夫婦の隙間(スキマ)【11話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『夫婦のスキマ』11話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
10話 11話 12話

\最新話はこちらから読めます!/

マンガMeeをダウンロード

☆ダウンロードは無料です☆

ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『夫婦のスキマ』11話のネタバレ

スポンサーリンク



透佳の疑問

「私が頼れるのは、柏木さんだけです」

 

会議室での一件があったその日の夜のこと。

修哉は姫宮と話したことを全て打ち明けていました。

 

「・・・そっか、姫宮さんストーカーに遭ってたんだ」

「うん・・・ストーカーが撮ってたのかも」

 

「あんなに怯える姫宮さん初めて見たよ、俺には想像できないくらいの恐怖なんだろうな・・・」

会議室で話したことを思い出し、いまだ動揺の色を隠せない修哉。

「それで・・・あのさ・・・」

 

「怯える姫宮さんに頼まれて、つい頭をなでてしましました!!」

写真を撮られた後ということと、触れてしまった罪悪感からか、修哉は透佳に「ごめん!!」と頭を下げながら謝ります。

 

そんな修哉の姿を見た透佳は、「・・・ううん」

「それで姫宮さんは落ち着けたんでしょ?修哉は正しいことをしたんだよ」

「透佳・・・!!」笑って許してくれる透佳の顔に、惚れ直したと言わんばかりの感動を覚えました。

 

「それにしてもそのストーカーが差出人なのかなぁ」

差出人がストーカーの仕業であることを疑問に思う透佳。

”差出人をわざわざうちの会社名義にして・・・?姫宮さんじゃなく私宛てに・・・?”

 

自身の疑惑を解明するために「私もこの件探ってみようかな」と透佳は言いました。

「えっ危ない目に遭ったらどうするの」と修哉は透佳を止めようとします。

ですが透佳の意思は固く「危ないことはしないから安心して、私だって修哉の力になりたいんだから」

 

その言葉を信じ「・・・うん・・・」と了承する修哉。

 

探るなら気を付けること!と、修哉と約束をした透佳。

 

”早く解決させて、不妊のこと修哉に打ち明けたい”

”修哉との関係を、隠し事のないものにしたいから・・・”

 

心の中でもう一つの想いを胸に込めて、決意を新たにします。

わん
ストーカーが本当なら確かに怖いですが、、、修哉は姫宮の行動にも疑問を持ってほしいですね。

透佳と姫宮

写真の件と姫宮のストーカーの話を聞いた透佳は、1日姫宮の行動に目を向けていました。

 

”見た所全然元気そうだけど、ストーカーに怯えてたって本当なのかな・・・?”

帰り道も様子を見るために少し後をつけますが・・・”周りを警戒する様子もないし・・・”

 

姫宮の言動と行動に怪しさを抱いた透佳は、姫宮と会社の第三会議室で話をすることに。

 

「ねぇ、写真送ってきたの姫宮さん?」とド直球に聞く透佳。

 

もちろん姫宮は「知りませんよ、なんですか急に呼び出して」と答えます。

透佳が「まあそう答えるわよね」と呟き、”しょうがない・・・違う方向から探るか・・・”と考えていると、次は姫宮が口を開きました。

 

「私のこと疑う暇あったら、自分の心配したらどうですか?」

突然の言葉に「え・・・?」と耳を傾ける透佳。

 

「柏木さんの心は今、私に傾きかけています」

自信に満ち溢れた笑顔を向けられた透佳は、驚きを隠せません。

 

そのまま話し続ける姫宮。

「あなたのついた嘘で柏木さんは深く傷ついているんです」

「そこで気づいたんだと思います。私こそが特別な存在だって」

「こないだなんて怯えてる私に頭なでてくれましたもん」

 

姫宮の話していることが頭で追いつかない透佳。

「・・・ちょっと、言ってる意味わかんないんだけど・・・」

とまどう声で問いかけます。

 

「柏木さんのことは諦めたほうがいいってことです」

 

「だって私たちは運命の赤い糸で結ばれているんです・・・あなたとの婚約は一時の気の迷い・・・脇役には退場してもらわないと」

「・・・それに」

戸惑った状態で言葉を発せずにいる透佳に姫宮は続けて話します。

 

「私に抱きつかれたり頭をなでたり、柏木さんだって内心喜んでると思いますよ」

「柏木さんだってしょせん男」

 

「ちょろいもんですよ」

 

修哉は自分の物と言わんばかりの挑発的な目で透佳を見る姫宮。

今まで黙って聞いていた透佳でしたが、最後の一言を聞き、修哉が姫宮をどれだけ心配していたかを思い出します。

 

思いっきり壁に手をつき姫宮を追い込んだ透佳は「あんた、今の言葉取り消してくれる?」と一喝するのです。

わん
猫被る人って本当に恐怖なんですが、、。
そして姫宮のあの自信は一体どこからくるのでしょう、、。
厄介なライバルになりそうですね。

スポンサーリンク



『夫婦のスキマ』11話の感想・考察

姫宮の強気な宣戦布告でしたね!

自信のある女性からしてみれば、男性なんてちょろいんですね。

女性が少々怖いなと感じた話でした。

 

あの場所に修哉がいたら、、、そう思ってしまいます。

 

次の回はどうなるでしょうか。

姫宮の企みもここで終わるわけないですしね。

もしかしたら不妊の事実を姫宮が知り、それをネタに何かしでかす可能性も・・!

透佳と姫宮の直接対決が今後どう展開していくのか楽しみです!

\最新話はこちらから読めます!/

マンガMeeをダウンロード

☆ダウンロードは無料です☆

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
10話 11話 12話

スポンサーリンク