双子兄妹のニューライフ【42話】ネタバレと感想!




この記事では『双子兄妹のニューライフ』42話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
41話 42話 43話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『双子兄妹のニューライフ』42話のネタバレ




疑惑が確信に

「共犯?」

ロスア公爵邸での偵察を終えたキルアからの報告にロイドは信じられないと言った目を向けます。

クーロン伯爵は監視に怯えてずっと引きこもっていました。

ですが、そんな中わざわざ、それも夜中にロスア公爵邸に向かったのです。

一応ロスア公子のバイオリン演奏会という口実はありますが、小心者のクーロン伯爵がそんな理由で出ていくとは考えづらい。

その報告はまだ確実とは言えないものの、ロスア公爵がクーロン伯爵の共犯だと証明するには十分すぎる内容です。

「皆、皇族とは関係のよくない家門です」

さらにそこに集まっていたのは皇族とよくない関係の者ばかり。

彼らはアリエンとアルヘンが来てからは堂々と私生児について声を上げ、堂々と反発しているのです。

疑うな。

そう言われたって無理な話です。

実はその中の一人の子供をエイジがいじめたのは昔の話ですが、ロイドはロスア公爵の隠れた本性に考えを巡らせていました。

母親である皇后を交え、皇帝と親し気にテーブルについているのを見たことがあります。

ですが、そんなロスア公爵の周りにいるのは反皇帝派の貴族たち。

一体、ロスア公爵はなにを考えているのでしょうか?

わん
少しずつロイドがロスア公爵に近付いてきましたね。
ロスア公爵の計画が気になるところです。

信頼の証明

「互いの信頼を証明する時間です」

演奏会を終え、窓のない部屋に入ったロスア公爵は集まった貴族たちに一枚の紙を見せました。

それはこの計画に参加する人間の名前を記すための紙。

次々に署名を始める貴族たちの中でクーロン伯爵は苦虫をかみつぶしたような思いが沸き上がりました。

全てのリスクは自分が負う。

そんなことを言っておいて、一緒に反逆を企てた証拠を残そうというのです。

その意味は簡単。決して裏切るなという警告です。

署名を拒むことは裏切ると宣言しているようなものですが、署名をしてそのあとロスア公爵が捕まりでもしたら?

すでにエイジの手はクーロン伯爵まで伸びてきています。

その手がロスア公爵まで達するのも時間の問題だと歯噛みして、署名をためらうクーロン伯爵。

「サインしないのか?」

必至に頭を回している間にすでに署名を済ませた貴族たちとロスア公爵の冷たい視線がクーロン伯爵に向かいます。

慌てて署名をするクーロン伯爵。

その手は微かに震えており、静かに後ろで控えていたリオルは小さく溜息を吐きました。

にゃあ
ロスア公爵、卑怯ですね!
全部自分がやるからと言っておいて、名前を書かせるなんてひどいです!

双子とリオル

「なにか悩み事でもあるの?」

皇宮の庭に広げられた大きなシートの上で昼下がりのお茶会を楽しんでいた双子は一日中ぼーっとしているリオルに声を掛けました。

なんでもないと首を横に振りますが、双子はなんでも話してねと真っ直ぐな目を向けてきます。

「どうしてそんなに優しくしてくださるのですか?」

まっすぐに向けられる善意の視線に耐えられなかったリオルはそっぽを向きながらずっと気になっていたことを聞いてみました。

「私たち、リオルの笑顔が見たいから」

にこっと笑っているアリエンにリオルは驚きます。

双子にとって似た境遇であるリオルを勝手に友達だと思い、とても感情移入をしているのです。

「この国で私生児として生まれた以上、幸せな思い出よりツラい思い出のほうが多いでしょ」

ルラヘルだけではありません。

私生児である双子にこれまで向けられてきた軽蔑の視線や侮蔑の言葉。

周りにいる人間から向けられてきたそれらは決していい思い出ではありません。

「私たちは生まれただけで、幸せになる権利は十分にある」

だからなんとしても皇宮で生き延びると双子は決めています。

そして、いつか大人になったら2人で旅に出て、絶対に幸せになるんだ。

真っ直ぐに将来手に入れる幸せを心の底から求めるその姿にリオルは心の底から驚きました。

まるで五歳児には見えない、まっすぐな心。

「だからリオル、あなたも幸せにならなきゃ」

リオルが笑ってくれれば、自分たちも笑える。

そうすればきっとあの嫌な思い出しかないデロリナ城でもきっと幸せに生きていけると双子はリオルに笑いかけます。

初めて双子たちが自分たち以外の誰かと一緒に幸せになりたいと思った穏やかな昼下がりを過ごしたその日の夜、ロイドの姿はロスア公爵邸にありました。

「ロスア公爵、門を開けよ!」

黄金の鎧を身に着けた騎士団を従えたロイドに、ロスア公爵は目を見開きます。

「皇族への反逆を企てた疑いで、同行してもらう」

わん
リオルに微笑む双子、ほんっとうに可愛かったです!
本当は皇族とも幸せになりたい!って思ってほしいんですけどね!

『双子兄妹のニューライフ』42話の感想・考察

双子とリオルの穏やかな時間が暖かな42話となりました。

ですが、気になるのはやっぱりロスア公爵の計画ですよね。

いよいよ双子がデロリナ城へ移り住むまであと数日というところで動き出したロスア公爵はまず仲間たちの名前を書かせました。

きっとうまくいかなかったときに道連れにするか、自分の罪を軽くするために使うつもりなのでしょう。

そして、そこにサインをしてしまったクーロン伯爵。

この連名書がどう働くのかが気になるところですが、ついにロイドがロスア公爵の元に訪れました。

まだ確信までたどり着いていないと言っていたロイドは一体何を根拠にロスア公爵を同行するというのでしょうか?

43話からも目が離せません!

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
41話 42話 43話