

問題は姫宮の行動で修哉はどうなるのか!ですね。

穏やかな展開ではなくなってきました。

この問題をどうクリアするのかが、大きな鍵となるのではないでしょうか。

女性の武器を使ってくる人は本当に怖いと思います・・。

ではまた次回を乞うご期待ください!

\最新話はこちらから読めます!/

マンガMeeをダウンロード

☆ダウンロードは無料です☆

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
13話 14話 15話

スポンサーリンク