姉が男主人公を拾ってきた【4話】のネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『姉が男主人公を拾ってきた』4話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
3話へ 4話 5話へ
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『姉が男主人公を拾ってきた』4話のネタバレ

スポンサーリンク



お前が俺を襲ったわけではないのなら

エイミーの肩を掴んだノクスは、このまま共に朝まで過ごすことでエイミーの話の真偽を確かめることが出来ると凄みます。

それを聞いたエイミーは一晩を共にするなんて、と怖気づきますが、ノクスは自分を襲ったものがエイミーでないのか確かめるのには必要な行為だと譲りませんでした。

わん

なんだかとても強引ですね…!

要求としてはそこまで難しくないところが少しかわいくあります。

もうすぐ夜が明けます。

そのことをノクスに知らされたエイミーは、部屋を抜け出していたことがディアナにバレたら怒られてしまう、と焦ってノクスの部屋から出ようとしますが、ノクスがそれを許しませんでした。

ノクスは遠慮なくエイミーにくっつくとベッドに腰掛けます。

エイミーの名前を知ったノクスは、確認をするようにエイミーの名前を呟きました。

エイミーが楽しそうに昼間の話をしだすと、ノクスは機嫌が悪そうにそのことを指摘します。

やがて、ノクスはめまいに襲われたように頭を抱えるとエイミーにもたれかかって突然眠ったような形になりました。

それをチャンスとみたエイミーがゆっくりと部屋を出ようとすると、気付いたノクスが鋭い視線を向けてエイミーの行動を咎めます。

一緒に寝たらいいじゃない

朝が来て、ディアナがエイミーを起こしにきます。

エイミーがノクスと一緒に眠り込んでいるのを発見したディアナは、そんなにノクスのことが好きなの?とエイミーに問いかけました。

慌てて言い訳をしようとするエイミーですが、ディアナは勝手に納得をすると、幼いノクスを一人で寝かせるよりはエイミーがそばに居た方が安心だ、とウィンクをしました。

こうして、エイミーとノクスは夜に同じベッドで眠ることになったのです。

ノクスが夜は大人になることを知っているエイミーはこの事態を避けようとしますが、ディアナはエイミーが恥ずかしがっているだけだと納得して、決定を覆すことはありませんでした。

にゃあ

ディアナから見ればノクスはかわいい子供なだけですものね…!

この決定はエイミーにとって吉と出るか凶と出るか…。

エイミーから離れない

それからというもの、昼間のノクスもエイミーの傍から片時も離れませんでした。

不思議に思ったエイミーがノクスにそのことを問うと、ノクスは瞳に涙をため始めます。

ノクスはエイミーが怒ったのだと勘違いをし、どうか自分を置いていかないでくれと涙ながらに訴えます。

もちろんそんなつもりのなかったエイミーは、ディアナの責めるような視線を交わしつつノクスを慰めました。

わん

子供のノクスもエイミーにべったりです。

実は寂しがりなんでしょうか…かわいいです!

エイミーは何も覚えていないノクスのために勉強を教え始めました。

「エステラ」という星を意味する単語を教えると、「エイミー」と「エステラ」という響きを気に入ったノクスが呟きます。

それを聞いていたディアナは、「エイミー」というのは愛される子という意味だと教えました。

そうして平和であたたかな昼間の時間が終わると、夜がやってきます。

部屋の中で向かい合って座るノクスとエイミー。

エイミーが離れて座っていることが気に食わないノクスは、こっちに来い、とエイミーに命令をしました。

スポンサーリンク



『姉が男主人公を拾ってきた』4話の感想・考察

大人ノクス、子供ノクスそれぞれに翻弄される回でした!

大人のときのノクスはどこか俺様気質ですが、子供のノクスは甘えんぼな雰囲気の漂うかわいらしい子ですね!

かわいいノクスのことしか知らないディアナはエイミーとノクスで夜一緒に眠るように決めますが、大人ノクスと一緒にベッドで眠るのは勇気がいりますね…。

まだまだ大人ノクスに疑われているような気配があるのもエイミーの気持ちが休まらない理由になりそうです。

今回のラストでもっと近づくようにエイミーに要求したノクスは、次回何を要求するのでしょうか。

心配と期待でドキドキしますね!物語から目が離せません。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
3話へ 4話 5話へ

スポンサーリンク