悪女の恋人は主人公様【48話】ネタバレと感想!

スポンサーリンク



この記事では『悪女の恋人は主人公様』48話ネタバレ感想をお伝えしていきます。

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
47話 48 49話
ネタバレはしてほしくない!という方はご覧にならないでくださいね。

戸惑うイシードと寝ぼけたユニフェ

濡れた服のまま眠るユニフェを心配し、服を脱がせていると・・・ユニフェが目を覚まし驚いた様子のイシードがいるところから48話がスタート!

 

本人の意識がない中、脱がせていいものか・・・と悩んだ末に脱がせていたら彼女が目覚めて驚きと戸惑いを隠せない様子のイシード!

彼女が寝ぼけながら起き上がると、サッと手を後ろに隠す彼に「何してるの?」とユニフェが聞きます。

わん
どうして手を隠したの?とイシードに聞きたい!
悪いことしてないでしょう?って言いたくなりました。

その・・・と彼女の胸元を見て頬を赤らめながら、濡れていた服を脱がせようとしていたことを伝えるイシード。

 

彼の言葉に、あっ!なるユニフェ。

自分で洋服を全て脱ぐと「風邪をひきますよ」とイシードに毛布をかけられると・・・なら、あなたも一緒に横になって温めてよ!と彼をベッドの中へと引っ張りくっつきます。

 

もぞもぞもぞ・・・と温かい彼の体にくっつきながら、心地よくなるとすぐに眠りに入ったユニフェ。

にゃあ
ユニフェ?と彼女が動くたびに固まるイシードが面白かった!

うめきながら起きる彼女に何が・・・!

素肌のままのユニフェに抱きつかれたまま、寝てしまった彼女に・・・こんな状態にして酷い、と感じつつもじっと彼女の側にいるイシード。

 

彼の一緒に休んでいると・・・彼女のうめき声にパチっと!と目を開けるイシードは、起き上がりながら彼女の名前を呼びます!

 

「うぅぅ・・・イ、イシード」と声を出すユニフェに、外傷がないのは確認した・・・まさか内傷を負ったのか?と医師を呼ぼうとする彼の腕を掴むと、「お腹空いた・・・」と言う彼女にイシードは一瞬言葉を失うのでした。

わん
ユニフェは本当食べるの大好きだなぁ!ってなりました。
そりゃ・・・イシードも拍子抜けして返す言葉に困っちゃうよね。

2人は洞窟へ行き、イシードが彼女のために肉を焼いています!

 

なかなか焼き上がらない様子に、「火を強めてもっと早く焼いてー」と言うユニフェ。

それでは、肉が焦げてしまう・・・と彼女のために、丁寧に焼くイシードを待ちながら、魔物も食べられたらいいのに、と口にするユニフェでした。

 

魔物は毒性があるため、食べられないが・・・その毒性さえなければ食料問題も解決できるのに!とユニフェは自分の考えを伝えます。

 

彼女の言葉に微笑みながら、その問題が解決できれば「貢献者」として名を残せますね、と答えながら焼き上がった肉を彼女に渡すイシード。

嬉しそうに肉を受け取り、ニコニコで食べ始める彼女の様子を笑顔で見つめています。

にゃあ
彼女が嬉しそうに食べる姿を満面の笑顔で見つめるイシードが可愛い!

洞窟の中に大きな壁?

お腹がいっぱいになると、水を溜められる場所を探し出すユニフェ!

 

海水のせいでベタベタする体を洗いたいユニフェは、いい場所を見つけると水を溜めたものの冷たい・・・と言うと、彼女のために水を温める彼の横で服を脱ぎ始めます。

 

その様子に今入るのですか?と問いながら、外に誰かいる?と聞き返しました。

洞窟の入り口から誰か入って来るかもしれない・・・自分が見張りってます、とイシードが言うと一緒に入らないの?とユニフェが訊きます。

 

ユニフェの言葉に振り返りながら、一緒にですか?とパッと明るい表情で聞き返すイシード!

わん
えっ?と嬉しそうにするイシードの反応が素直すぎて面白い!

あなたが嫌ならいいけど・・・と彼女が言うと、嫌じゃありません!と慌てて答える彼がいました。

 

そうだ!というと、外から見られないように炎の目隠しを作ると・・・逆に目立つし違う方法はない?とユニフェに言われると、岩で洞窟の入り口を埋めたイシード!

 

流石のユニフェも驚きが隠せませんでしたが・・・出る時は自分が安全に通れるようにします!と満面の笑顔で答える彼に、驚きながら「はい・・・」と答えるユニフェでした。

にゃあ
本当にイシードの力ってすごいですね!
そしてユニフェがその凄さに驚く気持ち、分かりますよね。

準備をするユニフェの横で、服を脱ぐのに戸惑っている様子の彼に・・・今更?と感じながら、この間のちょっとした仕返しにと、「私が脱がせてあげる!」と言う彼女にビクッとしながら頬を赤らめるイシード。

スポンサーリンク



『悪女の恋人は主人公様』48話の感想・考察

ユニフェに何してるの?と聞かれた時に、手をさっと隠したイシード!

 

悪いことしてないのに〜という気持ちになりながら、笑ってしまいました。

そしてユニフェはやっぱり、気にする様子もなく・・・まさかの彼に抱きついて眠りに入りましたね!

 

彼女に触れるのを我慢していた彼が、抱きつく彼女に困っている様子もまた面白かったです!

 

いつも彼の予想以上の行動をするユニフェに、イシードがドキドキしっぱなしですね。

そして洞窟でのやりとり・・・炎の壁も岩の壁を作った時も、本当すごい魔力!と感じずにはいられませんでした。

 

次回はユニフェの仕返しで彼がどんな反応を見せるのか、と楽しみですね!

全話一覧まとめはこちら
前回 今回 次回⇨
47 48 49話

スポンサーリンク