暴君の保護者は悪役魔女です【41話】ネタバレと感想!

この記事では『暴君の保護者は悪役魔女です』41ネタバレ感想をお伝えしていきます。

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
40話へ 41話 42話へ

『暴君の保護者は悪役魔女です』41話のネタバレ

読みたい漫画が無料で読めます!
☆登録から40日以内の解約は無料です☆

ティータに夢中の令嬢たち

本格的にパーティーが始まり、参加者たちが続々とダンスに向かう中、クレーテは赤ワインを飲み始めました。

エドモンドは酒を飲んでいるクレーテを珍しがりますが、ティータの成年式を記念し、エドモンドも一緒に飲むことにしました。

美味しいお酒に2人は舌鼓を打ちますが、ふと彼女が周りを見ると、沢山の若い令嬢たちがこちらをちらちらと見、噂話をしていることに気が付きます。

彼女たちが見ていたのは、他でもないティータだったのです。

クレーテは彼の方に身を寄せ、小声でそっと話しかけます。

みんなティータの方を見ているようだ、と彼女が言うと、ティータは頬を赤らめ、自分じゃなくてクレーテを見ているのでは、と答えました。

それでも、彼の右側から熱烈な視線をこちらに送る令嬢たちの姿に気づいたクレーテは、彼に右を見るよう促します。

しかし、ティータが右を見た途端、令嬢たちは顔を背けました。

クレーテにからかわれていると思ったティータですが、今度は後ろに彼を見つめる令嬢がいるとクレーテは告げます。

ところが、相変わらずティータが振り返るや否や、令嬢たちはそっぽを向いてしまうのでした。

わん
若い令嬢たちは皆彼に興味を持っているようですが、クレーテがいるからか、それとも彼が私生児だと知って避けているのか、一向に近づいてくる様子はありません。

クレーテは、令嬢たちが素早いのか、ティータが鈍すぎるのか、と呆れます。

自分をからかったのか、とティータは彼女を問い詰め、クレーテはそんなウソをつく理由などないと反論しました。

それでもティータは、からかってクレーテが楽しいのであればそれでもいい、と言って微笑みます。

その輝かしい微笑みに、令嬢たちはもちろん、クレーテとエドモンドまでも圧倒されてしまうのでした。

ティータの運命の人

そうして、3人はダンスを踊るためにホールに出てきました。

クレーテはティータのパートナーを探そうとしますが、ティータは顔を赤らめ、踊りを習ったのは知らない人と踊るためではない、と明かします。

それを聞いたクレーテは、彼の言葉の意図も分からず、ただ彼の運命の相手である聖女オフィーリアのことを思い浮かべます。

原作では、オフィーリアの美貌に一目惚れしてしまうティータことアルフェン。

クレーテはふと、他の女性には目もくれないほど、オフィーリアは綺麗なのだろうか、と疑問を感じます。

もし彼がオフィーリアに出会ってしまえば、きっとクレーテのことなど見向きもせずに去ってしまうのだろう、と彼女は悲観的に考えていたのでした。

にゃあ
クレーテはティータがてっきりオフィーリアの美貌にしか興味を持たないと思っていますが、彼は既にクレーテを美しいと思って憧れを感じています。実際にオフィーリアが現れて、果たして彼は一目惚れするのでしょうか。

クレーテはつい、薄情者め、と心の声が漏れてしまいます。

ティータは自分が踊らないから言われたのだと勘違いしますが、クレーテはそれを否定します。

しかし、そう言いながらも、彼女は再び考えに耽ってしまいました。

ティータが暴君にならないよう教育をしてきたのはいいものの、異性関係について何一つ教えて来なかったクレーテとエドモンド。

原作中のアルフェンは、愛するオフィーリアに執着し、監禁するなど、とても正常な異性関係を築いているとは言えませんでした。

あれほど大事に育てた彼を、原作のような変態にするわけにはいかない、とクレーテは決意します。

そして彼女は、彼にレディーへの接し方を覚えているか尋ねます。

ティータは頬を赤らめ、礼儀正しく行動し、お願いがあれば丁重に許しを乞う、と答えました。

それを聞いた彼女は、そのお願いを決して強要しないことが大切だ、と付け加えます。

いきなりそのようなことを言い出し驚いたティータでしたが、エドモンドはクレーテが心配の余り心の声が漏れてしまっただけだと理解していました。

記憶にないクレーテ!

すると、3人の会話を聞いていた皇后がやって来ます。

彼女はクレーテに対し、連れのティータとエドモンドがこのような席を負担に感じていなければいいけれど、と嫌味を言いました。

さらに彼女は、ティータも一応は貴族であり、ベロスから来た田舎の青年として記憶に残るのも勿体ないので、彼にお客を紹介すると言い出します。

ティータが田舎の青年と言われたことで頭に来たクレーテは、名前を覚えられないような人と話す必要はない、と言い返しました。

わん
事あるごとに嫌味を挟んでくる皇后。ティータが私生児だから敵対視しているとはいえ、悪いのは彼ではなく皇帝です。子供を責めるなんて、本当に大人げないですね。

それでも、皇后は無理矢理マルティナ侯爵という人物を彼らに引き合わせます。

マルティノ侯爵はクレーテの前で跪き、丁寧に挨拶しました。

侯爵曰く、初代当主が矢で襲われた際にクレーテが魔法で助けたため、一族の者は皆彼女を尊敬しているのだとか。

しかし、憑依者にすぎない彼女にとっては、全く覚えのないことだったのでした。

『暴君の保護者は悪役魔女です』無料で読む方法はあるか調べてみた

今回は「暴君の保護者は悪役魔女です」のネタバレ40話を紹介しましたが、実際にイラスト付きで見たい!

そんな時は電子書籍や動画配信サービスを使えば超お得に、漫画によっては無料で読むことだってできます。

「暴君の保護者は悪役魔女です」
⇩配信状況はこちら⇩

配信サービス 配信状況

40日間無料トライアルあり!

漫画約1冊無料!
600円分のポイントがもらえる!

雑誌や動画にも強いオールジャンルOK!

月額2,189円(税込)

【口コミ】
→ U-NEXTの評判は良い?悪い?
【登録方法】
→ U-NEXTの無料トライアルの登録方法!できることや注意点についても

【解約方法】
→ U-NEXTの解約・退会方法を解説!契約解除の注意点も必見!

コミック.jp

40日間無料おためしあり!

漫画約2冊無料!
1420円分のポイントがもらえる

月額1,100円(税込)

2週間無料おためしあり!

漫画約1冊~2冊無料!
最大900円分のポイントがもらえる!

月額976円(税込)

40日間無料おためしあり!

漫画約1冊無料!
600円分のポイントがもらえる

音楽も聴き放題!

月額1,958円(税込)

会員登録無料

最大50%ポイント還元あり!

無料マンガ4000作品以上!

ebookjapan

会員登録無料

最大12冊半額で購入できる!

無料マンガ9000作品以上!

現時点で「暴君の保護者は悪役魔女です」は上記サービスでは読むことはできないようです。

 

「暴君の保護者は悪役魔女です」以外に読みたい漫画や見たいアニメなどがある場合はU-NEXTがおすすめです!

 

U-NEXTの月額料金は2,189円(税込)ですが、このお金がかかるのは2ヶ月目以降から!

登録から40日間は無料で利用できる【無料トライアル】があります。

無料トライアルに登録すると、もれなく600円分のポイントがもらえます!

この600ポイントを読みたい漫画に使うことでタダで読める!という仕組みです☆

 

U-NEXTの無料トライアルで利用できるサービスは

  • 600ポイントプレゼント!
  • アニメ、映画、ドラマなど21万本以上の動画が見放題!
  • 有名雑誌110誌以上が読み放題!
  • ご自身以外に家族3人まで1アカウントで利用可能!
  • 無料マンガもいっぱい!

無料トライアルだからといって制限されるサービスは一切ありません!

読みたかった漫画、見たかったアニメや映画など、無料で使えるこの機会に見まくるのも楽しいかもしれませんね☆

通学・通勤時間や学校・お仕事の休憩時間、お休みの日の充実のために是非使ってみてください!

読みたい漫画が無料で読めます!
☆登録から40日以内の解約は無料です☆

『暴君の保護者は悪役魔女です』41話の感想・考察

居心地の悪いパーティーですが、お酒はそれなりに美味しいようで、クレーテとエドモンドはなんだかんだで楽しんでいる様子。

さらに、若い令嬢たちはティータの美貌に見とれ、ずいぶんと熱い視線を彼に送ります。

しかし、異性をほとんど知らないティータは彼女たちのそうした視線に全く気付く様子すらありませんでした。

令嬢たちの方を自分が見たら必ず背を向けているなんて、普通はおかしいと分かりそうなものですが、彼はまだまだ世間知らずなのでしょうか。

しかも彼はどうやら、クレーテと踊りたくてダンスを学んだ様子です。

クレーテはてっきりティータがオフィーリア以外の女性に興味を持たないものと決めつけていますが、もし彼女が実際に現れた場合、ティータはどちらを選ぶのでしょうか。

また、皇后が紹介したマルティノ侯爵はクレーテを尊敬しているようですが、皇后の手下かもと思うと簡単には信用できませんね。

他の話数のネタバレは⬇のボタンから見れます☆
全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
40話へ 41話 42話へ