双子兄妹のニューライフ【59話】ネタバレと感想!




この記事では『双子兄妹のニューライフ』59話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
58話 59話 60話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『双子兄妹のニューライフ』59話のネタバレ




大騒動

「アリエン、アルヘン」

新しい庭園に行こうとロイドとエイジが呼びに来ました。

昨日はリオルたちが現れて庭園の散策が出来なかったので、まぁいいかとリオルよりも強くなるんだと意気込むエイジと共に外に出ます。

イシナ、リオル、ロスア公子が去り、皇宮で暮らすと決めて2日目。

こんなことになるとは思わなかったと豪華な温室の庭園を見ながら双子は目を見開きます。

「あの皇帝陛下と第二皇子はどこですか?」

魔法を使ってわずか一日で作り上げてしまった庭園に目を輝かせながら2人の姿がないことに気が付いて、双子はロイドに聞きました。

皇帝はもうすぐ来て、アレックは用事に出ている。

そう答えるロイドの横でエイジは首を傾げました。

「なんで皇帝って呼ぶの?」

皇宮で暮らすと決めてからも皇帝陛下、皇子と家族のことを呼び続ける双子。

「あ、えっと、ここは本当にきれいですね」

なんとか話を誤魔化さなくちゃ。

焦ったアリエンがすうっと近くにある花の匂いを嗅いだ時、大きな声を上げました。

「ハクシュン!」

突然出たくしゃみにそういえば前世も花粉症だったなと鼻を擦るアリエン。

鼻水出てるぞと鼻で笑うアルヘン。

ただのくしゃみかと双子は平気そうですが、平気ではない人が後ろに2人。

「今すぐ医者を!」

「私が連れて行く!」

ただの花粉症です!そう言う前に双子はロイドとエイジによって医務室へと超特急で運ばれてしまいました。

わん
本当にロイドもエイジも双子のこと大好きですよね!
それにしても騒ぎすぎな気がします…

花粉症

「花粉症です」

担ぎ込まれた医務室での診察にロイドもエイジも納得できませんでした。

皇族が花粉症になるなど考えられないからです。

皇子2人に問い詰められる真っ青な顔をした医師に哀れみの目を向ける双子。

この状況をどうにかしなくてはと慌てている間にばんっと大きな音を立てて、皇帝が入ってきました。

「アリエンに何かあったのか⁉」

事態をもっと深刻にする人が来てしまったと呆れる双子をよそに皇帝はアリエンを抱き上げます。

「どこが悪いのだ?」

ただの花粉症でしかないのに、そう言っても信じられないだろうなとアリエンは心の中で涙を流します。

そして、アルヘンに助けを求めますが、皇帝に抱っこされたくないからと助けは断られてしまいました。

「医師は花粉症だと」

「ちゃんと検査したのか?」

皇帝にだっこされるくらいならと抱っこをせがんできたアルヘンを抱いて嬉しそうなロイドの言葉に皇帝は訝し気な視線を向けます。

「ちゃんと診察するんだ」

もうここまで言われては検査をしないわけにいきません。

もうすでに花粉症ですと言い切っているにも関わらず、皇宮にいる全員の医師が呼び寄せられ、アルヘンの検査が始まりました。

大勢の医師に囲まれ、様々な検査を受けるアルヘン。

注射なんて平気だと思っていましたが、意外に痛かったのが衝撃的でした。

「やはり花粉症でした」

頭を下げる医師たちからの報告に皇帝はこんなに弱いのかと抱いた双子のことを見つめます。

双子にはルラヘルの血が混じっています。そのせいだろうと言うロイドに異種族ってなんだ?とエイジが首を傾げました。

「ロイド、アレを持ってこい」

ですが、皇帝はエイジの言葉を遮り、ロイドに命令をしました。

にゃあ
花粉症にもならないって羨ましいですね。
どうにも目とか鼻とかがむずむずするあの感覚、全然慣れませんもんね

神の果物

「ほら、免疫力を高める果物だ」

ロイドが双子の前に置いたのはマンゴーのような丸い果物。

なんとこの果物は大陸中に一本しかない木に、50年に一度しかならない貴重な実だそうです。

切られた首でもくっつくという神の果物をまるでリンゴのようにウサギ形に切ったロイドは双子の前にそれを差し出しました。

「さぁ食べなさい」

そんな貴重な果物なのに惜しげもなく2人の口にそれを放り込みます。

全部食べていいよと言われて、食べ終わったあとに知ったことですが、なんと好みはドラゴンも欲しがる宝物だったようです。

なんと、かつては戦争の原因になったこともあった。

『昨日注射したときに痛いって言ったよね?』

そんな貴重な果物を簡単に与えてくれた皇帝に驚きながら昨日のことを思い出したアルヘンは授業を受けながらアリエンに声を掛けました。

『ルラヘルに殴られたときもいたいって言わなかったよね』

たしかに昨日アリエンは注射を刺されたとき、痛いと言ってアルヘンに助けを求めました。

ですが、デロリナ城にルラヘルと住んでいた時よりもその痛みは弱かったはずです。

にも関わらず、思わず助けを求めるほどの痛みを訴えたアリエン。

『どうしてだろう?』

痛みに弱くなったのかな?と考えている双子の背後からばたんっと大きな音を立てて扉が開きました。

「お兄ちゃんが来たよ!」

遊びに行こう!

嬉しそうに双子を誘うのは授業中にも関わらず、部屋にやってきたエイジ。

一体どこに連れて行くのでしょうか?

わん
戦争の種になるほどの果物、その価値は計り知れませんよね。
それを簡単にくれる皇帝、恐ろしすぎます!




『双子兄妹のニューライフ』59話の感想・考察

皇族から双子に対する大きすぎる愛があふれた59話となりました。

たしかに花粉症のなりたてって鼻炎とか風邪とか不安になりますけど、皇宮中の医師を集めて、採血までするとはちょっと大事過ぎますよね。

まぁ、それだけ双子のことが心配で仕方がないということなのでしょうが…

それでもただの花粉症に戦争の原因になるほどの宝物を食べさせてくれるのもやりすぎな気がします。

ですが、あとあとまた双子を襲うトラブルからこの果物が守ってくれるような気がしますよね?

取り越し苦労ならいいのですが、この平穏が嵐の前の静けさでないことを祈るばかりです。

さて、気になるのは突然部屋へと訪れたエイジ。一体双子をどこへ連れて行くというのでしょうか?

エイジは結構的外れなことをすることがあったり、実は双子の出生の秘密を知らなかったりするので、ちょっとだけ不安ですね。

60話も楽しみです!

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
58話 59話 60話