暴君の保護者は悪役魔女です【42話】ネタバレと感想!

この記事では『暴君の保護者は悪役魔女です』42ネタバレ感想をお伝えしていきます。

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
41話へ 42話 43話へ

『暴君の保護者は悪役魔女です』42話のネタバレ

読みたい漫画が無料で読めます!
☆登録から41日以内の解約は無料です☆

開国功臣の三大家

マルティノという人物に思い当たる節がないクレーテ。

そんな彼女を見た皇后は、彼が開国功臣の三大家の一つであるマルティノの現侯爵であることを伝えます。

クレーテはやっと、過去に彼女が魔法で助けた優秀な剣士がマルティノ初代侯爵であったことを思い出しました。

しかし、それ以上のことは思い出せないクレーテは、マルティノ侯爵が期待に満ちた目でこちらを見つめていることに困惑します。

何か言わなければ、と焦ったクレーテは、初代皇帝を命がけで守った初代マルティノ侯爵は、優秀な剣士だったことを現マルティノ侯爵に伝えました。

クレーテが初代侯爵の事を覚えていると思い込んだ侯爵は喜び、それを見た皇后は彼らのもとを去ります。

わん
皇后は何が狙いでマルティノ侯爵をクレーテに紹介したのでしょうか。善意とは思えないので怪しいですが、マルティノ侯爵は彼女に好感を持っており、ますます謎ですね。

続いて侯爵は、自分はクレーテに憧れ、家系で初めての魔法使いになったと明かしました。

さらに、同じく開国功臣の三大家であるデュフター公爵とアエディウス侯爵もやって来ます。

デュフター家は策略と知識で名を馳せた家柄であり、アエディウス家は優れた弓術で帝国に貢献しました。

原作では彼らはアルフェンに殺される運命にありましたが、今となってはティータを支える基盤となりうる人材です。

彼らとの縁を重視したクレーテは、丁寧に彼らに話しかけました。

しかし、社交辞令に慣れていないクレーテは、何を話したらよいのか分からなくなり、開国時の作り話を始めたのでした。

美しく聡明なデュフターとはともに戦略を練り、勇敢なアエディウスには自分の魔力を加えた矢を与えた、と饒舌に喋るクレーテ。

しかし、女性である現デュフター公爵は、初代公爵は男なはずだ、と彼女に言いました。

焦ったクレーテは、美しさに性別は関係ない、と言って誤魔化します。

デュフター公爵は少し怪しんでいる様子でしたが、一方のアエディウス侯爵は彼女の話を信じ込み、もっと話を聞きたい、とどんどん食いついてきました。

にゃあ
危なかったです。とはいえ、「聡明な」デュフター公爵なら彼女が作り話を言っているのだと容易に分かったでしょう。

疲れた様子のエドモンド

ティータのためを思い、少し無理をしつつも功臣たちと話を合わせるクレーテ。

そんな彼女の様子を遠目に見ていたティータは、人付き合いが嫌いなクレーテがどうして沢山の人と話し込んでいるのだろうか、とエドモンドに尋ねます。

しかし、疲れた様子のエドモンドを見計らい、彼はエドモンドを帰らせて自分は一人庭園を散歩することにしたのでした。

一方、皇太子はクレーテの美貌につい見とれてしまい、庭園を散歩しようと彼女を誘います。

しかし、ティータとエドモンドを探すことで頭がいっぱいの皇太子は、彼を無視して立ち去ってしまいます。

それを見た参加者たちは口々に、皇太子は恥をかいた、と噂話を始めます。

それを聞いた皇太子は、怒りと羞恥心で顔を真っ赤にするのでした。

わん
ティータを馬鹿にしておきながら、クレーテに手を出そうとするなんて、皇太子はとんだ恥知らずのようですね。

ティータは庭園を一人散歩しながら、この日のパーティーを振り返ります。

ティータにとってパーティーは思っていたほど楽しくはなかったものの、クレーテのために開かれたパーティーだと思うと何だか嬉しく感じていたのでした。

さらに、パーティーでの彼女は猶更美しく感じた、と彼は感慨に耽ります。

そろそろ戻らねば、とティータが踵を返した時、皇太子がぶつぶつ文句を言いながら庭園にやって来ました。

ティータを挑発する皇太子

ティータを見つけた皇太子は彼に八つ当たりをしようと思い、声を掛けます。

クレーテがティータのような私生児を育て、成年式に同行するほど慈悲深いなんて意外だ、と言う皇太子。

対して、挑発には乗りたくないティータは、クレーテは確かに慈悲深いお方だ、と言ってその場を去ろうとします。

わん
皇太子は非常に幼稚ですね。とても君主にふさわしい人徳があるとは言えませんが、それを言えば皇帝も同じです。

往生際の悪い皇太子は、去ろうとする彼に向かって嫌味を言い続けますが、冷静な彼は相手にしません。

すると皇太子は、皇命で仕方なく引き取ったティータを成人後も世話してくれると本気で思っているのか、と彼に言ったのでした。

ティータはつい足を止めます。

図に乗った皇太子は、ティータを捨てる気でなければ、ここまでティータなんかを連れてくるわけがない、と続けました。

そうしてティータの胸に人差し指を突き付けた皇太子は、クレーテは皇帝のモノだから、つまり将来的には皇太子のモノになるのだ、と言います。

それを聞いたティータは激しく動揺したのでした。

『暴君の保護者は悪役魔女です』無料で読む方法はあるか調べてみた

今回は「暴君の保護者は悪役魔女です」のネタバレ41話を紹介しましたが、実際にイラスト付きで見たい!

そんな時は電子書籍や動画配信サービスを使えば超お得に、漫画によっては無料で読むことだってできます。

「暴君の保護者は悪役魔女です」
⇩配信状況はこちら⇩

配信サービス 配信状況

41日間無料トライアルあり!

漫画約1冊無料!
600円分のポイントがもらえる!

雑誌や動画にも強いオールジャンルOK!

月額2,189円(税込)

【口コミ】
→ U-NEXTの評判は良い?悪い?
【登録方法】
→ U-NEXTの無料トライアルの登録方法!できることや注意点についても

【解約方法】
→ U-NEXTの解約・退会方法を解説!契約解除の注意点も必見!

コミック.jp

41日間無料おためしあり!

漫画約2冊無料!
1430円分のポイントがもらえる

月額1,100円(税込)

2週間無料おためしあり!

漫画約1冊~2冊無料!
最大900円分のポイントがもらえる!

月額976円(税込)

41日間無料おためしあり!

漫画約1冊無料!
600円分のポイントがもらえる

音楽も聴き放題!

月額1,958円(税込)

会員登録無料

最大50%ポイント還元あり!

無料マンガ4100作品以上!

ebookjapan

会員登録無料

最大12冊半額で購入できる!

無料マンガ9000作品以上!

現時点で「暴君の保護者は悪役魔女です」は上記サービスでは読むことはできないようです。

 

「暴君の保護者は悪役魔女です」以外に読みたい漫画や見たいアニメなどがある場合はU-NEXTがおすすめです!

 

U-NEXTの月額料金は2,189円(税込)ですが、このお金がかかるのは2ヶ月目以降から!

登録から41日間は無料で利用できる【無料トライアル】があります。

無料トライアルに登録すると、もれなく600円分のポイントがもらえます!

この600ポイントを読みたい漫画に使うことでタダで読める!という仕組みです☆

 

U-NEXTの無料トライアルで利用できるサービスは

  • 600ポイントプレゼント!
  • アニメ、映画、ドラマなど21万本以上の動画が見放題!
  • 有名雑誌110誌以上が読み放題!
  • ご自身以外に家族3人まで1アカウントで利用可能!
  • 無料マンガもいっぱい!

無料トライアルだからといって制限されるサービスは一切ありません!

読みたかった漫画、見たかったアニメや映画など、無料で使えるこの機会に見まくるのも楽しいかもしれませんね☆

通学・通勤時間や学校・お仕事の休憩時間、お休みの日の充実のために是非使ってみてください!

読みたい漫画が無料で読めます!
☆登録から41日以内の解約は無料です☆

『暴君の保護者は悪役魔女です』42話の感想・考察

初代マルティノ侯爵のことを何となく思い出したクレーテ。

しかし、デュフター公爵やアエディウス侯爵とのエピソードは何も覚えておらず、会話に困ります。

400年も生きているのですから、クレーテが当時の事を覚えていないのは当然です。

そんな彼女を見て、ティータはなぜ彼女が無理をしてまで大勢の人と話しているのか疑問に思います。

実はティータのためにしていることですが、鈍いティータは何も気づいていない様子ですね。

一方、クレーテを口説くのに失敗した皇太子は、ティータに八つ当たりしようと彼に嫌味を言い続けます。

最初は無視しようとしたティータでしたが、クレーテは将来的に皇太子の物になると言われ、激しく動揺してしまうのでした。

テベットの晩にクレーテに対する激しい執着を見せていたティータですが、これを機に何かが覚醒してしまわないか心配です。

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
41話へ 42話 43話へ