双子兄妹のニューライフ【22話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『双子兄妹のニューライフ』22話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
21話 22話 23話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『双子兄妹のニューライフ』22話のネタバレ

スポンサーリンク



目を覚ますと…?

アルヘンに引き続き、強烈な頭の痛みでそのまま倒れるアリエン。

 

このまま死ぬのかもしれない…と恐怖を感じます。

 

「私たち以外にも、私たちの死を悲しんでくれる人が居たら良かった…」と悔しそうに目を閉じました…。

 

一体どれほど時間がたったのでしょう。

 

アリエンは、香水のような非常に濃い花の香りで目を覚まします。

 

見渡してみると、そこは皇帝の部屋でした。

 

まだ寝ぼけているアリエンはすぐにアルヘンを探そうとします。

 

しかし、そこで異様に自分の髪が伸びていることに気づきました!

 

慌てて、部屋に備え付けてある大きな鏡で自分を見てみます。

 

そこに映っていたのは、アリエンの身長の3倍ほど伸びている髪と10cmほど伸びた身長。

 

そして、今まであった傷跡が綺麗さっぱり無くなっていた玉のような肌…。

 

じっくりと自分の姿を再確認していると、アルヘンも同じように起きてきました。

 

アリエンの姿…そして、アリエンと同じように変わり果ててしまっている自分の姿に困惑します。

 

すると、そこで皇帝とイシナを含めた侍従たちが部屋へと入ってきました。

わん

やっぱり、皇族特有の「発現」でしたね!成長痛のようなものでしょうか?

にゃあ

常人とは違う成長スピードですし、反動も大きいのかもしれませんね。

二人の「発現」

皇帝は「身支度をさせて、下の階へ連れて来るように」と命令すると、さっさと部屋から出て行ってしまいました。

 

取り残された二人は、侍従たちの手によってまずは髪を切られることに。

 

すると、イシナが「おめでとうございます」と手を止めずに言いました。

 

いきなりのお祝いの言葉に、何が?とアリエンが尋ねます。

 

すると、イシナは「一週間前に皇族の証である発現が起きた」ということを話しました。

 

そして、また「平民との混血であるために、発現が少々不安定である」とも話してくれました。

わん

なるほど、純血の皇族たちはみんな、「発現」が起きたら成人の体になっていると聞いていましたよね。

イシナの疑問

すると、今度はイシナが二人に「自分をどうして呼んだのか」を尋ねました。

 

当然ですが、イシナは二人にきつく当たっている自覚があったからです。

 

すると、アリエンは「優しいかどうかは関係ない」と告げました。

 

そして、「皇宮の中で生き残るための知識が欲しい。少なくともイシナはそれに答えてくれたから」とハッキリ言いました。

 

初めて、二人に対して表情を変えるイシナ。

 

「ただの萎縮しただけの子どもだと思っていたのに…」と目を見開いて驚きます。

 

そして、二人にしっかりと頭を下げると、「しかと承りました」と告げました。

にゃあ

皇帝に対しても分かりやすく表情に出すことはほとんど無かったあのイシナが、ガラリと顔色を変えました。

わん
これは、心強い味方を手にしたかもしれませんね!

スポンサーリンク



『双子兄妹のニューライフ』22話の感想・考察

あの異変はどうやら「発現」が原因だったようですね!

 

とにかく、何か良くないことが起きたんじゃないかと心配してたんで、これはとても安心しました…。

 

やはり、混血なので、皇族の能力や性質も割とグラグラ揺れてる感じなんですね…。

 

また、今回は二人がしっかりと成長している場面を見れました!

 

今までは、ただ与えられたものを淡々と必死でこなすだけで、二人が何か行動を起こすようなことはありませんでした。

 

それが、ようやく虐げられるだけではなく、自分たちの足で立って歩こうと頑張っている部分が見えましたね。

 

嫌だと駄々をこねるのではなく、自分たちの目的のために今の状況を見極めている二人を見ると、何だか泣けてしまいました…。

 

これからも成長を続けるであろう二人…これからどうなるのか、とても楽しみですね!

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
21話 22話 23話

スポンサーリンク