双子兄妹のニューライフ【24話】ネタバレと感想!




この記事では『双子兄妹のニューライフ』24話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
23話 24話 25話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

見え隠れする皇帝の気持ち

皇帝の部屋に戻ると、床がふわふわのカーペットで敷き詰められていました。

 

そして、万が一にでも怪我をしないようにという皇帝の命令だと聞かされます。

 

そして、その日の夜。

 

いつもの様に皇帝のベッドに寝かされた二人は「皇帝は私たちのことを本気で心配しているのかな?」と語り合います。

 

しかも、二人が来てからというのも、二人は皇帝が寝ている姿を見たことがありません。

 

二人が寝ているベッドを占領しているだけに、その疑問がふつふつと湧いてきました。

 

しかし、何回考えても分かることはありません。

 

分からないモヤモヤした気持ちのまま、二人は眠りました。

 

そして、次の日…今度は侍従たちから散歩の許可が出ていることを聞かされます。

 

さらに、「お付きの侍従も二人に減らし、少し離れて歩くように」と命令されたとも伝えられました。

 

許可が出ているので、さっそく庭園の散歩に出る二人。

 

しかし、素直に楽しむのはおろか、気遣われている、ということに気づいた二人は複雑な気分に身をやつしました。

 

だからと言って、今までのことを許せるわけでもないのに…と俯きます。

わん

ようやく二人が気づいたようですね。
しかし、そう簡単に二人に縫い合わされた傷が埋まることはありません。

にゃあ

皇帝もそれを承知で行っているわけですから、二人が気にする必要もないと思いますが…。

ロスア公爵という男

そんな風に考え事をしていたせいか、アリエンは人にぶつかって転けてしまいました。

 

恥ずかしさに顔を赤らめるアリエンでしたが、その紳士は「これは失礼」とアリエンの手を取ります。

 

「お気をつけてお立ち下さい」と言われるがまま、その手を支えにして立つアリエン。

 

誰だろう?と困惑ぎみの二人でしたが、紳士はすかさず「私はロスア公爵家の当主でございます。こちらは私の息子です」と跪きました。

 

「ごきげんよう」と息子も、父に習って二人に跪きます。

 

すると、転けた二人を見て、慌ててイシナたちが二人の元へと駆け寄ってきました。

 

「大丈夫」とアリエンが、慌てるイシナに返事をします。

 

すると、ロスア公爵は「侍女長をお付けになるとは、陛下はとてもお二人を目にかけていらっしゃるのですね」と微笑みました。

 

そして、「しかし、こんなに可愛らしいお二人なら、当然のことですね」と付け足しました。

 

礼儀正しい貴族なんて初めてで、二人は目を見開きます。

 

また、ロスア公爵は「機会があれば、お二人と同い年の私の息子とも仲良くしてやって下さい」と言ってきました。

 

すると、アリエンは先程までは慌てたせいで意識してはいませんでしたが、その白い肌に漆黒の髪を持つ美少年に目を奪われました…。

 

それに、ムッとしたアルヘンは公爵に「散歩の途中なので、失礼する」と言い張ります。

 

突然の機嫌の変化に驚くアリエンでしたが、公爵はスッと引き下がりました。

 

そのまま、散歩を続けようと公爵に背を向ける二人。

 

すると、こちらを見ていないことを確信した公爵はアリエンの手を取った方の手袋を投げ捨てます。

 

そして、「汚いものに触ってしまった」と蔑むような目つきをしました…。

わん

「皇帝に目をかけられている」と言われた時は鳩が豆鉄砲を食らったみたいに驚いていました!

しかし、そんなことより二人は礼儀正しく接してくれる方が嬉しかったみたいですね…。

にゃあ
公爵も本当に二人を尊重しているわけでは無かったですね…表立って人を軽蔑してくる人間よりはマシですが。

開始された襲撃

さて、散歩に戻った二人。

 

アリエンが「どうしたの?」と明らかなアルヘンの態度を指摘します。

 

すると、アルヘンは「お前が公子に見とれてたから」とケロッと返事しました。

 

「誰が見とれてたって!?」と怒るアリエンに「お前だよ」とアルヘンは舌を出します。

 

微笑ましい光景ですが、そんな二人を大きな木の枝に乗って監視する黒い影が…。

 

大きなローブを被って顔すら見えないその男は、二人に狙いを定めました。

 

そして、その手に紫がかったどす黒い何かを生成すると、それを二人に向けて投げ付けました!

わん
おそらく、前回で出てきたあの人達による襲撃でしょうね…魔法を使っています。
にゃあ

イシナもその動きを見て急いで二人の元へと駆けつけていますが、間に合うかどうか微妙な位置でした…。




『双子兄妹のニューライフ』24話の感想・考察

皇帝の気づかいに、ようやく気づくことができた二人でしたね。

 

もちろん、二人が今まで受けてきた仕打ちを思えば、許そうなんてことを考える必要はありません。

 

しかし、二人を大切に思う存在が確かにいるんだということを知ってくれたのは、とても嬉しかったです。

 

ただ、二人を軽蔑するロスア公爵といい、今回起きた襲撃といい、問題は山積みです。

 

目下、一番の問題はこの襲撃ですね。

 

しかし、あの皇帝が、侍従を減らした上に何の策も無しに二人を外に出すとは考えにくいです。

 

もしかしたら、二人に何かしらの魔法をかけているかもしれませんし、ついにあの二人の「守護者」が出てくるかも…?

 

気になることが多くて、まだまだこの先の展開も見逃せませんね!

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
23話 24話 25話