あなたは私におとされたい【10話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『あなたは私におとされたい』10ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
9話 10話 11話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

手を出したら許さない

星空社長を殴り返した立花。

「た立花…!?」”なんで…”と驚くナオ。

「おいテメェ!ふざけんじゃ…」と星空社長は殴られた頬を抑えます。

「この人に手を出したら許さない…」と言い残し2人はこの場から立ち去ります。

わん
いやいや、立花がここまで体張りますか…!?許さないとか、男前ですね…

走ってだいぶオフィスから離れた所で「た立花ベンチあるから座ろう…」と言うナオ。

座ってから立花はナオを見つめ「相澤さん、大丈夫でした?何もされてない?」

と、涙ぐみながら聞いてきます。そんな立花の顔は頬が赤く腫れています。

「俺の心配してる場合かよ…ごめん…俺……」

庇ってくれましたよ

「私は大丈夫ですよ。少し痛いだけ」と笑顔になってみせます。

「よし早く冷やそう…水道どこだ…」とキョロキョロするナオ。

そんな姿を見た立花は「ぷっあはははっは!」と笑います。

「そんな深刻そうな顔しちゃって!あははっ。相澤さんはちゃんと私のこと庇ってくれましたよ

だから何も気にしないで下さい。ストレスが溜まってたからすっきりしちゃった!

たまにはいいかも!(笑)」と伸びをしながら笑っています。

ナオは、トクン…と申し訳なさを感じています。

にゃあ
殴られているのに明るく見せてくれていると、健気だな〜とか思っているのでしょうかね…?

消耗する自分自身

「…ちょっとハンカチ濡らしてくるよ。何か飲み物も買ってくるね、何がいい?」と聞かれ

「アイスコーヒーがいいです!地下にテイクアウトできるカフェがあったかも」と答える立花。

一緒に行く?と言われますが、「んーここ、気持ちいいから待ってていいですか?」と答え

「もちろん、ちょっと行ってくるね」と走って行きます。

ねっとりと絡みつくような晩夏の日差しが全身に降り注ぎ、その日差しを逃れても逃れても

遥か頭上高く追いかけてくるような徐々に消耗する自分自身にまだ気付いていなかったー…

行ってしまったナオを確認し、立花は携帯を取り出します。

連絡先の中に星空ハヤテの名前があり、電話をかける立花なのでした。

わん
やっぱり繋がっていましたねー!!立花の仕込みはまだまだいそうですね…

スポンサーリンク



『あなたは私におとされたい』10話の感想・考察

やはり立花が用意した仕込みでしたね〜!

何でここまで、顔を殴られてまで身体を張る作戦にしたのでしょうか!?

ナオが本当に警察を呼んでいたら、どうなっていたのか…なども考えちゃいます…。

でも、自分を犠牲にしてまで尽くしてくれて、それでも明るく接してくれる健気な女の子っていう所を演じたかったんでしょうね…。

実際にナオは、そいういう立花の姿を見て、そう感じているように描かれていますもんね…!

いや〜徐々に立花に対する思いが着実に変わってきていますよね…!

そして、立花の連絡先に星空ハヤテの名前がありましたが、名前の続きで、YouTuberと言う肩書きが書かれていました…!

立花には色んな職種の協力者がいそうですが、今後はどんな作戦でくるのか…

今後も楽しみですね!

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
9話 10話 11話

スポンサーリンク