暴君の保護者は悪役魔女です【44話】ネタバレと感想!

この記事では『暴君の保護者は悪役魔女です』44ネタバレ感想をお伝えしていきます。

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
43話へ 44話 45話へ

『暴君の保護者は悪役魔女です』44話のネタバレ

読みたい漫画が無料で読めます!
☆登録から43日以内の解約は無料です☆

舞踏会から逃走!?

クレーテにダンスを誘ったティータ。

驚いたクレーテは彼に何度も自分と踊るつもりなのかと確認します。

結局彼女は、ティータが他の女性と踊るのは気恥ずかしいのだと勘違いし、ダンスを踊ることを承諾しました。

優雅にダンスを踊る2人ですが、唐突にティータが彼女の腰を引き寄せ、ここから逃げ出さないか、と耳元で囁きます。

映画の駆け落ちシーンのようなセリフにクレーテは一瞬固まりますが、彼はただ舞踏会を脱出しないかと言っているだけなのでした。

ティータは、いい案があるので、クレーテに力を貸してほしいと言います。

そうして彼らは目配せすると、クレーテは魔法をかけ、雪を降らせます。

人々は、皇宮に雪が降ると言う珍しい現象に、すっかり窓の外に気を取られてしまいました。

クレーテとティータはその隙に、手を繋いで微笑みあいながら舞踏会を後にするのでした。

わん
どう見ても恋人です。が、クレーテにその意識が全くないのが問題です。彼女はティータのことをまだまだ子供としてしか見ていないように思います。

お姫様の魔法のキス

翌日、宮殿では朝から雨が降っていました。

ベロスでの生活が長かったティータは、ベランダで一人珍しそうに雨空を見つめます。

ふと、どこからか1匹のカエルがベランダに飛び込んできました。

ティータはふと、ベロスに来たばかりの頃、クレーテにカエルにされるのではと怯えていたことを思い出します。

クレーテは、彼がもっと言うことを聞かなければカエルにしていただろう、と冗談を言います。

するとティータは、もしカエルにされていたら毎日クレーテにキスをせがんでいただろう、と言いました。

クレーテは彼の言葉に固まり、エドモンドはお茶を吹き出してしまいます。

彼女は恐々、彼に発言の理由を尋ねます。

するとティータは、カエルになった王子の魔法を解くにはお姫様のキスが必要だから、と答えました。

にゃあ
よくクレーテ相手にそんなことが言えますね。ロマンチックさの欠片もないクレーテに育てられたにも関わらず、ティータはずいぶんとロマンチストなようです。

それを聞いたクレーテは、自分はお姫様ではなく魔女だから同じようにはいかないと思う、と返します。

しかしティータは、お姫様のキスより彼女のキスの方がずっと凄いはずだ、と目を輝かせて言うのでした。

彼女は答えに困り、成年式の準備があるから後はエドモンドに聞いてくれ、と言い、その場から逃げ出しました。

皇后の新たな企み

今年の成年式は皇族の狩場で行われることになっており、クレーテは下見にやって来ました。

狩場の中心に来ると、彼女は森に殺生の許しとティータの無事を祈ります。

すると彼女は偶然皇后と出くわしました。

何か企んでいる様子の皇后は、一緒に散歩をしないかとクレーテに誘いかけます。

クレーテが同意すると、皇后は侍女たちを下がらせました。

皇后に対しクレーテは、何か言いたいことでもあるのか、と直球で尋ねます。

それに対し皇后は、アルフェンの成年式のためにわざわざ皇宮まで来てくれた感謝を伝えたいだけだ、と答えます。

わん
感謝も何も、皇后はティータを疎ましく思っているので何もありがたいことではないはずです。むしろ彼女がわざわざティータの成年式について来たことで警戒心を増したのではないでしょうか。

知らせを聞いた時は驚いた、と皇后が言うと、それまで彼の存在を忘れていたのか、とクレーテは尋ねました。

それを聞いた皇后は、捨てられたアルフェンをクレーテが育てたように、非情な親というのは案外多いもので、むしろ他人の方がいい場合もある、と言います。

ティータが捨てられたと言われたことで怒りを露わにしたクレーテは、皇后の不躾な物言いを非難しました。

それを見た皇后は、クレーテは実の子のようにティータを愛しているようだ、と言います。

彼女の言葉を聞き、クレーテは考えを巡らせました。

クレーテはかつて一度もティータを自分の子供だと思ったことは無く、初めは自分の命を奪う存在である彼を育て上げ、運命を変えようとただもがいていただけでした。

しかし、彼と過ごすうちに情が生まれたクレーテは、いつの間にか彼の事を家族同様愛するようになっていたのです。

にゃあ
クレーテはティータに対する愛情が親の子に対するものでは無いことは自覚していますが、それ以上深く考えている様子はなさそうです。ということは、これから彼女のティータへの気持ちがどう変わるのかも未知数ですね。

皇后はふと、彼をベロスに送ったことを後悔するほど、アルフェンは愛されて育ったことが分かるいい子になっていた、と呟きます。

さらに彼女は、クレーテが今後も彼をそばに置くつもりなのか、と尋ねます。

何と彼女は、成年式が終わった後、彼を皇宮に呼び寄せようと考えていたのです。

今更彼女にそんなことを言う権利はない、とクレーテは反論しますが、皇后は、彼に皇族としての権利を取り戻してもらいたいだけだ、と答えます。

好き勝手に子供を預けたり奪おうとする皇族に嫌気がさした様子のクレーテ。

皇后はそんな彼女を気遣う様子を見せつつ、彼をいつまでもベロスに置いておき、彼女の執事にでもするつもりか、と尋ねました。

彼女の話をこれ以上聞くつもりがなかったクレーテは、魔法で彼女を追い返そうとします。

皇后は必死でクレーテに訴えかけますが、クレーテはあっさり皇后をその場から魔法で帰してしまいました。

しかしクレーテは、アルフェンに皇族としての権限を再び与えるべきだ、という皇后の言葉が頭から離れないのでした。

『暴君の保護者は悪役魔女です』無料で読む方法はあるか調べてみた

今回は「暴君の保護者は悪役魔女です」のネタバレ43話を紹介しましたが、実際にイラスト付きで見たい!

そんな時は電子書籍や動画配信サービスを使えば超お得に、漫画によっては無料で読むことだってできます。

「暴君の保護者は悪役魔女です」
⇩配信状況はこちら⇩

配信サービス 配信状況

43日間無料トライアルあり!

漫画約1冊無料!
600円分のポイントがもらえる!

雑誌や動画にも強いオールジャンルOK!

月額2,189円(税込)

【口コミ】
→ U-NEXTの評判は良い?悪い?
【登録方法】
→ U-NEXTの無料トライアルの登録方法!できることや注意点についても

【解約方法】
→ U-NEXTの解約・退会方法を解説!契約解除の注意点も必見!

コミック.jp

43日間無料おためしあり!

漫画約2冊無料!
1450円分のポイントがもらえる

月額1,100円(税込)

2週間無料おためしあり!

漫画約1冊~2冊無料!
最大900円分のポイントがもらえる!

月額976円(税込)

43日間無料おためしあり!

漫画約1冊無料!
600円分のポイントがもらえる

音楽も聴き放題!

月額1,958円(税込)

会員登録無料

最大50%ポイント還元あり!

無料マンガ4300作品以上!

ebookjapan

会員登録無料

最大12冊半額で購入できる!

無料マンガ9000作品以上!

現時点で「暴君の保護者は悪役魔女です」は上記サービスでは読むことはできないようです。

 

「暴君の保護者は悪役魔女です」以外に読みたい漫画や見たいアニメなどがある場合はU-NEXTがおすすめです!

 

U-NEXTの月額料金は2,189円(税込)ですが、このお金がかかるのは2ヶ月目以降から!

登録から43日間は無料で利用できる【無料トライアル】があります。

無料トライアルに登録すると、もれなく600円分のポイントがもらえます!

この600ポイントを読みたい漫画に使うことでタダで読める!という仕組みです☆

 

U-NEXTの無料トライアルで利用できるサービスは

  • 600ポイントプレゼント!
  • アニメ、映画、ドラマなど21万本以上の動画が見放題!
  • 有名雑誌110誌以上が読み放題!
  • ご自身以外に家族3人まで1アカウントで利用可能!
  • 無料マンガもいっぱい!

無料トライアルだからといって制限されるサービスは一切ありません!

読みたかった漫画、見たかったアニメや映画など、無料で使えるこの機会に見まくるのも楽しいかもしれませんね☆

通学・通勤時間や学校・お仕事の休憩時間、お休みの日の充実のために是非使ってみてください!

読みたい漫画が無料で読めます!
☆登録から43日以内の解約は無料です☆

『暴君の保護者は悪役魔女です』44話の感想・考察

ティータからのダンスの誘いを、何の疑問もなく受け入れたクレーテ。

そのまま2人は手を繋いで会場を去りますが、ずいぶんといい雰囲気でした。

しかも翌日、雨の中ティータはカエルになったらクレーテにキスをせがむ、などと言い続け、クレーテは困惑しました。

段々とティータも積極的になっているようですが、少なくともエドモンドぐらいはもうそろそろ彼の気持ちに気づいてほしいものですね。

また、皇后は何を企んでいるのか、ティータを皇宮に呼び寄せようとします。

才能のある彼がクレーテのもとですくすく成長し、これ以上皇太子の脅威となる前に、自分の目の届くところで監視して芽を潰そうという魂胆でしょうか。

皇太子の傲慢っぷりから考えると確かに皇后が不安になるのも分からなくはないですが、少なくとも彼女がティータを大切にすることはないでしょうね。

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
43話へ 44話 45話へ