双子兄妹のニューライフ【13話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『双子兄妹のニューライフ』13話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
12話 13話 14話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

皇太子からの救済

二人の時間割をぐしゃりと潰して激怒する皇太子には、さすがのイシナも顔を引き攣らせます。

 

そして、皇太子は「こんなに勉強させたら、倒れてしまうだろう!」と叱責しました。

 

しかし、皇太子の魔法のせいか、何かに覆われて全く聞き取れない二人は、ただ呆然とその光景を見つめます。

 

一方、皇太子の方は「子供たちの勉強量を半分に減らせ」とイシナに命令していました。

 

しかし、イシナはそれでも一歩も引かず、「一任なさった陛下の命令に背く訳にはいきません」と言います。

 

頑としても動かないイシナに、皇太子はため息をつき、「仕方ない」と呟きました。

 

その瞬間、ようやく二人を覆っていた何かがスっと消えます。

 

「ようやく聞こえた…」と思っている二人。

 

すると、皇太子は「必要なものがあれば、なんでも言え」とだけ二人に告げると、スタスタと帰って行きました。

わん

激怒した時の大きい声とか、二人に配慮して聞こえなくしてくれたのは分かるんですけど…それだと、二人に伝わらないよ!?と思いましたね…。

にゃあ

皇族たちみんな、コミュニケーション的な意味であと一歩のところで勿体ない!という所が多いです。

憂鬱な食事の時間

食事の時間が来ましたが、ただ食べることができるというだけではありません。

 

イシナからの礼儀作法攻撃にうんざりしながら、なんとか食事を進めます。

 

また、それだけではなく、「皇族に関して簡単に説明させて頂きます」と胃もたれがしそうな内容の話になりました。

 

皇族は生まれつき気品があり、立ち振る舞いから優雅さが滲み出るということ。

 

そして、普通の人間とは比べ物にならないほどの高い知性を誇ること。

 

等と、到底二人には共感できないような話を吹っ掛けられます。

 

自然と自分の不出来さを再確認してしまって落ち込む二人。

わん

それ、皇族と関係あるの!?という様なことばっかり出ていて、素直に納得できなかったりしました…。

とはいえ、皇族たちが4歳で12科目マスターしていることを考えれば、分からなくもないかも…?

皇族の資質

そして、皇族の資質として「血統」と「発現」と「守護者」の3つがあると語られました。

 

「血統」とは、皇族の血のことです。

 

その証として現れる外見の特徴が、金髪と美しい姿となっています。

 

「発現」とは、皇族特有の成長のことです。

 

その類まれなる成長スピードと遅い老化が特徴となっています。

 

そして、最後に「守護者」。

 

「守護者」とは、皇族を守るために生まれた存在のことです。

 

動物の姿となって生まれて主人に帰属し、主人が先立つまで全てをかけて主人を守る、そんな存在となっています。

 

イシナが話す内容を、二人は無言のままじっと聞いていました…。

にゃあ
皇族について、改めてこう並べながら見てみると、本当に色々な能力がありますね。
わん

混血の二人にも守護者っているのかな? 混血や双子ということもありますし、二人で一体の守護者になってるとかありそうですね…

絶対的な味方

そして、話を受けて、興味が惹かれた二人は守護者が記されていた本を引っ張り出してきました。

 

皇帝は緑の蛇、皇太子は黒い豹、第二皇子は白い狼、そして第三皇子は緑の鷹。

 

「すっごく不思議だね!」とアリエンも思わず本を見ながら、はしゃいでしまいます。

 

すると、アルヘンはぽつりと「これはちょっと羨ましいかも」と呟きました。

 

「完璧な味方がいるってことじゃん」と言うアルヘンに、アリエンも「そうだね」と頷きます。

 

信じられる相手がお互いしかいなかった二人。

 

「どんな時にでも信じられる味方なんて現れるのかな…?」と、アリエンは目を伏せながら考えました。

にゃあ
ここに関しては、完璧な味方は結構難しい話だなって思いましたね…二人の求める完ぺきな味方って何でしょうか?

スポンサーリンク



『双子兄妹のニューライフ』13話の感想・考察

皇族の守護者についての話が出てきました。

 

なんでもありな皇族だな、と思っていたので、守護者と聞いても割とすんなり受け入れられましたね。

 

それにしても、二人の言う完璧な味方とはどういう存在なんでしょうか?

 

ずっと一緒に居てくれる人?それとも、いざという時は守ってくれる人?

 

それに、いざ守護者が出てきたとして、二人は受け入れることができるのかも割と不安な所だったりします…。

 

少しずつ皇族のことが分かってきていますが、やはり混血の二人はイレギュラーな部分も多いでしょう。

 

この先、そんなイレギュラーな存在の二人の身に何が起きるのか、気になりますね!

全話一覧まとめはこちら
 前回 今回 次回 ⇨
12話 13話 14話

スポンサーリンク