双子兄妹のニューライフ【82話】ネタバレと感想!




この記事では『双子兄妹のニューライフ』の82ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
81話 82 83話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『双子兄妹のニューライフ』82話のネタバレ




デビュタント直前!

もうあと2日に迫ったデビュタントを前に双子は必死にあることを覚えていました。

それは帝国内にある貴族の名前、そして勢力図です。

これをしっかり覚えなければ、皇族としての対応にも問題がでてきます。

 

そのため、今日の先生はロイド

デビュタントの場で先に貴族の名前を呼べば、好感度はうなぎのぼりのはずです。

それをよく知っている双子はすでにいくつもある貴族の名前をすでにしっかりと覚えていました。

 

衣装も準備出来ているし、知識も申し分ない。

あとはデビュタントを迎えるだけというところでロイドの守護者、カゼヤが部屋へと入ってきました。

 

例の件

 

そう口にしたカゼヤにロイドは顔を曇らせると明日は自習にすると言って、部屋を出て行ってしまいました。

取り残された双子の元にメイドたちからフォレスト帝国からの使者が来たと伝言が入ります。

謁見を求めているという言葉にエドワードが来たと目を輝かせました。

 

その頃、別室に移動したロイドはカゼヤからの報告を受けていました。

カゼヤが裏で知らべていたこと、それは双子の背後を探る人物の正体です。

 

その人物とはエドワードの兄

フォレスト帝国皇太子でした。

わん

雲行きが怪しくなってきました。
双子の前に現れたのは?

皇太子の登場

エドワードが来たと喜んでドアを開けた先、そこにいたのは

想定外の人物でした。

 

フォレスト帝国皇太子

ウィンストン・カポーラ・フォレスト

 

つまりエドワードの兄です。

初めましてと頭を下げるその姿にこれまで皇太子について聞いてきた噂話が双子の脳裏に過ります。

どうしてエドワードが来ていないのか

もちろん双子はその疑問を皇太子に投げつけました。

 

エドワードが体調を崩してしまった。

そう言われて双子はこっそりとテレパシーで会話をします。

律儀なエドワードなら来られなくなったなら必ず一報くれるはずです。

じゃあなぜその連絡がないのか

 

もしかしたら何かあって無理に来られないようにされた?

 

あながち間違っていない予想に辿り着いた双子はじろりと皇太子を睨みつけます。

そんな双子に皇太子は警戒され、面白くないと心の中で呟きました。

 

エドワードの鼻を明かすには双子の心を掴まなければいけない。

相手は所詮ただの子どもだとあなどって、皇太子はにっこりと人好きする笑みで話しかけました。

 

こんなに愛らしくて、思慮深くて、出生にも関わらず、皇帝から可愛がられている。

 

もちろんこんな褒め言葉、双子の勘に触れるのは当然です。

言い返してやろう、そう拳を握ったとき、口を挟んだのはアレックでした。

 

双子を守るように皇太子の前に立ったアレックはにっこりと嫌味を口にしました。

久しぶりだと言う子大使に返したのは、

あまり会う仲ではないこと、そして今回はエドワードが参加すると聞いていたという言葉

これを直訳するとなぜエドワードでなくお前が来ている?となります。

 

さすがに貴族、言葉を濁したアレックですが、にっこりと笑うと皇太子に穏やかな笑みでこうも言い放ちました。

 

出生にも関わらず、双子を可愛がっているわけではなく。

出生など何も関係なく、双子を愛している。

それは家族全員なにも変わらないという言葉です。

 

この言葉に双子は目を輝かせ、家族だから当然でしょう?と笑われた皇太子は面白くなさそうです。

あまりに向けられる敵対心に気が付いた皇太子は首を傾げました。

なぜ帝国皇太子である自分にここまで反感を向けられているのかがわからないのです。

にゃあ
あれ、皇太子結構鈍いタイプですかね?
これはトラブル回避?

不安

皇太子と別れ、アレックとお茶の部屋に入った双子は首を傾げます。

当然です。

エドワードはあれだけシドウェルに執着していたのですから、

なにがなんでも参加するはずです。

 

しかもなんだか初めて会ったはずの皇太子は嫌な予感がする男。

 

言い表せない不安に駆られているとアレックは大丈夫ですよと双子に笑いかけました。

パーティーの間、皇太子が双子に近づけないようにロイドたちと守ると約束してくれたのです。

 

これなら大丈夫だと目を輝かせて喜ぶ双子。

そんな双子を置いて、部屋を出たアレックは双子がデビュタントで着る衣装の置いてある部屋に向かいました。

 

白と青で統一された美しい衣装。

その足元には愛らしい靴が二つちょこんと置いてあります。

 

靴にしようか

2人のサイズに合わせて用意された靴の前に膝をつくとアレックは魔法を掛けました。

殺気や呪い、そして物理的衝撃などを防ぐ防御魔法です。

 

もちろんこれを使わないのが一番ですが、念には念を、です。

わん

うーん、なんだか心配し過ぎな気もしますが

あのエドワードの兄ですからね、油断は出来ません。




『双子兄妹のニューライフ』82話の感想・考察

ついにデビュタントが目前に迫った82話となりました!

一体どんなデビュタントになるのでしょうか?

きっと素敵なパーティーになることは間違いありませんが、

気になるのは皇太子の存在ですよね。

弟はあのエドワードです。

自分の目的のためなら手段を選ばない弟を持っている兄

その執着心は計り知れません。

でも、きっと大丈夫ですよね!

アレックが掛けた魔法の靴も、ロイドやエイジ、皇帝までいるのですから!

大丈夫、ですよね?

83話が待ちきれません!

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
81話 82話 83話