【チェンソーマン】ポチタの正体は何者?何の悪魔だったのか考察まとめ

ジャンプで連載されている人気の漫画「チェンソーマン」

その中で重要な役割を果たしているポチタというキャラクターがいます。

主人公のデンジに、心臓を与えて力を授けた恩人なのですが、

その正体やポチタの過去には謎が多いんです。

ポチタの正体やデンジとの関わりについて疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

  • ポチタの正体は何者?
  • 結局何の悪魔?
  • ポチタとデンジの関係と契約

について考察していきたいと思います!

スポンサーリンク



チェンソーマンのポチタの正体は何者?

ポチタはチェーンソーと四本足の動物が合体したような姿をしています。

子犬のような見た目で可愛らしいポチタと、デンジが契約を結んだ事から、この物語は始まります。

そもそも心臓を与えられるポチタって一体何者なの?

と、思われている方もいるのではないでしょうか。

明らかにされている部分などを基に、考察していきたいと思います。

まずポチタの正体ですが、

「チェンソーマン」であると推測されます!

何故このような推測に至ったのかを説明していきます。

マキマとの戦い

チェンソーマンとマキマの戦いで、チェンソーマンはマキマに敗れてしまいます。

その際、マキマにポチタの形をした心臓を引きちぎられてしまうのですが、

その心臓に「チェンソーマン、これであなたは私のもの、一緒に暮らそう」と話しかけています。

ポチタの形の心臓に、“チェンソーマン”と語りかけているので、

これはポチタがチェンソーマンであるという事になるのではないでしょうか。

ポチタの過去

また天使の悪魔が重要な事を語っています。

悪魔は完全に消滅する事はなく、誰かが存在を覚えていれば、

地獄で生き返る事が出来るというのです。

そのサイクルは、地獄で死んだ悪魔は現世で、現世で死んだ悪魔は地獄で蘇るといった感じです。

しかし悪魔は地獄にいた頃の記憶がありません。

ただ、地獄で死ぬ寸前にエンジンを吹かす音がしているのは、どの悪魔も覚えているようで、

これは変身したデンジのチェンソーがエンジンを吹かす音と似ているそうです。

この事から、ポチタは過去に地獄にいたという事になるのではないでしょうか。

そしてチェンソーマンの姿で、ポチタは地獄にいたと考察する事も出来ますよね。


ポチタの言葉で、私の夢は誰かに抱きしめてもらう事、

「でも強すぎるから、それはとても難しいことだった」

と言っている事も、ポチタがチェンソーマンである事の裏付けになっているのでは?

と、推測する事も出来ますよね!

スポンサーリンク



結局何の悪魔だったの?

ポチタの正体は、チェンソーマンではないか、と推測してきました。

子犬のような状態では、言葉を発する事は出来ませんでしたが、デンジに心臓を与えてからは、

心の中でデンジに何度か語りかけています。

ポチタは人間と同様の知能を持っているようです。

それでは結局ポチタは何の悪魔だったのか?疑問になりますよね。

ポチタはチェンソーの悪魔

であるように思われます!

ポチタから授かった心臓で、デンジは変身能力を手に入れました。

その変身した姿は、頭や身体からチェンソーの刃が剥き出しになっているのです。

その後、デンジが、チェンソーの悪魔の心臓を求める悪魔たちに狙われる事になります。

この事からも、ポチタがチェンソーの悪魔である事が推測されます。

しかし周りから、チェンソーの悪魔だと言われているシーンはなく、定かではありません。

ポチタの見た目のフォルムから考えられるのは、

チェンソーの悪魔の心臓部分ではないかという事です!

心臓だけが、意思を持った存在なのかもしれませんね。

スポンサーリンク



ポチタとデンジの関係と契約

https://twitter.com/bwck00000/status/1323028028864163840

ポチタとデンジの出会いは、ポチタが負傷して倒れているところを、デンジが助けます。

その後は一緒にデビルハンターの仕事をして暮らしていました。

ある日、デンジは仕事をもらっていたヤクザに騙されて、ゾンビの悪魔に殺されかけます。

その際、ポチタはデンジに自分の心臓を与えて、デンジを生き返らせたのです。

ここでポチタは、デンジが夢を語るのが好きだったため、その夢を見せてほしい

と言い、契約を締結します。これは単なる約束ではありません。

悪魔の力を借りるために、契約を締結するシーンがあり、契約は強い力を持っている事が分かります。

ポチタは、デンジの夢が見たいから、契約を結んだのでしょうね。

 

デンジと最初に出会った時に、ポチタは負傷していたのですが、

マキマより「戦いの最中、あなたは私たちの前から消えてしまった。

探しても見つからなかったのは当然でした。あなたは瀕死の変わり果てた姿で生きていたのだから。

でもやっと私たちは再会できました」と言っています。

このマキマの言う、瀕死の変わり果てた姿というのが、負傷したポチタの事を言っているのではないでしょうか。

ポチタは過去にマキマたちと戦い、姿を消し、瀕死の状態でデンジと出会ったという事になりますね。

何故、負傷したポチタが、偶然デンジの前に現れたのかは分かりません。

偶然なのか、デンジが選ばれた人物なのか、

デンジの正体も謎に包まれていますね。

スポンサーリンク



まとめ

ポチタの正体や、デンジとの関係について考察しましたが、いかがだったでしょうか。

今回分かった事は

Q.チェンソーマンのポチタの正体は何者?

→チェンソーマンであると推測

Q.結局は何の悪魔だったの?

→チェンソーの悪魔、あるいはチェンソーの悪魔の心臓部分

という事になりました!

キャラクターの謎が、徐々に解き明かされて、過去の事も考察しなが見るのも楽しみですね!

これからも目が離せませんね!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク