悪党の母になりました【35話】最新話のネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『悪党の母になりました』35話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

 前話 今回 次話 ⇨
34話 35話 36話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

『悪党の母になりました』35話のネタバレ

スポンサーリンク



夫婦の時間

いつもとは違い部屋にやってきた公爵にロゼリアは違和感を感じますが、夫婦なら当然だとメイドにお茶を用意させた公爵はどっかりとソファーに腰を下ろします。

様子の違う公爵に戸惑うロゼリア。

そんな彼女に公爵は緊張するなと声を掛けます。

「今まで私たちの関係をおろそかにしていたようだ」

一応これでも夫婦だというのに、確かにこれまでの夫婦の関係はおかしいものでした。

特に最初のほうはロゼリアは公爵に怯え、まともに会話さえ出来なかったのです。

「だけど、いまは大丈夫です。かなり前から、もう公爵のことは怖くありません」

その言葉に公爵は首を傾げます。

かなり前からとは一体いつを指しているのか?

わん
どうやら公爵は単純にロゼリアと話しがしたくて部屋まで来たみたいですね。久しぶりの?初めての?穏やかな夫婦の時間です!

変わった印象

不思議そうな顔をする公爵にロゼリアは彼が体調を崩したあの時から、平気になったと伝えます。

苦しみ、必死で1人で耐える公爵の姿がアインに重なって見えたのです。

その姿に隣で守ってあげたいと思うようになり、もう怖くなくなったのです。

そう正直に伝えたロゼリアはむしろ最近仲良くさえなって来たんじゃないかと公爵のほうを向くとひどく冷たい目がこちらを向いています。

「まさか」

「私に同乗しているのか?」

突然怒ったような顔をした公爵は慌てるロゼリアを前におもむろに立ち上がると哀れだと思ったのかと詰め寄ります。

「気を悪くしたなら謝ります!」

あまりにもむっとしている公爵に必死にロゼリアは弁解をしますが、そんな言葉を聞きながら微かに公爵は微笑みます。

にゃあ
公爵が感じた少しだけ照れくさい気持ちはちゃんとロゼリアに伝わっているのでしょうか?この2人、すれ違いすぎているので、期待は出来ないかもしれませんね!

同情とは?

それから陛下に謁見をした公爵は同情とは何かについて問います。
答えは無理だとわかっていながら自身に歯向かってくる貴族に同情を感じるというのです。
どうやらその答えは公爵にはしっくりこなかったようで、今度は自身の2人の執事に問います。
1人は見下され、不快に感じると答えます。
その理由は相手よりも自分の方が上だと思って同情をするからです。
そしてもう1人は誰に同情されたか、それによって違うと答えます。
陛下と同じ答えです。
相手によって快くも不快にも感じる。それは同じ言葉でも話す人によってその意味が変わるように
そう言われて公爵は自分の中で気持ちの整理をつけますが、ロゼリアの気持ちまでわかりません。
一番気になることがわからないと悩んでいるとロゼリアが公爵の元にやってきました。
「私は少しでもあなたの力になりたかっただけです」
「アインの面倒をみるのと同じように!」
公爵が誤解していると思い切っているロゼリアはただアインと同じようにそばにいてあげたかっただけ。
ただそれだけの思いで同情とは違うと打ち明けました。
「夫婦ですし、興味があるから色々気になります」
少しだけ頬を染めて話すロゼリアのある言葉が引っ掛かりました。
「気になる?」
その公爵の言葉にロゼリアはまた同情ではありません!と声を上げますが、公爵は信じるには確証がないと首を振ります。
信じてもらえないと慌てるロゼリア。
そっと彼女の頬に手を添えた公爵はアインを抜きにして、2人。つまり公爵とロゼリアその2人の関係について考えろと問います。
「それでも自分が気になるというのならお前のことを信じてみよう」
わん
な、なんだか2人の距離がぎゅーっと近付きました!一体ロゼリアはなんと答えるのでしょうか?

スポンサーリンク



『悪党の母になりました』35話の感想・考察

こ、こ、こ、これは、今回はなんと公爵夫妻の距離がぎゅーっと縮まる35話となりました!

これまですれ違いや勘違いでなかなか縮まらなかった2人の距離を、というよりロゼリアを遠ざける原因を作った公爵からロゼリアに近寄る内容でしたね!

アインと同じように公爵を大切な家族として認識し始めたロゼリア。その気持ちをちゃんと公爵に伝えることは出来るのでしょうか?

そして、この恋愛下手の、というより人の感情を読むのがへたくそな公爵はそれをちゃんと受け止めることは出来るのでしょうか?

36話も見逃せませんね!

 前話 今回 次話 ⇨
34話 35話 36話

スポンサーリンク