双子兄妹のニューライフ【69話】ネタバレと感想!




この記事では『双子兄妹のニューライフ』69話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
68話 69話 70話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『双子兄妹のニューライフ』69話のネタバレ




初めてのダンス

絢爛豪華な皇宮のパーティー会場を彩るのは珍しい花々と貴族たちが着た上等なドレスや燕尾服。

その空間にはオーケストラたちが奏でる音楽が穏やかに広がる中、その演奏が雰囲気を変えました。

すると静かに会場の中央に歩み出たのはジェイソンの手を取ったアリエン。

 

緊張でカチコチになっているアリエンですが無理はありません。

会場にいる貴族たちが円になり、真ん中にいるアリエンとジェイソンをじっと見つめているのですから当然です。

帝国唯一の王女の初ダンス、貴族たちの関心が集まりますが、ジェイソンが落ち着いた声で緊張をほぐしました。

 

こうして手を繋げるだけで嬉しいから、大丈夫だよ

 

その言葉にアリエンははっと目を見開きました。

守護者の力の源は皇族の誇りです。つまりこれまでジェイソンには力の供給が無かったのです。

にもかかわらず、危機の度に必死に助けに来てくれたジェイソン。

 

ありがとう。諦めないでいてくれて

 

2人を守れることが嬉しいよと笑うジェイソンにアリエンはそう言うと嬉しそうにダンスを踊り始めました。

わん
ドレス姿のアリエン可愛いですね!もうずっと見ていたいくらいです!

双子への贈り物

楽しいダンスの時間を終えると突然ロイドが皇帝が話すからこちらを向けと声を上げました。

一気にあるまる視線、その中で皇帝は静かに口を開きます。

 

婚外児を認めない風習のせいで、皇族に迎え入れられた双子は貴族たちに受け入れられるまで時間が必要でした。

それは他の婚外児たちも同じ。いえ、受け入れられていない子供たちも大勢います。

しかし、その子たちになんの罪があるのでしょうか?

罪があるのは道徳を守らなかった親たちです。

幸い双子には皇族の証である金髪と守護者を持っていたため、皇族として認められました。

もし、その証がなかったら?きっといまもルラヘルの元で傷付き、怯え、恨み、生きていたのは想像に難くありません。

 

”出生を理由に子どもを差別してはならない”

大人の罪で苦しむ子供がもう出ないように

子供たちを守るための法が今ここに制定されました。

もちろん血縁関係を証明するための魔法も完成間近で、不正も許されません。

にゃあ
皇帝からの素敵なプレゼントですね!婚外児に罪はないですもんね。当然です!

貴族として初めての宣言

皇帝からの宣言が終わると突然ジェイソンが大きな赤い狼の姿に変化しました。

その姿に貴族たちはまさか守護者とは思わなかったと声を上げます。

 

よく聞け!

皇帝が作ってくれたこの雰囲気を逃すわけにはいかないとジェイソンの横に立った双子は背筋を正します。

 

皇帝の言葉の通り、守護者を持ち、金髪だからと言って自分たちが皇族であるというわけではありません。

皇族に家族として迎え入れられた。

だからこそ、尊重されるべき存在であり、皇族なのです。

 

皇族の血筋であることを証明すると同時に差別を受けるべきではない子供だと宣言する!

 

帝国中の貴族が集まるこの場で双子は高らかに自分たちが皇族であることを宣言しました。

そのあまりにも真っ直ぐな凛々しい姿に貴族たちは一瞬圧倒された後、双子のことを大声で称賛し始めました。

中央でその声を一心に受けるその姿はまさに皇族そのもの。

貴族たちが受け入れるまでに時間は掛かりませんでした。

 

パーティーの結果は大成功。

帝国の風習をひっくり返すような法律制定でしたが、多くの国賓たちからの称賛もありましたから大成功と言って間違いないでしょう。

 

そうして無事にパーティーが終わりましたが、寝室に向かおうとする双子に声を掛ける悪ガキが1人。

覚醒したばかりのエイジです。

なんとエイジは皇帝が国賓たちと談話している間に抜け出して、村で遊ぼうと言うのです。

 

 

もちろんそのための準備も万端。

皇族の証である金髪を真っ黒に染める魔法までちゃっかり用意済みなのです。

 

エイジと双子、それから守護者たちがそっと皇宮を抜け出し、村へ向かう背中を追う者が1人、駆け抜けたのも知らず

楽しそうに双子はまだ明るい村へと繰り出しました。

わん

パーティーが無事に終わってよかったですね!ですが、なんだかちょっと不穏な雰囲気です・・・




『双子兄妹のニューライフ』69話の感想・考察

双子が名実共に皇族として認められた69話となりました。

思い返せば1話からずっと双子たちの成長を見守ってきましたが、ここまでくるとなんだか親心が震えますよね。

皇族に怯え、大人に怒りを感じ、少しでも隙があれば逃げ出そうとしていた双子が

大嫌いな貴族たちの真ん中で胸を張って宣言を上げる姿は本当に皇族然としたもので、なんだか誇らしくなりました。

さてそんな双子が悪ガキエイジによって村に連れ出されました。

そのあとを追う人影、一体何が起きるのでしょうか?70話からも目が離せませんね!

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
68話 69話 70話