姉が男主人公を拾ってきた【21話】のネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『姉が男主人公を拾ってきた』21話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
20話 21話 22話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『姉が男主人公を拾ってきた』21話のネタバレ

スポンサーリンク



ノクスに伝える準備

「姉さん、今日は休んだら?」

エイミーはディアナに声をかけますが、ディアナは昨日はバタバタして何もできなかったことを理由に、家事用の材料を採りに森に出かけることを決めていました。

「それに…ノクスに伝える前に気持ちも整理したいの」

ノクスにはまだ、グレイと話し合ってノクスを本来の場所に戻すことを決めたことを伝えていませんでした。

エイミーもディアナの言葉を聞いて寂しそうな表情を浮かべました。

わん

ディアナとしては、大人ノクスよりも子供ノクスとの別れが辛そうですね。

愛らしい子供ノクスに別れを説明するには、確かに気持ちの整理が必要そうです。

「ノクス、行ってきます」

ディアナの言葉に、ノクスは照れながらもディアナに手を振りました。

その行動を喜んだディアナは一瞬にして出かけることを止めようとしますが、それでも材料のために森へと向かっていきました。

ノクスの記憶が戻った?

「昨日のあの人は帰ったの?」

ノクスは顔を暗くして俯いています。

エイミーがノクスの様子を不思議がっていると、ノクスは家の中へと走っていきました。

驚いたエイミーがノクスに追いつくと、「エイミーこれ…」とノクスが本を差し出します。

「これは邸宅って言うんでしょう?」

本に記されていた言葉を見て、エイミーは「邸宅」について改めて教えます。

「貴族やお金持ちしか住めないのよ」

ノクスはそれを聞いて泣きそうな表情を浮かべました。

「こういう家だったら、エイミーと一緒に暮らせる?」

ノクスの急な言葉を聞いたエイミーは、ノクスが何か記憶を取り戻したのだと感じました。

大公邸のこと、元の姿。

どちらかはわかりませんが、子供ノクスは何かに気付いたのです。

にゃあ
完全にというわけではなさそうですが、少なくとも自分のいた場所について子供ノクスも記憶を取り戻した感じですね…。

「…思い出したら、一緒に暮らせない?」

すがるようなノクスの様子に、エイミーは「私と一緒にいたいの?」と問いかけます。

ノクスは顔を輝かせると「エイミーと一緒に暮らしたい!」と答えました。

ノクスとの約束

「じゃあこうしよう」

エイミーは切り出します。

「ノクスが私よりもっと大きくなったら好きな人が出来るはずよ」

ノクスは「好きな人」と聞いて真っ先にエイミーのことを思い浮かべたようでしたが、

エイミーはそんなノクスに「人は考えが変わる」ということを説明しました。

それを聞いたノクスは「僕は変わらない」と不貞腐れます。

笑顔を浮かべたエイミーは「23歳までノクスに好きな人が出来なければ、また三人で暮らそう」と告げます。

それは原作のノクス(リノク)がほかの女性と結ばれる年齢です。

エイミーは、ディアナを助けるために多少原作の流れを変えてしまったものの、これ以上ノクスの幸せを壊すようなことは出来ないと決意していたのでした。

わん

エイミーなりにノクスの幸せについて考えた行動ですね…。

今のノクスには「考えが変わる」ことなんてなさそうですが、この先のことはわかりませんもの…。

ノクスを狙う者

その時、家の外から物音が聞こえました。

ドアの向こうに、複数の人物が見えます。

それぞれが身に着けている紋章は赤色。

それは皇太子の象徴でした。

エイミーは、彼らの狙いがノクスであるとすぐに気付きます。

にゃあ

皇太子と大公リノクは仲が悪いんでしたね…。

これは確かにノクスの身に危険が迫っているように感じます。

「ノクス、来て」

エイミーはノクスに箱に隠れるように指示したあと、自分は裏口から外の状況を確認しようと扉に手をかけました。

しかし、その扉が外側から開かれエイミーは体勢を崩してしまいます。

エイミーもノクスも、彼らに見つかってしまったのです。

スポンサーリンク



『姉が男主人公を拾ってきた』21話の感想・考察

子供の姿のノクスと、将来の約束をする回でした!

原作通りに物語が進むと、ディアナの妹であるエイミーとは全然違う人物と恋に落ちて結ばれるはずのノクスのことを思い、エイミーは「23歳まで」という期限を設けます。

これはエイミー自身の気持ちを守る行動でもありますね。

現在はこんなにもエイミーを慕ってくれているノクスが、急に違う女性に惹かれて離れて行ってしまうことになったら、とても傷つくと思います。

そうならないための予防線もあると思います。

しかしながら、原作では何の力もないモブキャラだったはずのエイミー。

現在では「手の甲に魔法陣のある」キャラクターへと変わっています。

これはきっとエイミーが思っている以上に物語が大きく変わっていることの現れだと思いますが…?

さて、それよりも差し迫った危機が二人の身に降りかかっています。

皇太子の騎士団。

彼らは「全員殺せ」という命令を受けているはず。

次回はどうなってしまうのでしょうか?ハラハラの展開が続きます!

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
20話 21話 22話

スポンサーリンク